閉じる


宇宙ストレッチ ガラパゴス

男が2人、ダラダラしている。

 
1「あのさー、ガラパゴス諸島に行きたいんだよねー」

2「ん?おお、、、、、、え、なんで?」

1「んー?亀に乗りたい。」

2「え、ガラパゴスって亀に乗れるの?」

1「あ?ガラパゴスつったら亀だろ。つーかあれだ、もうガラパゴスが亀。」

2「ガラパゴスそのものが?」

1「うん、ガラパゴス住民はみんな、あれ、亀の背中で生活してるから。島についたと思ったらもう亀に乗れてんの。」

2「え、なにそれ、マジか、お前、マジか。」

1「ロマンがあるよね。」

2「そんなん、いつ亀が死んで沈むかわからないだろ。怖いよ。ないわ、ロマン」

1「死なねぇだろ、亀だぞ。」

2「そうだなー、、、、、、そうかな?」

1「亀は万年つーだろが」

2「言うけどさ、、、」

1「昔々浦島は、助けた亀に連れ去られ~♪」

2「それは違うぞ!子供泣くぞ!」

1「え、何が?」

2「連れられて〜♪だから!」

1「ほぉ〜ん」

2「なんだその態度!いや、さっきのも違うからな!」

1「あ?」

2「ガラパゴスは亀じゃねーよ!」

1「…うん。」

2「え?」

1「え?…いや、例えばの話よ。そうだったらいいのになの話よ。ガラパゴスついたぞーうわー亀だーガラパゴス。で、亀に乗ろうとしたら、もう乗ってるーみたいな。あ、意外と、そんな、ヌルヌルしてないんすね、甲羅、みたいな。例えばね、そうだったら面白いよねというご提案。」

2「疲れてるの?」

1「え、面白くない?」

2「お前の頭がファンタジーすぎて入り込めない」

1「そこは歩み寄る優しさを見せなきゃ」

2「実際は亀じゃないでしょ?」

1「そういうすぐに実際はとか、現実はとかいう人やだぁ」

2「えっいや、それズリぃよぉ」

1「おなかすいた。」

2「、、、、うん、、、、ごはんでも食べに行こうか、、。」

1「…スッポン鍋って食べたことある?」

2「(引き気味)いや、ないけど、、、食べたいの?」

1「こう、酒の話してると、あー、なんだか話ししてたら飲みたくなっちゃいましたねー、どうすか、1杯?ってなるじゃん。」

2「いや、いや笑。将来ガラパゴスになるかも知れないんだぞ!笑。可哀想だろコラ!笑。」

1「いや、それは島用のやつだから。食用とは違うやつ。」

2「え?」

1「いやだから、島用と、食用があるの。」

2「ないよ!どこで判断するするんだよ、そんなかわいそうな!」

1「牛だって乳用と肉用があるじゃん。それぞれの素質に見合ったライフスタイルを提供していくんだよ。」

2「そんな身勝手な話しがまかり通るわけないだろ!素質ないやつは食用だなん

  て、、、」

1「スッポン食いてぇなー」

2「数分前のお前に合わせてやりたいよ、、、」

1「てかさ、お前何か探してなかった?」

2「え?いや、、、いちにーさんしー(探しものをする、腿あたりでストレッチになる)最近何してもストレッチになるんだよね。」

1「ほぅ~ん」

2「待って、、、ちょっと、キタキタキタ、、、宇宙、うちゅう、うちゅう、うちゅう、、、」

1「…」

2「なんか、スゲー伸びた」

1「…おう。」

2「いまだかつてない伸びだこれ」

1「宇宙ってなに?」

2「え?」

1「いや、今、宇宙つったじゃん」

2「いや、言ってないよ。いつだよ。」

1「なんか、いまだかつてなく伸びてる時」

2「いやいやいやいや、 、、あっ、宇宙ーうちゅうー」

2「言ったな!」

1「言ったよ。」

2「いや、でもこれは致し方ない。だって実際感じたもん。宇宙。」

1「感じたの、宇宙。」

2「いや、こんなとこ、伸ばしたことない、いや、えっ、こんなところ、こんなに伸ばしていいの?おっおっ!まだ伸びる伸びる!!あ、人間の限界が超え、、、宇宙!!!みたいな。」

1「…そうか。」

2「こんな気持ち初めてだ。人として成長して大きくなった気もするけど、ちっぽけな存在だと思い知らされたような。清々しい気持ちだ。ストレッチ、していて良かった。ありがとうストレッチ、ありがとう、宇宙。ありがとう、お前。」

1「…(その場を去ろうとする)

2「っておーい!(追いかけようとするが、足が伸びてストレッチになる)いち、にー、さん、しー!いや、待ちなさー、(またストレッチ)にー、にー、さん、しー!なぁ!お前にも、この感動を味わって欲しいんだ。」

