閉じる


幾何エッセイ

『等量等形分割:等辺凹5角形(蜂の巣状)』

著者:茜町春彦

 

 

概要:
1種類の図形を使用して、平面を等量等形分割する方法について解説します.使用する図形を等辺凹5角形と呼ぶことにします.この図形の基本的形状、作図方法、並べる手順、応用作品例を提示します.


基本図形

 

 

《等辺凹5角形の形状》


等辺凹5角形の内角と辺は下記の通りとします.

  • 内角:36°、252°(外角は108°)、36°、108°、108°
  • 辺:すべて同じ長さ

基本図形の描き方

 

 

《等辺凹5角形の作図法1》


まず正5角形を考えます.
この正5角形の隣り合う2辺を内側に折り返します.
内側に折り返した2辺と残りの3辺で囲まれた図形が等辺凹5角形となります.



読者登録

茜町春彦さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について