閉じる


<<最初から読む

2 / 19ページ

第一話 宵闇~祇園祭の夜に恋して乱れて~

 私は窓に填った障子戸をほんの少し開け、通りをゆく賑やかな行列をぼんやりと見送っていた。
 チントンシャン、チントンシャン。本来なら心が浮き立つはずの祭囃子の音やかしましい人声にかえって心が沈み込んでゆくのは何故だろう。ふと顔を上げると、紺碧の空には銀砂子を播いたよう星々が燦めき、銀の皿のような大きな月が迫って見える。
 そう、今すぐに手を伸ばせば届きそうなほど近くに。
 けれど、あの男はけして手に入れることはできないひとだ。それは判っていた。この恋が始まった瞬間から、あの男は私のものになることはないと。それは何も私が現代という、この時代から百五十年近くも未来から来たから、ただそれだけが理由ではない。あの男と私の恋を隔てるもの、障害であれば何とでも並べ立てることはできる。
 例えば「生きる時代が違う」、「身分違い」。私が太夫という島原遊郭では最高の地位にある遊女だとしても、その身分の壁は越えられない。確かに建前上、太夫は将軍や帝にも拝謁できる。けれど、それはあくまでも身をひさぐ遊女であるからこそだ。
 私が島原を出て、ただの娘に戻れば、天下人たる公方様にお会いすることなど所詮、夢のまた夢だ。
 だからこそ、私は太夫になった。ただ一人の、たった一人の私のあの男に誰でも邪魔されずに堂々と逢うために、廓では最高位とされる花魁にまで上り詰めたのだ。
 彼と出会った時、私はまだ、彼が何者であるかを知らなかった。だが、心のどこかで、この男はけして私の手に入るひとではないと女の勘のようなものが告げていた。
 彼が実は「将軍後見職」という高い身分を持ち、幕府のために奔走していること、まだ若い将軍の後ろ盾となりつつ、彼自身も次期将軍と見なされていること、それを知ってから、私は彼にふさわしい女になるために修練を積み「太夫」になることを目指したのだ。
 コトリ、と、背後で音がして、私は現実に引き戻された。視線の先に、彼がひっそりと佇んでいる。行灯の光が紅色を基調とする、いかにも女郎屋らしい艶めかしい部屋のしつらえを照らし出す。
 彼は真っすぐに私に向かって歩いてくる。まるで、この世に私しかいない、彼の目には私しか映じてはいないかのように、ひたむきな瞳で私だけを見つめて。
「ゆう」
 彼が私の名を呼ぶ。深い、深い声。彼の声は京の町を包み込む夏の夜よりも深く、この廓に満ちた、どこか淫靡な雰囲気よりも官能的で艶がある。この声が耳朶を掠めただけで、私は身体が熱くなる。
 彼が手を伸ばし、私は引き寄せられるままに彼の逞しい胸に身体を預ける。私の鼓動がいつになく速くなっているのと同様に、私の耳を通して伝わってくる彼の心ノ臓の音も速かった。


「町に出てみないか?」
 彼のいざないにも、私はゆるりと首を振った。
「祭りを見るより、あなたといたい」
 彼の胸板になおも頬を押し当てている格好の私は自然、くぐもる声になってしまう。クスリと彼の含み笑う声が落ちてきた。
「ゆうは男心を蕩かすすべを心得ているようだな」
 私は彼から身体を離し、つと視線を彼に向けた。
「それは私が女郎だから? 廓で生きる女だから、男の心を掴む手練手管には長けていると?」
「まさか」
 彼が小さく笑い、どこか遠いまなざしを窓に向けた。
 チントンシャン、チントンシャン。
 祭囃子が遠ざかってゆく。彼は窓辺にゆき、私が細く開けたままの窓から祇園祭りで賑わう町並みを眺めるともなしに眺めた。
「ゆうが綺麗な身体だということは、お前の旦那である俺がいちばんよく知っている」
 そう、「花魁」とその世話をする「旦那」の関係になった夜も、彼は私を抱かなかった。あの夜、初めての体験に震える私を彼はそっと抱き上げ、幾重にも重なった豪奢な紅の褥に堕ろしたのだけれど―、そこまでだった。
 彼は戦慄く私に優しく微笑み、私は朝まで彼の腕に抱かれて眠っただけだった。
―つまり有り体にいえば、私たちはまだ本当に意味で初夜を迎えてはいない。
 あの「初夜」のことは、むろん私と彼だけの秘密だ。旦那と過ごす初めての夜は廓では水揚げとも呼ばれる。新造であり客を一度も取ったことのない私が一人前の「女」として目覚める儀式のようなものだ。
 私を抱える置屋の主人である藍屋秋成さんも私がまだ生娘だとは知らない。いや、勘の鋭い秋成さんのことだから、もしかしたら薄々感づいているのかもしれないけれど、少なくとも表立って知っているふりはしない。
 あの「初夜」のことを思い出して思わず頬を染めた私を、彼はあの夜と同じ優しい瞳で見つめる。
「良いね、ゆうのその無垢なところ、花ならばまだ誰にも手折られていない真白な百合というころか」
 いつしか彼が再び間近に来ていて、私は愕いて顔を上げた。まるで、しなやかな獣が物音一つ立てず獲物を捕らえにきた―そんな気がした。もっとも、彼が私に害をなすはずがない。私が無心に彼を見上げると、彼の美麗な面に苦笑がのぼった。
「そういう汚れのない眼で見つめられるとだな、俺は男として困ってしまう。お前をこのままいっそ手折らないでいた方が、見守っていた方が良いのかと」
 だが、と、彼がスと手を伸ばした。その大きな手のひらが私の頬をつうっと撫で、紅を刷いた唇で止まる。
「俺も男だ、美しく咲き誇る花を手折りたいという欲望は人並みにある。ましてや、その花がひとめで惚れた女であればなおのこと」