1「ちょっと落ち着いてごはん食べに行こうぜ。」

2「ちゃんとストレッチしてから行こうぜ。」

1「うん、今度な。」

2「いやいやいやいや!ダメだって!今やらないと!」

1「えー、」

2「ご飯食べて胃が痛い痛い痛いってなるよ!だってストレッチしてないから!」

1「え、ストレッチって胃も伸びるの?」

2「伸びるよ!五臓六腑が伸びるよ!お前、さっきストレッチしてたよな?え、どういう心境でストレッチしてたの?」

1「え、いや、ふつーになんか、流れ?で。」

2「ふつーに?流れで?えっ、ちゃんと入信してやってる?」

1「入信?」

2「入信しないと危ないだろ。」

1「さっきからお前のストレッチには予期せぬ単語が出てくるな。」

2「ストレッチの力をちゃんと信じてあげて、崇めながらやらないと、過信でやると怪我するぞ、最悪死に至る。」

1「まじかよ、」

2「でもな、ちゃんと入信すれば、豊かな人生が待ってるから。」

1「それ、なんかあの、大丈夫なやつ?」

2「まーまーまーまー、お前の気持ちもわかるよ。とりあえず入信しよ、そこからどう自分で折り合いをつけるか、だから。」

1「はぁ、はい。」

2「それからストレッチの旅が始まるから、一歩一歩進んでいこう。安心しろよ。俺らがついてるから。」

1「じゃあ、あの、とりあえず、入信するんで、昼食べに行っていいすか。」

2「だめだよ!お前何にも分かってない!え、お前健康に興味ないの?」

1「え、いや人並みにはありますけれども。」

2「私達に求められているのは健康的な美よ!」

1「……スッポンってコラーゲン抱負らしいよ。」

2「ビタミン、ミネラル、鉄分、カルシウム、コエンザイム、コラーゲン!これ全部ストレッチの仲間!」

1「わお」

2「ビリーズブートキャンプ!ライザップ!タニタ食堂!ワンダコア~♪これも全部ストレッチの仲間!」

1「oh…」

2「あらゆる健康的要素が詰まった、それがストレッチ!(ストレッチになる)いち、にー、、、ストレッチするまで飯なんか食わせないからな!」

1「新しい形の虐待だよね。」

2「これは友としてだな、心を鬼にしてるんだよ。」

1「じゃああの、なんか、こんな感じでいいすか(適当にストレッチ)

2「おい!とりあえず本置けよ!」

1「あ、はい、すません。」

2「ハイハイハイハイ!」

1「はぃ(適当にストレッチ)

2「なんだその適当なストレッチは!そんなんじゃ、宇宙、いけないよ!」

1「はぁ。」

2「たっちゃん、私を宇宙に連れてって。」

1「難易度上がったなぁ。」

2「お前やっぱりまだ半信半疑なんだろ。みてろ。俺今から、こっち(右手)だけ、伸ばすからな。」

1「え、きもちわるい。」

2「宇宙!!!ほら、ストレッチしたほうとしてないほうで腕の長さが全然違う!」

1「…わー、すげー、じゃ」

2「おいおいおいおい!!!行くな!!伸ばせよ。いちにー、、、(追いかけるがストレッチになる。足を叩いてストレットをリセットしながら追いかける。行こうとしてる腕を掴む)

ほら、これもストレッチだ。なぁ?気持ちいいだろ?最高だろ?感じるだろ?エネルギーを。」

1「今のお前は、第三者の目に晒されているという感覚を持った方がいいよ。」

2「ヘイ、ヘイ、ヘーイ、!やりますよ!」

1「えー、じゃあ、はい、あの、どんな感じで?」

2「お前さっきストレッチしてただろ、あれでいいんだよ。何でもいいんだよ。人の数だけストレッチはあるんだよ。ただね、そのストレッチを信じてやればね、それでいいんだよ。」

1「はぁ、じゃあ、まぁ、こんな感じで。(だらだらストレッチをはじめる)…うわー、なんか、超信じてるわー、ストレッチ、超信じてるー、めっちゃ、すげぇ伸びるわー」

2「いいじゃねぇかよ。いいストレッチ持ってんじゃねぇかよ。」

1「わー、伸びたわー、右足だけ伸びたわー(立ち上がって見せる)

2「えっ、おっ、えっ、浮いてるじゃねぇかよ。おいおいおい、お前、やっぱり只者じゃねぇな。あっ、そのストレッチと、俺の宇宙腕ストレッチとを合わせると、もう、超、伸びるじゃん!本当に宇宙行っちゃうよ!おいおいおいおい、テンション上がってきたよ、おい!なぁ、くれよ、その、ストレッチ。俺に。」

1「え、どうぞ。」

2「(見よう見まねでやる)あれ、伸びないよ。足、伸びないよ!あれ?」

1「信じる力が足りないんじゃねぇの?」

2「こ、このやろう、、、いや、これ以上は無理だって、、、」

1「いや、宇宙を信じろよ、ここをもっとこうやって、」

2「えっえっ、あっ、だめだって、あーーーあいや!」

1「あ、中華たべたい」

 

暗転

 

おしまい

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

劇団もれるさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について