目次
もくじ
【体験談】 ①股関節、太ももが痛い②左右の股関節が痛い③腰痛、肩甲骨の痛み、柔軟アップ④鬱⑤唾液が止まらない病⑥手首を痛めやすい➡腰痛⑦ 肩、首、頭痛⑧肘の痛み、足首痛等々…
【のうがき①】 ●大事なのは血流 ●冷えは血流が悪い証拠 ●血流を妨げているのは主な部位は下半身 ●お尻も血流を止めている箇所 
【のうがき②】 ●座り過ぎは良くない ●就寝時、身体を水平にすることの大切さ ●就寝時もお尻を圧迫している ●野球選手はお尻で強者が判る?!
【のうがき③】 ●下半身の血流を良くすると ●下半身の血流が良くなれば全身の血流が良くなる ●●全身の血流が良くなるから殆どの症状が一度に改善 ●全身の血流改善は柔軟アップにもなる 
【のうがき④】 ●ウンチ座りが辛くなる ●寝起きに腰が痛いのは血流が悪い証拠 ●お尻や股関節に直ぐに悪影響 
【のうがき⑤】 ●お尻や下半身を意識したこの方法での柔軟アップは信じられない軟らかさを生み出す ●更なる柔軟な身体になると更なるパワーが出る ●ハンディマッサージャーは効く品、効かない品
【方法①】 ●お勧めのハンディーマッサージャー ●お尻(股関節)の撫で方と姿勢 ●太ももの撫で方と姿勢 ●フクラハギの撫で方と姿勢 ●足裏の撫で方と姿勢 
【方法②】更なるパワーを生み出す更なる柔軟アップの方法(痛みや不具合を更に解消する方法)
方法③ この部位も効果的
【方法④ 足はこのように撫でる】(追加記載)
方法⑤ 股関節の撫で方ニューバージョン(追加記載)
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

もくじ

 

お尻は百薬の長

 

【もくじ】

 

●体験談 

凡例①股関節、太ももが痛い

凡例②左右の股関節が痛い

凡例③腰痛、肩甲骨の痛み、柔軟アップ

例④鬱

凡例⑤唾液が止まらない病

凡例⑥手首を痛めやすい➡腰痛

凡例⑦ 肩、首、頭痛

凡例⑧肘の痛み、足首の痛み、肩の痛み

凡例⑨生理痛

凡例⑩ 腰椎圧迫骨折痛(10数分で良くなった)

凡例⑪筋肉痛も即効効果

凡例⑫足裏カガトの痛み

凡例⑬肺気腫

凡例⑭疲れた身体に

凡例⑮肩甲骨を痛めたら

凡例⑯ 目にも効果が大きい

凡例⑰ 手の指が痛い

凡例⑱股関節痛(ストレッチして酷くなった)

凡例⑲ 手首が痛い

凡例⑳ 一流スポーツ選手を超一流にするには

凡例21膝痛

凡例22胃腸の調子

凡例24ギックリ腰

凡例25肩の痛み

凡例26ダイエット

凡例27 汗が出るのと柔軟アップを健康雑誌記者が体験

凡例28 肺気腫の呼吸をラクにする

凡例29 80肩を治す

凡例30 足首痛を良くする

凡例31 腰椎圧迫骨折の痛みを消す

 

【のうがき①】

●大事なのは血流

●冷えは血流が悪い証拠

●血流を妨げているのは主な部位は下半身

●お尻も血流を止めている箇所

 

【のうがき②】

●座り過ぎは良くない

●就寝時、身体を水平にすることの大切さ

就寝時もお尻を圧迫している

●野球選手はお尻で強者が判る?!

 

【のうがき③】

●下半身の血流を良くすると

●下半身の血流が良くなれば全身の血流が良くなる

●全身の血流が良くなるから殆どの症状が一度に改善

●全身の血流改善は柔軟アップにもなる

 

【のうがき④】

●ウンチ座りが辛くなる

●寝起きに腰が痛いのは血流が悪い証拠

●手首、肩、首、目、頭痛等々の違和感もお尻が大きな影響を与えている

●足裏、足首、フクラハギ、膝、太もも、お尻、肘、肩、等々の痛みは注意信号

●お尻や股関節に直ぐに悪影響

 

【のうがき⑤】

●お尻や下半身を意識したこの方法での柔軟アップは信じられない軟らかさを生み出す

●更なる柔軟な身体になると更なるパワーが出る

●ハンディマッサージャーは効く品、効かない品

 

【方法①】

お勧めのハンディーマッサージャー

●お尻(股関節)の撫で方と姿勢

●太ももの撫で方と姿勢

●フクラハギの撫で方と姿勢

●足裏の撫で方と姿勢

 

 

【方法②】

更なるパワーを生み出す更なる柔軟アップの方法(痛みや不具合を更に解消する方法)

 

 

【方法③ この部位も効果的】(追加記載)

●これまでも撫でてきたが意識すれば効果は段違い

 

【方法④ 足はこのように撫でる】(追加記載)

●これまでにも撫でてきたが、このように撫でると効果が全然違う

 

 


試し読みできます

【体験談】 ①股関節、太ももが痛い②左右の股関節が痛い③腰痛、肩甲骨の痛み、柔軟アップ④鬱⑤唾液が止まらない病⑥手首を痛めやすい➡腰痛⑦ 肩、首、頭痛⑧肘の痛み、足首痛等々…

 

 

 お尻は百薬の長

 

 

 

 お尻や股関節を主体にして下半身をハンディマッサージャーで撫でる療法は、とてつもなく高い効果がある。

撫でる姿勢や撫で方を工夫していくことで、カンタンで更なる効果の高い方法に進化した。

 

柔軟アップは勿論のこと、腰痛、股関節痛をはじめ各種痛み、精神的な病にも効き目を発揮する。

胃腸などの内臓にも効果は高い。

私が出会った様々な痛みや疾病に関しての体験談をまとめてみた。

参考になれば幸いです。

 

 

【体験談もくじ】

 

凡例①股関節、太ももが痛い

凡例②左右の股関節が痛い

凡例③腰痛、肩甲骨の痛み、柔軟アッ

例④鬱

凡例⑤唾液が止まらない病

凡例⑥手首を痛めやすい➡腰痛

凡例⑦ 肩、首、頭痛

凡例⑧肘の痛み、足首の痛み、肩の痛み

凡例⑨生理痛

凡例⑩ 腰椎圧迫骨折痛(10数分で良くなった)

凡例⑪筋肉痛も即効効果

凡例⑫足裏カガトの痛み

凡例⑬肺気腫

凡例⑭疲れた身体に

凡例⑮肩甲骨を痛めたら

凡例⑯ 目にも効果が大きい

凡例⑰ 手の指が痛い

凡例⑱股関節痛(ストレッチして酷くなった)

凡例⑲ 手首が痛い

凡例⑳ 一流スポーツ選手を超一流にするには

凡例21膝痛

凡例22胃腸の調子

凡例24ギックリ腰

凡例25肩の痛み

凡例26ダイエット

凡例27 汗が出るのと柔軟アップを健康雑誌記者が体験

凡例28 肺気腫の呼吸をラクにする

凡例29 80肩を治す

凡例30 足首痛を良くする

凡例31 腰椎圧迫骨折の痛みを消す

 

 

【体験談】

 

凡例① 股関節、太ももが痛い

40代の格闘技指導者男性。
左股関節、左太ももが良くない。良くないのは判っていても治しようがないと思っている。(通常の治療では良くならない)
だから痛いのを無理して身体を動かして格闘技の指導している。
動かせば股関節付近がギシギシ、グリグリと音を立てる。

靱帯も何本か切れているという。

四股立ちや中腰で動くのも痛くて出来ない。
そんな同じ姿勢を保つと、身体が固まってしまい、次に動かすのが容易ではない。
左太ももは端的に細くなってしまっている。

ハンディマッサージャーで5分~10分撫でた。(撫で方に工夫がある)

