twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー 作者 チカロウ(最遠寺近緒)
価格 400円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

11 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
153ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
『目がくらむほど見事なプラチナブロンド色の髪を、ヤンキー軍艦頭にした上、更にド派手なアロハを素肌に付けていた。オラ竜は、そんな異次元のファッションセンスに身を固めたキッチュなチンピラだった。』

 ニューハーフが主人公のスーパーアクションって小説の世界じゃ珍しいと思うんだよね。
 このニューハーフ、実は獣人っていうあたりがミソなんだけど、主人公の緒羅竜児は、獣人である自分を悲観して真人間に戻りたいと思ってるわけじゃなくて(と言うか弱い人間を馬鹿にしている)ただ、獣人化の果てに自分ではない「何か」に飲み込まれてしまう運命を否定してる奴なわけだ。
 要するに、獣人化を促す自分の内に燃えさかっている膨大な生命エネルギーを、自分自身で完全に制御したい、つまり「俺は俺にとっての神様なんだぜ!」っていう精神の持ち主がオラ竜っていうことなのね。
 とことん下品に書けば、永遠に続く射精感覚と絶対的な支配感覚を求めてる獣が、緒羅竜児ことオラ竜。
 引き裂き、食らいつき、飲み下し、背後から犯す生き物。
 しかし彼の行動原理は極めてシンプル、愛する者には不器用、共存できない他人とは常に一対一のサバイバル関係だけがあるのであって、その他の駆け引きは一切ない。
 考えてみれば、これ程、女装の似合うダンディな男もいないだろうと思う。
 今度の東南アジア某国の冒険では、ご自慢のヤンキーリーゼントでキメる機会も少なくて、地下迷宮をスーパービッチなスタイルで走り回っていたオラ竜だけど・・・いつかそのキンキンの軍艦頭を街で見せてくれよ、オラ竜。

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

もっとみる