閉じる


試し読みできます

一ページ

身体が重い重いと訪れた宿で

面白いジプシーの女がいた。

 

ジプシーはふてきに笑いながら、僕のそばに近寄った。

 

 

 

 


町の人にはお調子者で適当なことで
あしらって商売をしていたから、
僕にも良い印象はなかった。

 

 

 

だけど、僕の肩に触れた瞬間、女の顔は凶変した。

 


「ただちに、ほぐさなければいけない」

 

 


1
最終更新日 : 2016-03-22 03:09:27

試し読みできます

奥付

 

【2016-03-26】「私が触れた100人の記録」

おまけ・イメージストーリー「永遠の目の癒し」
http://p.booklog.jp/book/105521
 

著者 : 里穂さゆり
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/salonsayuri/profile
 
 

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/105521

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/105521
 

≪使用画像 ≫   
 

Freepik

 
アンティーク パブリックドメイン 画像素材

 
電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


5
最終更新日 : 2016-03-22 03:02:35

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格315円(税込)

読者登録

里穂さゆりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について