開脚が容易になった。股関節や脚に血流が良く流れるようになっただけだが。
それだけで、四股立ちも中腰で動かすのもなんともない。
ギシギシも鳴らない。
痛みが無いことの快適さを感じていた。

 

二週間後に二度目の指導することに

前回指導後4~5日はなんのトラブルも無く、指導に練習にと動けた。
ハンディマッサージャーは以前から持っているのが有り、代用していた。
ただ効き目がかなり違うことも理解していた。
(もったいないと思うのだろう)

4~5日以降は徐々に身体が悪化してきた。
そして今回、私のマッサージャーで撫でるとまたまた全く快適な身体になっていた。

ただ、撫で方の姿勢に問題があり、修正してやってあげた。
とても良く効いて何の障害も無く動ける身体になっていた。


【本人が書いた体験談をご紹介】

左足内モモから腸陽筋にかけての靭帯とおしりとハムストリングの靭帯が数本切れています。
10年くらい前に、おヘソの左斜め下あたり一部分にポコっとした出っ張りが出て、しゃがむと下腹部に嫌な痛みが走りました。

病院で検査をした所、腸管が出てきていると言われ、原因は左足付け根内側の靭帯が切れているので腸管を支える為の筋膜自体が垂れてきているとの事でした。

これ以上進行すると鼠頚ヘルニアになり、手術も必要になります、今すぐ拳法は辞めて下さいと言われたのですが、納得できず下腹の腹筋をひたすら鍛えました、すると数週間後には出っ張りもなくなり、嫌な痛みも無くなりました。

それから数年、今度は左足内モモから親指にかけて痺れが出だしたのですが、それも内転筋を鍛える事で治りました。

しかし4~5年前から回し蹴りが蹴りにくくなり、気が付けば左足が内転しなくなりました、あまり気にしてなかったのですが、激しく蹴り込などをやった後には歩行困難になり左足を引きずる事もしばしば

ここ最近は回し蹴りもロクに蹴れなくなり四股立ちをすると左足股関節に激痛が走り動けなくなります、スクワット時も痛みが走ります、筋トレは続けているのですが、左のおしりとフトモモが右に比べて細いです。

二段蹴りやジャンプ後ろ回し蹴りなど着地の瞬間に痛みが走り身体を支えられないので、ガクンとなります。

左足股間節からは常にパキパキと音が出、就寝中も左足股間節が常に痛み、真っ直ぐ立っていても左足の接地感がありません、調子の悪い日はまともに歩く事ができず少し引きずりながら歩いています、筋トレの量を増やしたりしているのですがまったく改善されませんでした。

ココ最近に到っては左膝にまで異常が出、深くしゃがみ込む瞬間、違和感とミシミシと音がします、立ち上がる瞬間には痛みが走ります。

これは仕方のない事と半ば諦めていた折に先日、原田宗家の指導の下、撫でるだけのハンディーマッサージャー療法を試してみました、半信半疑で撫でる事数分

左足股間節が軽くなりました!
四股立ちをしても痛みが出ません!

回し蹴りも軽快に蹴れます!

靭帯が無いので内転はしませんが、痛みが消えた事は驚きです。

それだけではなく撫でる前にあれだけパキパキ音を立てていた股間節からまったく音が出なくなりました!

驚きです!

それから数日、移動稽古も組手も痛みが出ないので絶好調に動けました。

いつの間にか膝の違和感とミシミシと言う音、痛みも消えていました。

その後、自宅にあるハンディーマッサージャーを使い自分で実践していたのですが、いまひとつ効果が出ません、振動の強さがまたく違います。

原田宗家に勧められたハンディーマッサージャーでないとダメですね。

こう言う類の物って高価なイメージがあるのですが、原田宗家の勧めてくれたハンディーマッサージ機は価格も¥2000円前後と大変リーズナブルなので早速インターネットで購入しました。

それから1ヶ月あまりが立ちます。

稽古の前には必ず実践しています。

おかげさまで問題なく稽古出来ています、稽古後も実践しケアーしていますので、足を引きずる事もありませんし、寝ている時に痛みが出る事も無くなりました。

たまに痛みが出てもスグに取り去る事が可能なのでありがたいです。
実践において感じた事ですが、あまり時間をかけてダラダラやると、返って痛みが出て重くなりました、短時間でポイントをついてやるのが一番効果的に効きます。

毎回ササッと実践しています、5分も掛かっていませんが充分効いています。

2016年6月 大阪府八尾市 和田

 

 

 

凡例② 左右の股関節が痛い

70代初めの女性は一日に7時間もの立ち仕事をしている。

左右の股関節痛持ちである。特に左側が酷い痛み。

いろんな治療院を廻ったが結局は治せなかった。

熱心にストレッチ、筋トレ、スタジオレッスン等してなんとか過ごしてきた。

 

ストレッチや筋トレも大切なんだが、それらだけではお尻や脚に硬く溜まった老廃物は取り去れない。だから血流改善も思うようにいかない。

ハンディマッサージャーで撫でてあげると、直ぐにラクになっていた。

自分でも適切なハンディマッサージャーで撫でて、ケアーするようになり、酷かった左側の痛みも3回の指導で良くなってしまった。

 

 

  凡例③ 腰痛、肩甲骨の痛み、柔軟アップ

50代の男性整体師。
手技療法により患者さんたちを良くしている。(手技療法にこだわる整体院勤務)
だが、毎日幾人もの患者さんたちに接していると、自分の身体がやられてくる?!

体が硬くなり、アチコチに痛みも。
それを自分でケアーするのが難しいようだ。

左肩甲骨の痛み、右の腰痛といろいろ出ていた。
ウンチ座りも困難な状況。後ろに倒れそうなんだ。
身体が硬い証拠、血流が悪い証拠なんだ。まずはこんなところから現れるのかも。
まずは左側をハンディマッサージャーで撫でた。

ものの2分で肩甲骨の痛みが消えていた。左柔軟もアップ。
さらにもう1分。
左のウンチ座りも楽になった。
それに、左掌を握り込むと掌がスカスカになったという。
右に比べて、浮腫みが取れ軽く握れるのを感じていた。

右側もラクにしてあげた。
右腰痛もラク、右手の浮腫みも無くなり、軽く握れる。(浮腫んでいるという感覚も無かったはず)
手技療法は手が命だからね。

自分でハンディマッサージャーで撫でていた。
より柔軟に、より快適な身体になっていた。
そして身体が熱くなり汗が出ていた。
そしてドット疲労感も出ていた。
最初からやり過ぎると疲れるよ。

 

(翌日は、身体は軽くて快適だったが、フクラハギから太ももにかけて筋肉痛が起きていたという。

いわゆる揉み返しだと判断されていた。)

これで自分でケアーしていける。
快適な身体で患者さんに接することが出きる。

 

内緒の話だけれど、ハンディマッサージャーで下半身を撫でると、上半身まで効いてしまうことを知った整体師さんいわく。

「いくら手技療法が上手な整体師さんでも、下半身を施術してあげただけで、上半身もここまで効かすことは出来ない技です」、なんて言っていた。

 

 

 凡例④ 鬱

60代初めの男性。
会社を辞めさせられてから鬱になった。
大きな鬱の要因だ。

調子の良い時もあれば悪い時もある。
 この日は、まだマシな方だという。
悪ければ家に引きこもりになる。

他人に対して良く気を使う人だ。優しい気持ちの持ち主なのである。

運動もやるように心掛けている。鬱を解消するためには良い方法だ。
鬱は冷えの病であり、運動して身体を暖めることは大事である。
「男なのに冷え性ですねん」だという。

身体の柔軟度を診てみた。
かなり硬い。立って前倒しすると、指先は膝までしか届かない。
硬いから柔軟をやるのが嫌だという。

柔軟にしてあげようとハンディマッサージャーで左側お尻を撫でる。
すると、右側のお尻が痛かったことがあり、病院へ行っても治らなかったという。(そんな昔のことを思いだしてくれたんだ。
だから右腰痛がある、右お尻が痛い、などと認識していた。
鬱の原因の大きな一つだ。

血流がそこで止められて冷える原因になっている。

開脚などの柔軟性もアップした。
そしてもう一度1分撫でて更に軟らかくした。
立って前倒しが足首まで指先が届くようになった。
全施術は10分くらいかな。

汗が出て、身体がとても暖まっていた。そして笑顔になっていた。体調が良くなったんだ。

夏にクーラーの効いた電車に乗ると、冷えが入りこみ身体がおかしくなる、自律神経が狂うのが判るという。
鬱はセラトニンが放出されないためにおこると彼は言う。
以前、それを良くするための薬を医者の指示で飲んだら舌が出たままの状態になり、死にかけたとか。
薬の副作用が怖いと言っていた。
そうだね、必ず副作用が大なり小なり生じる。

今回指導してみて、治せなかったお尻の痛み、お尻で血流が阻害されていて全身の血流が悪く冷え性体質になっている。
仕事を辞めさせられたショックが大きな引き金になり、更に冷えるように。

鬱だけでなく、多くの病状は身体が硬くなると生じやすくなる。硬いと血流が悪い、だから症状が出やすいのである。
お尻周辺の血流悪化を抱えている人は多いのである。

 

数日後にお会いして、随分調子が良くなっていると笑顔でお礼を述べてくれていた。

 

 

凡例⑤ 唾液が止まらない病

 30歳位かな?唾液が絶えず出ていて、口の中が唾液で溢れてきて吐き出したくなる女性。

一回目の指導では、ハンディーマッサージャーで軽く撫でるだけでも痛くて辛抱できないという。

唾液が出過ぎる、顔が震える、味覚がおかしいなどの症状がある。
立ち仕事であり、神経も使う仕事である。


3年も前から悩んでいて、いろいろ調べてもらった、だが何処へ行っても原因不明で治せない。
なぜか胃癌の検査も3回したという。

原因は血流なんだよね。
背中は痛い、肩はパンパン、フクラハギも最近は痛くなっていたという。
股関節ゆるめを試みようとしたが痛くて出来ない。
ハンディマッサージャーで軽く撫でてあげた。
片側3分ほど。
すると片側半身は凄く軽くなった。
反対側もする。

最初からやり過ぎると好転反応を起こすかもしれないし痛いので軽くである。特にお尻は痛かった。
そんな施術だけでも体には雲泥の差がある改善であった。


「原田式 フクラハギストレッチ10秒で凄い効果」も外出先でも出来るので教えておいた。
まだ、最大の悩みである唾液は出ていたようだが。
治せる可能性が出てきた喜びで笑顔が満ち溢れていた。

自分でハンディマッサージャーを買って撫でてもらうことに。


そして二週間後に二回目の指導である。
前回、顔の右側が腫れて膨らんでいたが均等になっていた。

下半身だけが太るとも。下半身の血流が悪いからそうなる。
前回の終了後にもそれを指摘してあげたが。

ハンディマッサージャーを買って自分で撫でているが、唾液はまだ出ているという。
それで私が撫でてあげた。

まだ痛みは出るが少し辛抱してもらった。
とても良く効いていた。
撫でている時から唾液が出なくなった。

もちろん身体がとても軽くなり、肩こりなどの体中のコリも無くなっていた。

肩こりも相当酷かったんだが。

ストレス、立ち仕事、…、それらでお尻を始め下半身はパンパンで血流悪化、そして全身の血流が悪くなり、多くの症状が出ていたのであろう。
 

 

凡例⑥ 手首を痛めやすい➡腰痛

25歳のF氏、「手首を傷めやすいので強めたい」と相談してきた。

中学生の時にボクシングの試合を初めて行い、その時に右の手首を痛めた。

それからは痛めやすい右手首になってしまった。


なかなか治り切らない、治ったと思っても直ぐに痛みがぶり返す、手首だけに限らず、そのような症状を身体に抱えている人は多いはず。

原因はお尻や股関節が良くない場合が多い。
すると体が硬いと言う。

柔軟性もアップしたい。

お尻や股関節に違和感を感じないが。(いたって普通人の感覚である)

右側下半身を撫でると股関節を含め痛い箇所が幾つかあった。

少し辛抱してもらい撫でておいた。

柔らかくなり開脚が広がった。


すると開脚時に左股関節が痛いと言う。
昔からそうだと言う。

そんなのは普通だと思っていたんだ。

殆どの人はそのような感覚である。

 

高校時代は円盤と砲丸投げの選手(A特待高校入学で学費無料。ベンチプレス135キロの怪力)をしていた。

同学年の陸上部仲間が開脚を毎日させてくれ痛い目に遭ったが柔らかくならなかったそうだ。
競技成績を上げるため、疲れを早く取り去るためにも開脚は憧れだった。
陸上部で名を馳せた高校でも的確な柔軟方法を知らなかったんだ。(これが現状なんだ)

手首が健全で、柔軟性も高ければもっと良い成績が残せたはず。


高校を卒業して7年になる。

腰痛が出だして仕事で重い荷物を持つ時はコルセットを巻くようにもなった。
車の助手席に乗っていて車輪が溝に落ちた際、腰椎の一つが曲がってしまった事もあったと言う。
陽性体質のガッチリした体でも、そうなるんだ。

 

故障が目立ち始めたので身体を鍛えるべくジムに入った。

ランニングと筋トレで鍛えている。

ランニングをしても股関節に違和感は出ないが朝の腰痛は変わらないまま。

筋トレすると手首を痛めてしまう。

お尻、股関節などの下半身が良くないと、そうなっても不思議でない。

左お尻、股関節、下半身を撫でて(これは痛かった)柔らかくしてあげると開脚は更に広がり左股関節の痛みも無い。
歩けば足腰が軽い。

撫でて痛みが出たことで股関節が悪かったんだとの自覚も出てきた。
ハンディマッサージャーを直ぐに買います!進化した療法にびっくりしていた。

 

一週間後に会った。

直ぐにマッサージャーを買い、自分で実践している。
自分では手加減するので新妻にもやってもらっているという。

手首は痛めなくなったと言う。それで前腕伸筋、前腕屈筋をバリバリ鍛えているそうだ。
腰痛も「朝起きたら腰が痛くて」、なんて症状があったが、それも無くなった。
柔軟アップはかなり出来ている。

それに疲れにくい身体になり、身体が軽いという。

左側お尻はまだ撫でると痛いという。

それに痛くなかった右側お尻も少し痛みが出るようになっている。硬くて痛みが出なかったんだろう。
まだまだ元気になっていけるはずだ。

 

ところが、しばらく経つと腰痛が出だした。

それに疲れやすいという。

 

原因は、週に6回もの筋トレやランニングをしている。

仕事は夜勤もある三交代制、自律神経が狂いやすいので健康的には良くない。

それに春の季節はタダでさえ疲れやすい時期である。

私がハンディマッサージャーで撫でてあげると、こんな部位まで強い反応がある、なんてことになっていた。

もちろんちゃんと撫でると腰痛などは消え失せて、軟らかい快適な身体になっていた。

 

あまり頑張らないようにすることが大切である。

体育会系出身者はどうしても無理をする傾向がある。
 

 

凡例⑦ 肩、首、頭痛

47歳の男性。

息子さんの腰痛を治したいと、寮生活を送っていて外出しにくい息子さんに変わって、お父さんが療法を習いに来た。

ハンディマッサージャーでお父さんの身体を撫で腰痛改善の実践を指導した。

その後、お父さん自身の体改善にも指導することに。

夜になると目に来る。それに右首肩の痛みと頭痛が生じやすい。

 丹念にみてあげた。
陽性体質で暖かく柔らかい筋肉だ。

だが一点良くない部位があった。やはり右股関節だ。

腰痛改善指導方法時に、ある程度右側は撫でていて、既に肩や首は暖かく快適になってはいたが。
ハンディマッサージャーは安易に痛みを露わにしてくれた。


左の同じ部位を撫でても出ないことを確認した。
首の痛みや頭痛、そし目にも大きく影響を与えているのである。

 

凡例⑧ 肘の痛み、足首の痛み、肩の痛み

39歳のある男性。
ゴルフの打ちっぱなしをして、左肘が痛くなった。
運動はしばらく禁止だ。

整骨院へ行くとフクラハギを踏んでくれた。
整体師がフクラハギを踏んだのだ。
痛かったという。

ある氏は体重120キロは超えている。
そんな太いフクラハギは手で揉めないよね、踏むしかない!?

ある氏は左ばかりに不具合が出る。
左肩こり、左腰痛、左足首の痛み、そして今回の左肘の痛み。

左股関節が悪いんですよ、と言ってあげるがピンと来ない。
ハンディーマッサージャーで撫でてあげた。5~6分である。
左半身がとても軽くなってしまった。
同時に病んでいた肩こりも、足首も、ラクになってしまった。
もちろん肘もね。

自分で出来るから、とハンディーマッサージャーの機種を教えてあげた。

 

 

凡例⑨ 生理痛

32歳の女性。

普段から腰痛、肩こりの症状を持っている。

ある日、生理痛が酷くてお腹にカイロを張っていた。

生理痛が出だして3日目だという。

血流が悪いから生理痛になるのである。

 

ハンディマッサージャーで5分ほど撫でてあげた。すると痛みは激減していた。

 

その後、時間が経過すると再び痛みは出てきていたが。もっと丁寧に撫でてやれば生理痛も出ないはず。

ついでに腰痛や肩こりも消え失せる。(片側お尻の反応は凄かったからね)

腰痛や肩こりなどを持っている人は血流が悪い証拠、だから生理痛も出やすい。

他にもいろいろ出る恐れがある体質なんだよ。 

 

 

凡例⑩  腰椎圧迫骨折

 79歳のある氏。
ゴールデンウィーク中に腰椎の圧迫骨折をした。かなりの痛みが出ていたという。トイレにも行けないし、世話をする奥さんは「悲惨だった!!!」という。
徐々に腰が痛くなっていたそうだ。

そして激痛が…。
 

病院で検査やらなにやらとやってもらって手術するか、放置するかの選択である。(私にしたら、早く撫でて痛みを取り去るべきだと考えるが、余り口出しはせぬようにしている)

ゴールデンウィークが終わり、病院の方針が決まり結局放置することになった。(手術なんてことになったらそれこそ大変だ、金具とボルトで固定するんだろう、年齢や身体の状況を考えると、なにもかもが…)
いやいや数日間は患者も奥さんも周りの人達も大変だっただろう。


それに奥さんは、もうこのまま治らないと諦めていた。
ズーッと看病の日々が続くのだと、諦めていたそうだ。
そんなことすると共倒れになるぞ。

私が訪ねて行くと、ある氏は椅子に座っていた。
椅子から動くのも腰が痛い、立ち上がるのも腰が固まってしまっていて痛い。
そのまま隣のベッドにコルセットを外してなんとか寝転んでもらう。

大変動作が鈍いのは仕方ない。

片側を5~6分ハンディーマッサージャーをかけた。
起き上がってもらうように要請すると、スッと起き上がって立った。

とてもラクに起き上がれたという。(血流が良くなると脚や腹筋など全身に力が入りやすくなり、起き上がりやすくなる。撫でた効果の有無をそれだけでも確認できる)
片側腰がラク、身体もラク、脚や膝の痛みも少なくなっていた。

そうなんだ、腰だけでなく、太もも、膝の痛みまで発生していたんだ。

反対側も同じように施術した。
とてもラクになってしまった。

まだ、股関節部分に違和感があるというので1分ずつ撫でた。
それらの違和感も消えていた。

ある氏が用いるためのハンディーマッサージャーは既に買ってあるんだが。
…。
少し認知症も出ているのかな。

奥さんと居間でドリンクを頂いていると、ある氏も歩いて居間に来た。
何もなかったかのような普通の歩き方である。
そしてハンディーマッサージャーを奥さんから出してもらって、自分で立って、或は椅子に座って撫でていた。

立ち座りも何の違和感もなく一人でスッと行っていた。
撫でれば更にラクになることを実感していた。

気分もとても良くなっていた。顔色、表情も良いし、スカッとしているのが自他共に確認できていた。
頭部の血流まで良くなるから頭がスカッとする。

たった十数分でそこまで回復するのもこの療法の特徴である。


椅子やベッドに居ないで体を動かすことが大切だと教えておいた。(動いても痛くないから、それが出来るはず)

圧迫骨折するのも血流が悪いから、ボーッとするのも血流が悪いから、圧迫骨折を治すのも、痛みを取るのも血流の良さが決め手なのである。


放置しておくだけでは、なかなか治らないぞ、いつもいつまでも痛みで悩まされるぞ、便所にも行けないぞ、夫婦共倒れになるぞ、脚も腰も痛くなるばかりか、体中に痛みが出るぞ、脳梗塞なども怖いぞ、認知症も酷くなるぞ。

 

 ※「いつの間にか骨折」と言われている腰椎や脊椎の圧迫骨折。

カルシュウムが足りないからだと言われるけれど???

それよりも血流が悪いからが原因である。

 

運動も大切、筋肉も大切だとは思うが、大事なのは下半身の血流改善である。

いくら運動して、筋肉を付けよう、骨を太くしようと試みても、下半身の血流が悪ければ上半身である脊椎、腰椎の血流は改善しにくい。

 

また、歩くことで腰や脚が痛くなることもあるよね、そんなのは下半身の血流が悪いから腰などの痛みが出る。

ちゃんと流れるようにしておかないと、返って脊椎、腰椎を痛める、弱めることにもなる。

痛めることは股関節等の血流が悪くなっている証拠である。股関節等の血流が悪くなれば当然脊椎や腰椎の血流も悪くなる。

もし痛めたら血流改善で良くしてしまうことが大切だ。

 

凡例⑪ 筋肉痛も即効効果

30代の女性。
テニスにはまっていて、足首にアンクルウエイトを着けてテニスプレーをしだした。
もう既に脚などが筋肉痛なのに、またもやウエイトを着けてテニスを。

かなり筋肉痛が酷くなり、肩こりまでも。

ハンディマッサージャーで撫でるが、効かないという。(方法を教えながらやっているんだが)
で、私が撫でてあげた、直ぐに筋肉痛と肩こりは消えていた。
生半可では良くならないことも珍しくは無い。

 

 

凡例⑫ 足裏カガトの痛み

小学2年生の男子は足裏カガトの痛みで病院へ行った。

検査したが特に悪い箇所は見当たらない。(でも、何らかの不具合である診断を下していた)

結局、安静にして2~3ヵ月様子を見てくださいとの診断。

 

その後、時々病院で診察をしてもらうが、相変わらず安静第一であった。

 

ハンディーマッサージャーで下半身を撫でてあげると直ぐに痛みは激減していた。

運動のし過ぎで疲れが出て血流が悪くなり、足裏カガトが痛くなったのであろう。

 

カガトに限らず足脚は痛くなる場合が往々にしてある、血流を促してみると直ぐに改善するのが殆どである。

 

 

凡例⑬ 肺気腫

男性。60代後半。

糖尿病、肺気腫などいくつもの病状を抱えている。

特に肺気腫には悩まされている。

脚が重い、呼吸が辛いなどとなってくると私に撫でてほしいとやってくる。

 

撫でてあげると直ぐに呼吸がラク、脚が軽いと軽快な身体になる。

自分でもやれば良いのだけれど、なかなか頑固な男性である。

 

