twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格750円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 有限会社アドバンテージ・メディア
価格 750円(税込)
タグ 異文化コミュニケーション海外滞在価値観異文化コミュニケーション逆カルチャーショック脱物質主義的価値観コスモポリタニズム
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 88ページ (Web閲覧)
50ページ (PDF)
試し読み:6ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
海外に在住後、一時的に帰国した日本人が感じる生活のしづらさや違和感を整理分析した。そして、なぜそのような感情を持つようになるのかを追求するために、海外で生活することによってより広く大きい視点から新しい世界観を獲得することによるとの仮説を立て実証しようと試みた。本研究は、研究1と研究2からなる。研究1では75の違和感を表す質問項目を、研究2では、研究1の違和感の原因となると仮説された新しい世界観に関する72の質問項目を掲出し、いずれも5段階評定法で回答を得た。そして、研究1と研究2の結果を統合し仮説を検証するための構造方程式モデルを作成したところ、適合度は極めて高く、最終的な従属変数の分散説明率もかなり良かった。それらの結果から、新世界観の形成度は異文化体験の度合いに応じて高くなり、その感覚から日本での生活のしづらさである違和感が生じていることが実証された。さらに海外に在住する日本人が受ける違和感は、日本社会の特徴の表出でもあることが明示され、今後の人と人との関係性や集団を考える上で重視すべきものであることが確認された。

この本には試し読みが 6 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる