閉じる


<<最初から読む

12 / 19ページ

 私は叫びたかった。
―あなたたちに何が判るの? 
 時代が音を立てて逆巻く激動の時代に、彼はあまりにも重すぎる荷をその背に負うことになった。たとえ、誰が将軍位に就いたとしても、その時代の流れを止めることはできなかっただろう。
 知らず、熱い涙の雫が溢れた。
「何故、慶喜さんばかりを責めるの?」
 溢れてこぼれたのは涙だけではなかった。私の呟きに、慶喜さんはゆっくりと笑んだ。花がゆっくりとほころんでゆくような優しい笑み、私の大好きな笑顔だ。
「ゆう、大切なものを守るためには、時には耐えなければならないこともあるんだよ」
 私は涙を流しながら、だだっ子のように首を振った。
「それでも! 世間の人はあんまりです。まるで、慶喜さんだけが悪者のような言い方をして」
 彼はふわりと、また笑った。
「仕方がないんだよ。俺は現実として、まだ戦っている幕府の兵士たちを大坂に残して、一人で逃げてきた。俺のしたことは確かに卑怯だ。それは間違ってない」
「でも、それは秋斉さんの遺言だったから―」
 彼が覆い被せるように言った。
「それだけじゃない。もちろん、秋斉との約束を守るためでもあるけど、この国を―引いては大切な民を守るためでもあった」
 慶喜さんは静かだけれど、はっきりとした強い意思を感じさせる口調で言う。
「その大切な民の中には、ゆうも含まれているんだよ」
「慶喜さん―」
 私は涙ながらに大好きな男の名を呼んだ。彼の大きな男らしい手のひらがゆっくりと伸ばされ、私の頬をつたう涙を優しくぬぐった。
「戦いに勝つというのは、何も武器を持って相手に挑んでいくことだけではない。わざと引いて相手に勝ちを譲れば、味方の払う犠牲は最小限で済む。そういう穏やかな戦い方もあるということさ」
「それで、本当に良いんですか?」
 私は彼に問いかけた。
 すべての責任と汚名を背負い、たった一人で茨の道を歩こうとしている彼が愛おしかった。
 彼は晴れやかな笑顔で頷いた。
「ああ、俺は本望だ。後世の者は俺のことを何と呼ぶだろうな。不運な時代に生まれた悲劇の将軍、または連綿と続いた幕府を崩壊させた無能な男」
 だが、と、彼は私を真っすぐに見つめた。そのまなざしはどこまでも澄んでいる。かつて幕府軍が朝廷と戦っているときに彼が見せた陰りはもう、微塵も残ってはいなかった。
「だが、それで良いんだ」
「―」
 私は物も言えず、彼を見つめるしかない。彼は穏やかなままざしで私を見つめていた。
「誰かが終わらせなければならなかった。列強諸国は今や、我が国とは比べようもなほど文明が発達している。そんな時代に、幕府など存在する方がおかしいんだ。ただ一人の人間が権力を持っている世の中は矛盾している。俺はそういう矛盾を終わらせたかった。そして、そんな俺の本当の気持ちを知ってくれているのはお前だけで良い」


「慶喜さん―」
 また、止まっていた涙が溢れてきた。彼は自ら進んで、激動の時代に身を投じようとしている。自分をうつろいゆく歴史という海に捧げる贄(にえ)にしようとしている。
「ああ、また泣く」
 慶喜さんが呆れたように、困ったような表情(かお)で私を見つめ。
 それから、優しい笑みを浮かべた。
「お前が泣けば、俺はどうしたら良いか判らないほど狼狽えてしまう。だが、その涙が俺のために流してくれているものだと思うと、男として満更でもない気持ちになる」
 そこで、彼がふと悪戯を思いついた子どのように綺麗な瞳を輝かせた。
「そうだな、もっと状況が落ち着いたら、写真を撮ろう」
「写真?」
 首を傾げる私に、彼が大きく頷いた。彼が写真機に興味を持っているのは私もよく知っている。現代から江戸時代にタイムスリップした当初、彼はカメラに興味を持ち、色々と質問してきたりもした。自分で様々な種類のカメラを集めているという話を聞いたこともある。
「そう、お前の写真を俺はたくさん撮るんだ。笑顔も泣き顔も撮ってやる」
 だけど、と、彼はいっそう眼を細めて囁いた。
「俺はお前の泣き顔も好きだけど、笑顔がいちばん好きだ。だから、俺にはいつも最高の笑顔を見せてくれ。そして、ずっと、俺の側で笑っていてくれ。俺は俺の生命が尽きるその瞬間まで、お前のその笑顔を守り、たくさんの笑顔を写真に撮るから」
「慶喜さん」
 私はたまらず彼に縋りついた。そのときの気持ちをどんな風にたとえたら良いのだろう。もちろん、嬉しいに決まっていたけれど、それだけではない。
 今まで、どれだけ身体を重ねても同じ時間を過ごしても、確かな約束をくれたことのないひとが初めて示してくれた「約束」だった。
 私は震える声で問いかけた。
「ずっと傍に居ても良いんですか?」
「当たり前だ。ゆうはこれからもずっと俺の側にいなきゃならない。春も夏も秋も冬も、ずっと同じ空を見て、こんな風に二人だけで過ごすんだぞ」
 彼がゆっくりと呟いた。
「俺は最早、将軍でもないし、大名ですらない。ただ人となった俺をそれでもまだ、たった一人の男として受け容れてくれるのなら、俺は今こそお前に誓うよ」
 ―ずっと、傍にいると。
 慶喜さんのくれた一言がゆっくりと心に滲み渡ってゆく。
「だから、お前も今、ここで約束してくれないか」
 ―俺のただ一人の女であり続けると。
 私はコクコクと頷いた。涙が溢れて頬を流れ落ち、言葉にならない。


 春も夏も秋も冬も、ずっと二人で生きてゆく。
 どれほど、この言葉一つを待ち望んだことか。この時、私は初めて知った。将軍として、あまりにも重いものを抱えた彼が何故、私に何の約束もしてくれなかったのか。
 将軍ではなく、ただ一人の男に戻った彼は今、すべてのしがらみから解き放たれたのだ。
 慶喜さんの手がさしのべられ、私は彼の手に自分の手を重ねた。
 大きな手と小さな手。繋いだ手と結び合わされた指から、温かなものが流れ込んでくる。もう、この手をけして放さない。
 私は強い決意をこめて、彼を見上げる。彼がにっこりと笑って頷いた。まるで、お前の気持ちはよく判っているよ、とでもいうかのように。
 また、遠くで鳥が鳴いた。何故、自分が存在していた時代から百年以上も前のこの時代に時を越えて来たか?
 私は今まで、その問いに対する応えをずっと探し続けてきた。けれど、その応えはいつも濃い霧の中を手探りで進んでいるときにも似て、掴めそうで、なかなか掴めなかったのだ。
 だけど、今、やっと判った。
 私は彼に出逢うために、この時代に時を越えて来たのだ。「徳川慶喜」、第十五代将軍となった彼に愛され、また私も彼を愛するために。
 私は涙を堪えて彼に微笑みかけた。
「素敵な写真をたくさん撮ってくださいね?」
「ああ、もちろんだ」

 明治元年(一八六八)年、京都にいる帝に恭順を示すために寺でひたすら謹慎する前将軍徳川慶喜の傍らに、影のように付き従う美しい女がいたという。
 慶喜は彼女を「ゆう」と呼んでいた。後に彼が静岡に移り住んだ後も、彼の厚い寵愛を受けて数人の子をなしたといわれる女性であるにも拘わらず、その出自は不明とされている謎の女性である。


 なお、鳥羽伏見の戦いで幕府軍を率いて戦いながら、途中で逃げた慶喜は「総大将にあるまじき行い」とその脆弱さをそしられた。
 だが、恭順謹慎、江戸無血開城などにより、無血革命に近い状態で政権移譲できたことから、近代日本の独立性が守られ、維新への功績は大きいと評価された。
 慶喜の恭順により、京都や江戸が焦土となることをまぬがれ、また、フランスの援助を拒絶したため、外国の介入がなかったとし、彼を維新最大の功績者の一人であったとする見方もある。

 

                   【第二話 了】



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について