寝ている時に右側を下にしないと眠れない。

だから、一晩中右側を下にして寝ている。

敷布団は高価なのを使っている。

 

圧迫することは大切なのだが、長時間になると話は変わってくる。

鬱血を起こしてしまい血流が悪くなる。

 

だから左側お尻を撫でても痛くはないが、右側お尻を撫でるととても痛い。

右股関節も痛めやすい。

 

 

 

凡例⑭ 疲れた身体に

総数11台のハンディマッサージャーを購入したU氏75歳の親族。
U氏の息子さんの嫁がネットで安く購入した。(一台1900円台)

嫁の旦那、つまりU氏の息子さんが、この療法にはまってしまっているという。
疲れた時に、もってこいの療法だと絶賛しているそうだ。

これまでは幾つもの健康法にチャレンジしていたが、どれも直ぐに止めていた。
ところがハンディマッサージャーの療法は、とても効果が高いとお気に入りになってしまっているという。

私がお邪魔して指導した時は息子さんはいなかったが、嫁さんにやり方を教わったんだろうね。
ポイントさえつかめば、ある程度までは簡単に効かせられるからね。

 

 

凡例⑮ 肩甲骨を痛めたら

50代のある氏。
右肩甲骨を水泳のクロールで痛めた。
スジが違ったというのだろうか。

ハンディマッサージャーで下半身を3
分撫でてあげるとラクになった。(もっと撫でてあげると良いのだが)
自分でもハンディマッサージャーを持っているので、撫でてくださいと指導。

普通、肩甲骨のスジが違えば下半身で治す、なんて思い浮かばないだろうが。

ちなみに原田式フクラハギストレッチ実践で持病の腰痛症は良くなっている。
ストレッチも良いが、いつも同じストレッチでは、肩甲骨には効果が無い場合も仕方ない。

違う方法のゆるめが必要なんだろう。

 

 

凡例⑯ 目にも効果が大きい

筋トレマニアのT氏30代。

筋トレをハードにしてもケアーをしないので体中の筋肉が硬くなってしまっている。

 

目にも悪影響を与えていて、夜になると視力が悪くなっている、夜の運転が眩しかったり、見えにくくなってたり。雨の日の夜の運転はとても怖いという。

道場に来ると、視界が白くぼやけていたりするようだ。

 

ハンディマッサージャーで撫でると、直ぐに視界がクッキリ、ハッキリしてしまう。雨の夜の運転も全く問題なくなってしまう。

 

 

私も視力に不安が出てくる。

筋トレだ、拳法だ、施術だ、…、と疲れが溜まると、やはり目に来る。

視力が悪くなる。

疲れが溜まり過ぎていると、やはり休養を取らないと間に合わない場合もあるが。

 

ハンディマッサージャーで撫でると、視力は回復する。

年齢的にも白内障や緑内障も気になる。

疲れすぎないように注意しながら目のケアーをしていく必要がある。

 

 

凡例⑰ 手の指が痛い

世古ばあちゃん(86歳)は久しぶりに施術して欲しいと言った。(以前は週に一度施術していた)

自分でテニスボール等を使ってケアー、運動も様々なのをしていてケアーしていて随分元気になった。
だが、左手の指、親指、中指、薬指が痛い。と、言ってきた。
ハンディマッサージャーで下半身を撫でるだけで、親指と中指の痛みは消えた。



 凡例⑱ 
股関節痛(ストレッチして悪くした)

40代のある氏。
右股関節が痛いので、ストレッチをした。
すると余計に痛みが増した。

痛みは首肩や腕にまで来ていた。
立ち仕事であり、股関節の痛みは耐えられない。
身体のしんどさも増してくる。

幾つかの部位で血流が止められており、ストレッチしてもそれらは改善されずに股関節に負担が掛るばっかりだったのでは?
ハンディマッサージャーでそれらの部位の流れを良くしてあげると、グングン良くなってしまった。
フクラハギも軟らかく細くなっていた。左と比べてもそれが判る。

(股関節で血流が悪化するとフクラハギや足裏にまで影響するから腫れる)

 右股関節の軟らかさは左よりも軟らかくなった。もちろん全ての痛みも無い。
もう一度1分、ある部位を撫でてもらうと、更に軟らかく。
お腹、胸、顔が右足にくっついていた。

 

 

凡例⑲ 手首が痛い

A子さん40歳位かな。
右腕が痛い、特に手首が。捻ると痛みが走る。
右を撫でてあげた。

撫でる痛みは全くない。(こんな人も居るんだ)
すると手首を捻っても痛くない。腕も軽い、脚も軽い。
下半身に溜まるから上半身にも悪影響であることをお教えした。

 

 

凡例⑳ 一流スポーツ選手を超一流にするには

お葬式で久しぶりに会ったキヨ(高校三年)ちゃん。

サッカーで活躍している親戚の女の子である。


 開脚してもらい前倒しするが、頭が床に着かない。

でも、毎日柔軟運動して、ここまで軟らかくなったという。

柔軟に一生懸命なんだ。
柔軟が大切なんだと理解しているようだ。


とりあえず右側をハンディマッサージャーで撫でてあげる。(こそばいし痛い)
男みたいな硬い筋肉である。

5分ほど撫でた。身体が暖かい、右半身が軽いという。
そして再び開脚して倒してもらう。
右側がラク。

右側だけで開脚前倒しで頭が畳に着いていた。

床に頭が着くのが初めてだという。

たったこれだけで柔軟になることに驚いていた。
そうだね、毎日柔軟運動してもなかなか軟らかくならないのを判っているから。

こんにに簡単に出来るとは思いもよらないはず。

この方法で柔軟になることで、俊敏になる、ジャンプ力が付く、走りが速くなる、なんておまけも付いてくるからね。
キヨちゃんのお父さんも、「ジャンプ力が出ますかねー?」なんて聞いていた。
ゴールキーパーで活躍しているから、ジャンプ力も不可欠なのである。

話をしているとキヨちゃんは右側に腰痛を持っているとのこと。
まだ腰痛が消えていないようなので、良くしてあげようと、股関節ゆるめをしてあげることに。
股関節がカチカチなのである。

1分ほどしてあげた。

 

ハンディーマッサージャーでも腰痛は消せるのだが、股関節が良くないことを認識してもらうためにこの療法を施したのである。

そして腰痛の有無を確認してもらう。
消えている。

再び股開きしての柔軟確認。
更に軟らかくなっていた。
右足側に倒すと、ベターッと胸まで脚に着いていた。

その後、立って右半身と左半身の違いを足踏みをして、いつまでも確認していた。
右半身が軽くて快適、左側が重たく感じてしまっている。
その感触をなんと何度も何度も味わっていた。

こんな感触は初めての体験であろう。


ハンディマッサージャーはアマゾンで買うという。

キヨちゃんは大阪にある学校での寮生活をしている。
食事内容も決められていて、食べる量まで決められている。
強豪校になるとそんな管理までやるんだね。

練習メニューもトレーナーが「なんとかダンス」を指導して、怪我防止、柔軟アップに取り組んでいるそうだ。
それでも怪我人が多いという。だから全国大会に勝てなくて準決勝で敗れたのだろうか。

キヨちゃんの身体を触ると、硬くて、とても疲労が溜まっている。
怪我をしやすい状況なんだ、腰痛の他にもシンスプリントが両脚に出るそうだ。出ていても身体を動かすと消えてしまうそうだ。
血流が良くなる、暖かくなると消えるだけ。

怪我人が出ると、トレーナーがやっている診療所へ行き、対処してもらうそうだ。

だが怪我はなかなか治らないでいるという。
そうだね、怪我の部位だけ診ていたのでは治せないのである。
原因の元となる部位の血流を良くしないことには治しにくいのである。

