閉じる


購読する 現在、定期購読の募集を停止しています

<<最初から読む

3 / 6ページ

二ページ目

○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○
 
 
◾︎【触った時の印象】
 
まず、訴えの肩から触りましたが、
一番に固い場所は、首の筋肉でした。
 
肩中心でほぐしているとリラックスはあまりできず、
緊張状態を取ることに時間がかかりました。
 
少し細かく首を触っていくと、
耳の後ろまでしっかりかたくなっていたので、
『目からの疲れからの疲れ』の可能性を察知しました。  
 
それからすぐに目を意識した肩周りの施術に切り替えて、
リラックスを先ほどよりも早く促せました。
 
 
○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○
 
 
■【施術に効果があったポイント】
 
目の疲れを意識して施術したとき最も効果的だったことは、
「顎の力が入るときに緊張する筋肉」の固さを
リラックスしていくことでした。
 
目はどんなに疲れても、直接触れることはできません。
多くの方はうつ伏せで施術すると思います。
 
ですから、目と近しい顎の筋肉を背面から緩めようと意識したところ、
とても良い効果が出ました。
 
 
○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○
 
 
【主に施術した部位】
 
「上半身」は・・・
 
顎に力を入れた時に
緊張する首から肩(肩甲挙筋)と、
肩甲骨周りを中心に施術しました。
 
 
「下半身」は・・・
 
お尻の後ろ側の筋肉(仙骨)が温まるように、
お尻や太もも周りを優しく施術を行いました。
 
 
○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○
 

3
最終更新日 : 2016-03-22 01:11:24

三ページ目

ユーモア広告

 

    

レイキ&ボディ

SALONSAYURI

 

公式ぺージ

http://salonsayuri.info/

 

 

 

 

広告内容はイメージです。

 

 


4
最終更新日 : 2016-03-22 03:54:34

四ページ目

○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○∞○
 
 
「わたくしごとですが・・・」
 
これから何度もお伝えすると思いますが、
「お客様が訴えているのは二次的原因」が多いです。
 
それをイメージしてよく触れて施術したところ・・・・
 
・・・・・・・・
・・・・・・・・
 
※サンプル号はここまでとなります。
この先は定期購読されると読むことができます。
 

5
最終更新日 : 2016-03-22 01:09:43

おわりに。

サンプル号をお読みくださり、ありがとうございます。

定期購読されますと、毎月「第一水曜日」「第二水曜日」の配信を読むことができます。

 

これを機会に、セラピストの技術を高めて、深いマインマインドでスキルアップしながら施術をもっと楽しみましょう。

 

 

 

 

 

セラピスト専門マガジン「私が触れた100人の記録」
http://p.booklog.jp/book/105519

 

 

 


 著者 : さゆり
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/salonsayuri/profile
 
 
 
 
 
 

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/105519

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/105519
 

 ≪使用画像 ≫   
 

Freepik

 
アンティーク パブリックドメイン 画像素材

電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


6
最終更新日 : 2016-03-22 03:50:53

この本の内容は以上です。


読者登録

里穂さゆりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について