 彼の視線が私を射貫くように薄い闇の中で煌めいた。その切れ長の美しい双眸の奥で揺らめくは欲望、それとも、恋情?
 私は唇の上で止まったままの彼の手にそっと自分の手のひらを重ねる。
「本当は今夜は祇園祭りに行くつもりでいたの。折角のお祭りだから、慶喜さんと二人で出かけてきなさいって秋成さんも言ってくれたし。でも、ここで慶喜さんの顔を見たら、何も言えなくなって。二人でいる時間がいつまで続くか判らないなら、私はお祭りを見物するよりは慶喜さんと二人だけでいたい」
 不器用な私なりに、一生懸命考えた言葉を繋いで、今の自分の気持ちを一生懸命に伝えた―つもりだった。
 私を見ていた彼の瞳がわずかに眇められた。行灯の火影に浮かび上がった彼の横顔は愕くほど整っていて。こんなときなのに、私は思わずドキリとしてしまう。
 私は無言で、彼の次の言葉を待った。彼の美しい面からはすべての感情が排除されていて、何を考えているのか判らない。元々、自分の感情を表に出さない人ではあるけれど、今夜はいつもにも増してみたいだ。彼を怒られせるようなことを言ってしまったのかと不安になり始めた私に、彼は大きな溜息をついた。
「あまり男を良い気にさせるようなことを無闇に口にするものではないよ、ゆう」
 彼がそっと私を引き寄せる。逞しい両腕にすっぽりと抱き込まれた私を彼は更に強い力で抱きしめた。
「そんな可愛いことを言われると、大抵の男は有頂天になって調子に乗って何をしでかすか判らない。飢えた狼がか弱い兎を頭からがつがつと食べるように、お前も食べられてしまうぞ?」
 私はうつむき、躊躇った末、強い意志を秘めた瞳で彼を見上げた。
「私がこんなことを言うのは慶喜さんだけですから。他の男の人にこんな思わせぶりなことは言いません」
 と、彼が形の良い口の端を笑みの形に引き上げた。
「ホウ、お前は自分が男心をくすぐる台詞を口にしていることは十分に自覚しているんだな?」
 いけない娘(こ)だ、と、彼が小さく呟いた。
「慶喜さん、そろそろ」
 言いかけて、カッと頬に血が上る。流石に女の方から、こんな台詞を言うのは気が引けた。彼に節操もない、はしたない女だと思われ嫌われるのも怖い。けれど、それ以上に、私は彼に恋していた。そう、たとえこれから先、いつ現代に帰ることになったとしても、彼とのたった一夜の想い出をよすがとしていきてゆけるように。
「ん? 何だい」
 いつものように彼が優しい笑みを向ける。私はありったけの勇気をかき集めて、ひと息に行った。
「私を慶喜さんのお嫁さんにして下さい」
 言った後で、カァーと身体中の血が沸騰して顔に集まってくるような恥ずかしさに襲われた。
 彼の端正な顔が一瞬、こわばった。時折、為政者らしい鋭い光を放つその眼(まなこ)が見開かれ、私を射るように見据えている。
「何故、急にそんなことを?」
 彼の鋭い瞳は私の真意を推し量るかのようでもあった。私は恥ずかしさに身も世もない心地で目を伏せた。
「たとえ離ればなれになったとしても、慶喜さんと過ごした夜を宝物にして生きていきたいんです、私」
 彼がハッとした様子が伝わってくる。私は泣きそうになりながら言った。
 部屋の片隅には青磁の壺に活けた大輪の百合の花束が無造作に置かれている。花はどれも大振りで、大人でもひと抱えはありそうな豪華な花束だ。



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について