私が帰ろうと外へ出るとキヨちゃんも外に出てきてくれた。キヨちゃんのお母さんも来ていて、お母さんはキヨちゃんに、どうだった?と聞いていた。
キヨちゃんはお母さんに「メッチャ軟らかくなった!」と報告していた。

柔軟アップをする方法は他にもいくつかある。
「巻くだけ筋トレ」もいい、筋肉も強化されるし柔軟になるし。
「原田式フクラハギストレッチ」も面白い。


全国大会の優秀賞にも選ばれ、新聞でも何度も大きく紹介されている一流のキヨちゃんを超一流にするには、このような練習方法を取り入れていくと格段に超一流に近づいていく。

 

柔軟アップはスポーツ選手ならば誰もが実践している。

怪我防止もそうだが、柔軟アップすればパワーが出るのである。

血流が良くなることで、筋肉血流量が増し筋肉のパワーが出る。

スピードや俊敏性は勿論、脳まで活発に働いてくれる。

 

 

凡例21 膝痛

膝の痛みに苦しんでいる人も多い。

これまで沢山の膝痛をハンディマッサージャーで改善してきた。

膝痛も血流が悪いから生じる場合が殆どである。

股関節やお尻を始め下半身の血流が阻害されているから生じやすいのである。

 

近年、膝痛などを改善するようなスパッツやサポーターの類が販売されるようになった。

それらは筋肉を圧迫して血流を促して痛みを改善するのだ、と考えている。

ハンディーマッサージャーならもっと強力に積極的に血流改善を促してくれる。

 

道場の扉を修復してくれたA氏のお母さん(70代)も膝痛が酷かった。

当時の療法で、お尻を撫でるだけでもとてもラクになっていた。

 

 

60歳位のS子さんも、自転車から降りたとたんにガクっと痛みが出て歩けなくなった。

病院へ3回通ったが、治らないまま、もう来てもらっても良くなりません、なんて言われた。

病院をとても信頼していた人なのに。(半月板が良くないとか)

 

それでハンディマッサージャーで撫でる方法(最新の方法)で良くなっている。

子供たちからは、もう自転車には乗らないように言われていたが、今では自転車を乗り回し、アチコチへ出かけている。

歩くのも階段も平気である。

 

 

 凡例22 胃腸の調子

胃腸の調子が悪い人が多いと報じられている。

そういう私も強くは無い。

 

だから日本人に大腸癌が多くなっている。

乳酸飲料などの商品が多数で回っているのも皆様ご存じでしょう。

どの商品が一番効果があるのか、知っている人は教えてください。

 

胃腸の働きを整えるのも血流なんだが。

ストレス過多で自律神経が上手く働かなくて乱れてしまい、消化器系に上手く血液が流れなくなり胃腸の働きは悪くなる。

身体も冷えてしまい、お尻やお腹も冷たくなっていたりして。

 

お尻が冷えると骨盤も冷え、腰やお腹も冷えやすくなり胃腸の働きも悪くなる。

お尻を冷たい石の上などに長時間座り冷やしてしまうと、胃腸の働きがおかしくなるし、肛門が冷えて痔にもなりやすい。

お尻は一旦冷えると、なかなか暖まりにくい部位である。

お腹も冷やしてはいけない部位だが、お尻も冷やしてはいけない部位なのである。

 

そんなことはお尻をハンディマッサージャーで撫でることで様々な症状が消え、お尻が暖まり身体が暖まることを実感すればかなり納得するはず。

 

もちろんお腹の調子も整いやすい。

撫でるだけで、便意が増したり、便意が無くなったり、変化を体験するのも面白い。

撫ですぎると便がおかしくなることもある。

私もそんなのは何度も体験しているが、75歳のU氏もハンディマッサージャーで、くそ丁寧に撫でたら、便が何度も出たと言っていた。

 

お尻や下半身の血流が胃腸に関して大きく効果を表すのが判れば、電子書籍「トイレの姿勢」を見直せば、さらに便通に関して快適になれる。

「トイレの姿勢」を実践すれば、それだけで背中からお尻側にかけて暖かくなり、やがて全身が暖かくなる。

もちろん便が出やすい、大量に出るなどの効果がある。

 

凡例24 ギックリ腰

 65歳のA氏。
今朝、椅子から立ち上がり、ギックリ腰になった。両側の腰に来ている。

昨日、15000歩を歩いた。足小指が痛くて、かばって歩いたという。
それが原因で違う筋肉を使い、使わなかった筋肉が疲弊して血流が悪くなりギックリ腰になったのでは。

片側、お尻を中心にハンディマッサージャーで撫でる。
3分で撫でた側の腰は良くなった。

反対側も3分で良くなった。

 

凡例25肩の痛み

消防署勤務の救急救命士のT氏37歳。
いつも救急車に乗って活躍している。

右肩が痛くて困っている。
それでもチンニング、カール、ベンチなどをして身体を鍛えている。
スリムで筋肉質であり、良い身体である。

普段から右腰痛があったり、右膝が痛くなったりと、右側に様々な症状が出るので、右股関節が悪いんだとも気づいている。
実際、右股関節の痛みがあるようだ。

それでも1時間ほどの10キロのランニングもこなしているという。

「お尻は百薬の長」の方法でマッサージャーで撫でてあげた。
やはりお尻を撫でる痛みが出ていた。
5分ほど撫でて様子を見てもらうと、肩の痛みがとてもラクになっていた。

こんな部位を撫でて肩に効くんだ、なんてことを救急救命士は知ったのだった。



ギックリ腰になって直ぐに治してしまうのが一番良い。
放置しておくと周りの筋肉も硬くなってくるからね。

 

 

 凡例26ダイエット

25歳のF氏。(手首痛と腰痛男性 高校時代は円盤投げの選手だった)
今年の3月頃からジムに来ている。
身長は170㎝位かな。
体重は82キロだった。

ランニングしたり、筋トレしたりして痩せようという狙いがあったという。
だが、いくらやっても痩せないでいた。(週6回)
やり過ぎで腰痛は出るは、で、大変だったんだ。

だが、腰痛克服のためハンディーマッサージャーで撫でだしてから(ここ一ヶ月)、急に体重が落ちてきた。(病気かな?なんて思ったという)
今日(5月30日)は78キロだったそうだ。
「撫でると痩せるよ!」と言ってあげると、やっぱりそうですか!

撫でるのは一日2回程度のようだ。

そう言えばお尻が小さくなっていた。
お尻が軟らかくなる、小さくなる、…、痩せるため、健康になるためのポイントだね。



逆の考え方で見てみよう。
腰などが痛い人は痩せにくいのである。
新陳代謝が悪い、血流が悪い状態だから、腰などが痛いんだ。だから脂肪が燃えにくい。
痩せにくいのは当然の成り行き。

お尻がカチカチでごっつい人、痩せないんだ。
アチコチに痛みが出やすいんだ。

 

凡例27 汗が出るのと柔軟アップを健康雑誌記者が体験

健康雑誌記者が疑問に感じていた、ハンディーマッサージャーで本当に効くのか?というので実際に撫でてみることになった。
「お尻は百薬の長」の出番だ。
まずは片側3分ほど撫でてあげた。
ウッという痛みがまずは伴っていた。そんなに痛くは無いようだが。

それで撫でた側の柔軟アップを確かめると軟らかくなっていた。
更に30秒、お尻を撫でた。
もう痛みは出ない。

そして柔軟をしてもらう。更に柔軟アップしてお腹が脚に着きそうなくらいに軟らかくなっていた。
そしてそして汗が沢山出ていた。
ハンカチで汗をぬぐいながらの取材が続いた。

汗は全身に出るんだが、特に撫でた側の汗は凄い。
 この日は涼しい日なんだが、汗がドンドン出ていた。
撫でた側の太ももが暖かいなんて言ってくれていた。

一般的なマッサージを受けても、汗は出ない。
だが、ハンディーマッサージャーで撫でると汗が出る。
たった3~4分撫でただけなのに汗が出る。
新陳代謝が良くなり、汗が出るのである。

