閉じる


<<最初から読む

5 / 6ページ

モヒカン故郷に帰る

モヒカン故郷に帰る

2016年4月28日鑑賞

 

「あっちゃん、アンタもロックやらんね?!」

 

変な言い方かもしれないけど「バランスのとれた弾け方」をしている映画だなぁ~、と思いました。

よくあるパターンだけど、監督が勢い余って弾けちゃって、そのまま映画の流れが弾けっぱなしになることがあります。

本作の監督は沖田修一さん。

堺雅人さん主演の「南極料理人」を手がけた人。

僕は劇場で「南極料理人」を鑑賞しました。

あの作品も、ツボを押さえた笑いが実に的を得ていて、とっても楽しい作品でした。

おそらく、あの作品を作れる人なら、大きな「ハズレ」作品は作らないはず、と思って鑑賞したわけです。

本作での見所は、日本を代表するクセ者俳優、ベテラン柄本明さん演じる、弾けたじいさんの人物像。

これがおもしろい。

「ヤザワは義務教育じゃけんね」と青少年相手に”こんこんと”説教するような、熱狂的「矢沢永吉」ファン、田村治を演じます。

このおじいちゃんが住むのは、広島沖の瀬戸内海に浮かぶ離島。

もちろん島は漁師町です。そこへ、東京から息子が帰ってきました。

ほぼ7年ぶり。帰ってきた息子を前にじいちゃん、一言、

「お前生きとったのか?」

道楽息子は、東京でやっていたバンドも空中分解。まあ、ビジュアル系、パンク系のバンドで飯を食っていけるのは、ごく限られたエリートバンドだけな訳で……

この息子、田村永吉(松田龍平)が帰ってきたのは、一つの訳がありました。

結婚の報告です。

彼は同棲している会沢由佳(前田敦子)を島に連れてきました。

由佳のお腹には、すでに新しい命が宿っていました。

仕事もない、生活も安定していない。だけど子供を作ってしまった息子、永吉。

それを聞いた田村爺さん。

「このヤロォぉぉぉ~」と掴みかからんばかりに怒り心頭?

と思いきや、大喜びで大宴会を始めてしまいます。

このあたりの「人生はロックだぜ!!」と」言わんばかりのノリの良さが、田村じいさんの真骨頂といったところでしょうか。

ところがその後、田村じいちゃんに病気が見つかりました。

末期の肺癌。

残された日々、息子の永吉、フィアンセの会沢由佳、おかあちゃんの田村春子、それぞれの思いが交錯してゆくのです……。

本作では、久々に柄本明さんの楽しいお芝居を堪能できます。奥さん、田村春子役の、もたいまさこさんも適役です。

ロックバンドのボーカル、田村永吉を演じる松田龍平。モヒカン頭がごく普通に似合ってしまうのは、彼のとんがったキャラクターならでは、でしょう。

最後に、前田敦子さんについて、コメントしておきましょう。

本作の予告編を見たときから、僕は心の中で「あっちゃん、本当におめでとう」と念じておりました。

僕はAKBのファンです。

ただ、今までの前田さん出演の映画は、観るたびに心が痛みました。

というのも

「国民的アイドル」「元AKB」「絶対的エース」という「枕詞」が、必ず付いた状態での映画出演でした。

映画制作側としても、前田さんを使えば、それなりに興行収入が見込める、という目論見もあって、彼女をキャスティングしたのでしょう。

AKBを卒業してからの数年間、彼女にとっては、大変つらい映画出演だったと思います。

僕が感じるのは、彼女にとって何より大変だったのは、

「国民的アイドルグループ」「絶対的エース」「AKB」というあまりにも巨大な「バベルの塔」の頂上から、彼女は一旦

「ヒラの」「駆け出しの」「ぺーぺーの」女優さんの位置まで「わざわざ降りてくる作業」と労力が必要であったことです。

他の女優さんなら、こんな苦労はしなくていいんです。

僕が思うに、この数年の前田さんの映画出演は「頂上から地平に降りてくる作業」に他ならなかった、と思います。

そのとてもしんどい労苦は、とてつもない高みに登った人しか理解できない、大変な気苦労であったろうと思います。

本作を見て感じたのは、前田敦子という一人の新人女優は、ようやく、その「特別扱いされない」

ヒラの女優、の立ち位置まで「降りてくることに成功」したことです。

彼女は女優としての本当のスタートラインにようやく立てたのです。

今までご苦労様でした、と申し上げたい気分です。

本作で演じた妊婦役。

これもアイドル時代では考えられなかったことでしょう。

そういう意味では、今後の出演作が、いよいよ楽しみになってきました。

もっともっと、いろんな役に、存分にチャレンジしてみてください。

楽しみにしています。

**************

天見谷行人の独断と偏見による評価(各項目☆5点満点です)

物語 ☆☆☆

配役 ☆☆☆☆

演出 ☆☆☆☆

美術 ☆☆☆

音楽 ☆☆☆

総合評価 ☆☆☆

**********

作品データ

監督   沖田修一

主演   松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ

製作   2015年 

上映時間 125分

「モヒカン故郷に帰る」予告編映像


奥付



2016・5月号 映画に宛てたラブレター


http://p.booklog.jp/book/105912


著者 : 天見谷行人
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/mussesow/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/105912

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/105912



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

天見谷行人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について