 

 

凡例28 肺気腫の呼吸をラクにする

 

 

 

凡例29 80肩を治す

右80肩になってしまった女性。
 日曜の朝、教会の台所で腕を振るっていたK子さん80代は急に右腕が動かなくなってしまい、上げられない、動かせない、床に手を突くことも出来ない。

1キロ入りの塩袋を持つことも出来なくなった。


整骨院(日曜もやっている)へ行ったが、関節は外れてはいないという診断で肩に電気を当ててくれた。
だが、それでは良くならない。

家で安静にして寝ていなさいと言ってくれた。

私の出番だ。教会から行事を済ませた妻が帰ってきて、夕方にはK子さんの家へ。
「お尻は百薬の長」をしてあげた。
簡単に治ってしまい(10~15分)、手は上がるは手を床に着けるは、もうなんともない。
寝てるなんてことはしなくてよいし、軽く動くほうがベターだと言っておいた。

動かなくなる前は、右肩コリが酷かったし、右の腰痛も出ていた。
で、80肩が出たんだろう。
つまり右半身の血流が悪かったんだ。
脳梗塞や心筋梗塞なんてのも怖いから、早く治してしまうことが肝要。

もちろん、首のコリ、肩こり、腰痛も良くなり、身体が軽くなり、視界も良くなっていた。
つまり、全身(半身)血流を改善することで多くの症状が良くなってしまうのである。

 

日曜日は私と妻に右手を大きく上げ振って見送ってくれた。
その後は寝て、翌朝は普通に起きて、いつものように孫達の世話に忙しく動き回り、右手の違和感もなく得意の料理も作り過ごしていた。
アマゾンからハンディーマッサージャーも月曜日に届いたようだ。

 

 

凡例30 足首痛を良くする

 数ヵ月前に足首が?良くないとハンディーマッサージャーでお尻を撫でて良くなり、普通に歩いて帰ったA2子さん。
お友達であるA1子さんの紹介だった。
あの時、施術後数日してから具合が良くないとA1子さんから聞いたので、もう一度来るように伝えてもらった。

A1子さんは腰痛を治すのにボールを用いた。それで今でも快適に過ごしている。
A2子さんの場合は、私がハンディーマッサージャーを使い始めたころだった。
もちろんお尻(股関節)で効くと感じたので撫でたのだ。それでカンタンニ効いてしまっていた。

悪くなったと聞いたときに、撫ぜ方がよくないのでは?なんて考えていた。

A2子さんの足首痛は、まずは町医院のO医院へ通っていた。
O医院からはロキソニンの張り薬を貰っていて、使用していた。
それでは治らないので大きなN病院へ行った。

N病院では、足底に入れる敷物を別注させられ使用していた。履きやすい高い運動靴も買った、だが良くならない。
それで私の所へ来たのだった。
一回の施術で良くなったから驚いてはいたが。

聞くところによると、その後もロキソニンの張り薬を使用していたという。
張ったほうがもっと効く、と思うのは人の常。
せっかくあるんだから張っておく、そのほうがもっと良くなる、なんて考えも人にはある。
まさか、張って悪くなる、なんて考える人はいないのでは。

足首が良くならないのでN病院へも通い、O医院へも通っていた。
そしてある日、O医院の先生がロキソニンが原因では?と思うようになったようだ。(この部分の詳細は私の推測)
それで張るのを止めると、足首は良くなってしまった。
私にもその事を伝えておいてください、とA2子さんはA1子さんにお願いしたという。

気になっていた事案だったが、これでスッキリした。


最近の週刊誌にも薬や手術のことで特集を組んでいる。
怖い副作用のある薬は、本当に怖い存在なんだ。
むやみに薬を用いる人も少なくない。
その薬が、貴方の症状を更に重くしてしまっている、なんてこともあり得るんだ

 

 

凡例31 腰椎圧迫骨折の痛みを消す

 右腰椎を圧迫骨折した70代のU子さん。自転車で倒れて、もう3週間になる。
病院へ行っても電気を当てて、コルセットを嵌めているだけ、これも辛いようだ。それに腰が痛い。
日にち薬だと言われ、我慢して耐えている。

「お尻は百薬の長」をしてあげると10分で痛みが消え、起き上がる苦痛は無くなる。
今度は左膝の痛みがあるので…、なんて言い出す。

それでは、と左を「お尻は百薬の長」をしてあげると膝の痛みは消える。
絨毯床に膝立しても痛みが出ない。
だが、今度は右の圧迫骨折が痛む。

そうなんだよね、それは仕方がない、血液が左半身に集中するからね、右の不具合が出やすい状態になる。
再び、お尻だけを1分撫でてあげる。
すると痛みは消えた。
コルセットを着けないでお茶を入れてくれていた。

痛みが出ても、自分で撫でれば痛みは消える、それに圧迫骨折も早く治る。
いつまでも日にち薬で治そうなんてしていたら、いろいろ出てくるぞ。



試し読みできます

【のうがき①】 ●大事なのは血流 ●冷えは血流が悪い証拠 ●血流を妨げているのは主な部位は下半身 ●お尻も血流を止めている箇所 

 

 

 お尻は百薬の長

 

 

【のうがき①】

 

●大事なのは血流

健康法を追求してきて血流の大切さを痛感させられている。

痛みを取り去るのも、病を治すのも、美容に美肌、髪の毛までもが血流で操られているのである。

全身の隅々の細胞まで毛細血管がくまなく行きわたり、酸素や栄養を運び、老廃物や痛み物質を運び去り、健全な身体を維持してくれている。

 

●冷えは血流が悪い証拠

冷えると血流が悪くなり様々な不調を生じてくる。冷えが良くないと大半の方が認識している。

冷えると肉体的だけでなく精神的にも弱くなる。

お風呂や温泉に入ると身体が暖まり、心身共にとても快適になる。

あの温泉が良い、この温泉は良く暖まるとか、美味しい料理を食べ心も暖まり、至福の時を過ごすのも健康には欠かせない。

 

●血流を妨げているのは主な部位は下半身

一般的に、冷えを感じやすいのは足先が多いようだ。

身体の末端であり、最下部にあり、心臓からも遠い位置にある足先。

精神的ストレス等があれば、末端の血管が収縮し血流が悪くなり冷たくなりやすい部位だ。

同様に足裏も冷たくなりやすい。

 

第二の心臓と言われるフクラハギ、その筋肉が硬くなったままの人も少なくない。

フクラハギは心臓から遠い位置、そして心臓よりも低い位置にあるがために、フクラハギ静脈に流れてきた血液を胸の心臓に戻すのにひと苦労する。

逆流さえ起こしかねないのでフクラハギの静脈には逆流防止弁が着いている。

 

それでも上手く流れないと静脈瘤というコブが静脈に出来てしまう。

静脈が青く太く浮き出てきてしまっている。

赤い網目状だったり蜘蛛の巣状の場合もある。(太ももにまで静脈瘤は生じる)。

フクラハギのポンプ作用が上手く働いていないので生じるのである。

軟らかな筋肉のフクラハギにしておき、ポンプ作用が上手く働ける状態にしておくことが大切。

 

太ももの筋肉も硬くなり、血流が悪くなってしまっている。

フクラハギの血流が悪ければ、お尻や股関節の血流が悪ければ太ももの血流も滞りがちになる。

トレーニングをしっかりやっても太ももに影響を与える。

太ももをハンディマッサージャーで撫でると痛くてこっている、血液が滞っているのを知ることが出来る。

 

●お尻も血流を止めている箇所

そしてお尻の血流の悪さが健康に大きく悪影響を与えている。

人は、長時間立っていると座りたいと思う。

脚腰が疲れてきて座りたいと望むようになる。

 

座ることで、脚の筋肉の緊張状態が消え筋肉の休息をとれる。

同時にお尻が圧迫を受け、血流を促してくれる。

お尻の筋肉も立っていると疲れてきて硬くなってしまっているのである。

それを椅子や床に座ることで硬くなった筋肉を圧迫し緩めてくれる。

緩めて血流を促してくれる。

座ることでお尻のマッサージをしているのである。

 

座ることで脚の緊張状態、お尻の硬くなった状態を解消させてくれる。

つまり下半身の血流状態を改善して疲れを解消してくれるのてある。

腰などの痛みがラクになる場合も多いよね。

人の体って上手く作られているんだ。

 

お尻は股関節を筋肉などで覆っている。

そんなお尻の血流を改善するだけでも身体は大きく変化してくれる。

 

 


試し読みできます

【のうがき②】 ●座り過ぎは良くない ●就寝時、身体を水平にすることの大切さ ●就寝時もお尻を圧迫している ●野球選手はお尻で強者が判る?!

 お尻は百薬の長

 

 【のうがき②】

 

●座り過ぎは良くない

「座っていると、脚やお尻の筋肉が緩んで血流が良くなる」と考えて、長時間座りっぱなししていると、これも良くない。

脚やお尻の筋肉が緩みっぱなし、緊張状態が無いと筋肉が働かないので筋肉が働かない動かない状態、筋肉は弱るし、筋肉ポンプの作用も無くなり血流が悪くなる。

 

立ったり座ったりして筋肉を刺激することが大事である。

近年、企業や学校でも座りっぱなしでのデスクワークを避け、立った状態でも仕事や勉学に励めるようになってきているようだ。

そのほうが脳への血流も促せるから、能率は上がるはず。

 

●就寝時、身体を水平にすることの大切さ

熊本地方で大きな地震があった。

余震が怖くて車中で寝泊まりする人々が多く、エコノミー症候群を始め身体を壊す人が沢山居たのは記憶に新しい。

(早く復旧復興して皆様が平穏無事に過ごしていただけるように祈っています。)

 

人は日中、立ったり座ったりして活動している。

すると水分や老廃物が下半身に溜まり、脚が浮腫む或は硬くなりがちになる。

良く実験される例が、朝にバケツ満杯の水の中に脚を入れるのと、夕方に満杯の水に入れるのでは夕方の方が沢山の水が溢れ出る、というのがある。

 

そんな浮腫んだ下半身を水平に横たえることにより、下半身の血流はスムーズに心臓に戻っていく。

スムーズな血流は下半身等の水分や老廃物を体外へ排泄するように働き、朝起きた時にはスマートな下半身にしてくれている。

 

これが車の椅子の背もたれを倒して、脚は下方に下がったままで寝ているとスムーズな血流は得られなくて、脚は浮腫んだままになってしまう。

日中も全身の血流が悪い状態のままである。

だから、エコノミー症候群を始め、多くの痛みや疾病を生んでしまう原因になる。

 

就寝時に身体を水平にして横になることは健康にはとても大切なのである。

 

就寝時もお尻を圧迫している

疲れてベッドに背中を着けたらとても気持ち良い。

人の体はどこでも圧迫やマッサージを受けると気持ち良いものである。

 

寝ている時は身体の様々な個所が圧迫を受ける。

そんな中でもお尻周辺はかなり強い圧迫を受けている。

他の部位よりも大きく出ているお尻や骨盤は否が応でも、仰向きで寝ても、横向きで寝ても、うつ伏せで寝ても強い圧迫を受けることになる。

 

お尻は圧迫を受けやすいように作られているのである。

いやいや、健康を得るためにはお尻は圧迫を受けないとダメなんだ。

 

凡例⑬で出てきた肺気腫の男性は、右側を下にしてでないと眠れない。

すると、右半身に 老廃物が溜まってしまっていて右側を撫でると痛い。

圧迫を受け過ぎていても、鬱血を起こすことにもなるので寝返りを打つことが大切である。

 

●野球選手はお尻で強者が判る?!

年老いてくると脚の筋肉が落ちてくると同時にお尻の筋肉も無くなってくる。

下半身の血流量が減ってくる。

下半身が冷たくなりやすい。

お尻が圧迫を受ける度合いが少なくなってくる。

脚もお尻も鍛えて筋肉を付けておく方が良い。

 

野球選手は、お尻を見ただけで良い選手かどうかわかるという説もある。

大きな脚やお尻の筋肉を付けておくことはパワーやスタミナに多大なる影響を与えてくれるからだろう。

 

 


試し読みできます

【のうがき③】 ●下半身の血流を良くすると ●下半身の血流が良くなれば全身の血流が良くなる ●●全身の血流が良くなるから殆どの症状が一度に改善 ●全身の血流改善は柔軟アップにもなる 

 

  お尻は百薬の長

 

【のうがき③】

 

●下半身の血流を良くすると

下半身の血流を良くすると、まずは直ぐに身体が軟らかくなる。

柔軟性アップするわけだ。

股関節が軟らかくなり、開脚アップする。

血流アップ、そして柔軟アップ。

 

すると、膝の痛み、太ももやフクラハギの痛み、足首の痛み、足裏の痛みまで改善される。

それに腰痛、坐骨神経痛も良くなる。

もちろん股関節痛に悩む人にも直ぐに効果が出る。

 

この股関節の痛みに悩む人はとても多い。

人類最大の関節である股関節の痛み、抱え込んで悩んでいる人は多い。

長時間座っていて立つと、股関節付近が痛む、なんて人はとても多い。脚やお尻の血流が悪くなっていて、長時間同じ姿勢で動かないでいるから痛みが出てくる。

 

立って身体を動かしたりするだけでも痛みは消えてくる。

積極的に下半身の血流を促すように軟らかくすれば、痛みは消えるし、痛みは出なくなってくる。

そんな身体にしておくことが安心して暮らせる身体になる。

 

 最大の股関節で血流が悪くなれば、堰き止められる血流量も多くなり、全身の血流量にも大きく影響を与える。

様々な部位に悪影響を与えるのである。

 

 

●下半身の血流が良くなれば全身の血流が良くなる

 「肩がこったら肩を揉む」それはごく普通の常識である。上手く揉んでもらえばとても気持ちの良いものである。

だが、肩だけを揉んでも、直ぐに肩こりは戻ってくるのでは。

肩の部位だけの血流を良くしても、他の部位で流れの悪い箇所があれば、血流はそこで止められ、上手く流れないのである。だから肩こりも良くなり切らないのである。

 

肩がこっている場合も必ず下半身の血流が悪くなっている。

下半身の血流を良くして、全身の血流改善をしてやると肩こりの戻りも軽減できる。

逆な言い方かもしれないが、下半身だけの血流を改善することで肩こりも随分ラクになる。

 

●全身の血流が良くなるから殆どの症状が一度に改善

 ハンディマッサージャーでお尻や下半身を撫でる方法は全身の血流を促してくれる。

全身が暖かくもなる。

凡例⑳のサッカー選手も片側を撫でただけでも身体が熱く軽くなっていた。

お多くの痛みや疾病は血流の悪さ、そして冷えから生じてくる。

だから、一度のマッサージャーの実践で同時に多くの症状が改善する療法である。

 

凡例腰椎圧迫骨折痛(10数分で良くなった)も、腰の痛み、膝の痛み、太ももの痛み、それに頭がボーッとする症状があったが、わずかな時間でどれもが同時に改善し、身体も頭もスッキリし、前向きな姿勢になって歩いたり、座ったり、立ったりしていた。

それに、腹筋や脚にも力が入りやすくなり、ベッドに横になっていてからの起き上がりがとてもラクにもなる。

 

 ●全身の血流改善は柔軟アップにもなる

 運動前に柔軟アップをすると、身体が軟らかくなるのと同時にパワーも強くなる。

血流が良くなると筋肉に多くの血液が流れ筋肉の働きが増しパーワーが出やすくなるのは、多くの方がご存じかと思う。

 

 

 

 



読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について