閉じる


<<最初から読む

8 / 11ページ

ホームズは、ものすごい勢いで本棚に駆け寄ると本の背表紙を指差しながら、何かを探し始めた。やがて1冊の薄い雑誌を取り出すと、素早くページをめくり、あるページを見ると小さくうなった。そして満足げにうなずくと、本を元に戻し、今度はすべての本棚の背表紙をチェックしはじめた。膨大な量だったので、何時間かかるか分からないなと思い、私はいったん屋敷の外に出て、近くの駲(ふなつきば)などを、ぶらぶらと小一時間散策した。

戻ってみると、ホームズはまだ、本の背表紙を見ていた。

「やあ、ワトスン君。もう少しで終わるから、待ってくれたまえ。なあに、ちょっとした確認をしているだけだから」

「確認って、何をだね?」

「君もこの事件の報告書を読んだんだから、この学者が何を専門に研究していたか分かっているだろう?」

「ああ、ええと、何か動植物学者だったね」

「やれやれ、ワトスン君、相変わらず、君は目の前にある真実を、驚くほど見事に見逃すんだねえ」

ホームズは背表紙の調査を続けながら言った。

ホームズの皮肉には慣れっこなので、私はあっさり降参してみせた。

「すまない、専門用語で、よく分からなかったんだよ」

「この学者が主に研究していたのは、槞(ゴーヤ)蟐(クマムシ)だよ」

「えっ?何だって?」

私は聞き慣れない二つの単語に、思わず大きな声で聞き返した。

槞(ゴーヤ)蟐(クマムシ)さ。槞(ゴーヤ)はつる植物で、実は未熟なうちに採って食べるんだ。非常に苦いが健康には良いそうだよ。蟐(クマムシ)は1ミリ以下の微小生物だ。乾燥状態で飲まず食わずで数年放置しても、水分を与えると活動しだすという驚異の生き物さ」

まったくホームズの知識量ときたら、偏っているとはいえ底が知れない。

「うん、それで?」

「それで?」

ホームズは、しばらく黙った後、静かに立ち上がると、

 

「うん、この事件に関しては、君が真相にたどり着くのは難しいかも知れないね。まあ、あとは帰りの車の中で話そう。おい、通訳君、署長さんに事件は解決した。詳細はきちんと東京で政府の役人に言っておくから安心するように言ってくれたまえ」


そう言うと、さっさと部屋を出ていってしまった。残された警察署長は通訳の言葉を聞くと、慌ててホームズを追った。私も、後を追おうとすると、通訳の少年が話しかけて来た。

「あの人の言う事は、本当なんですか?本当にもう解決してしまったんですか?」

「ああ、彼がそう言うんだから間違いないよ。君も車の中で彼の話を聞くと良い。それにしても、君は素晴らしく上手に英語を使うねえ」

「ええ、いずれ海外に行きたいと思って勉強しているんです」

「そうか、偉いものだ。君のような若者がたくさん出てくれば、この国はあっと言う間にイギリスなんか追い越してしまうかも知れないねえ。ええと、君、名前は?」

「明智、明智小五郎と言います」

「そうか、明智君、がんばるんだよ」

私は、東洋の島国の少年を励ますと、いい気分で車に戻った。

「さあ、説明してもらおうか。何がどうなってるんだい?」

「うん、学者が槞(ゴーヤ)蟐(クマムシ)を研究していると言ったが、彼の蔵書をすべて見たが、殆どが蟐(クマムシ)のもので、槞(ゴーヤ)に関する文献は全体の1割にも満たなかった。ねえ、君、蟐(クマムシ)なんてものの研究は、そんなに多くはない。だが、あの蔵書の数。あそこには世界中の蟐(クマムシ)に関する文献が揃っていたと言っていい。東洋一、いや、あそこは世界一の蟐(クマムシ)図書館だったのだ。これは専門の研究者とはいえ、異常と言わざるをえない。もはや研究者と言うより偏愛者だ。偏愛はやがて同化に移行する。ある女優を愛するあまり自分が女優自身だと思い込む御婦人など、はいて捨てるほどいるだろう。かの学者先生は、自分が蟐(クマムシ)だと思い込んでしまったのさ」

「えっ?何だって?そんな馬鹿な。いや、そうだとして、何故窒息死なんか?」

「そこさ、今回調べたかったのは。君、蟐(クマムシ)が乾燥状態で飲まず食わずでも数年間平気だと話したろう。この生き物の驚くべき性質は、それだけではないんだ。なんと真空中で数日放置しても死なないのだよ。僕が探していたのは、その事を書いた論文だ」

「真空中でも死なないなんて、そんな生き物が本当にいるのかい?」

 

「ああ、事実さ。その論文は小さい科学雑誌に掲載された。僕が現場で見たかったのは、その雑誌がここにあるかどうかだったのさ。さすがにそれは報告書に書いてなかったからねえ。雑誌は、容易に見つかった。なにしろ、その論文を書いたのは僕なのだから。雑誌の背表紙も分かっていたからね。論文の所を開くと、何カ所もアンダーラインが引いてあったよ。そして論文の最後に赤い文字で『万歳!』と書いてあった。『万歳!』とは日本語の歓喜を意味する言葉だ」


「では、犯人は……、」

「犯人なんて存在しないのさ。彼は自分が蟐(クマムシ)だと信じ込んだ。だから呼吸なんかしなくても平気なはずだと思った。元々の学者魂から実験した。きっと彼は最後まで平気だと思って死んだのだろう。微笑みながらね」

車が横浜駅に着いた。明智少年がドアボーイのように、ホームズの降りるドアを開けた。

「うん、犯人はいないと言ったが、強いてあげれば、あんな論文を書いてしまった僕が犯人なのかも知れないねえ」

ホームズはそう言うと車を降り、大きく伸びをした。

私は、

「いや、そんな事はないさ。それにしてもこの国有数の学者が精神の平衡を失って、こんな事になるなんて、なんとも苦い結末だねえ」

と同じく、大きく伸びをした。

「苦い結末か。槞(ゴーヤ)だけに……」

明智少年が誰にともなくつぶやいた。

駅舎の上の青白い暃(まんげつ)が、無表情なホームズの横顔を照らしていた。

 

                                                                                                                            完

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

成仏!!チ〜〜ン。


奥付



幽霊文字を成仏させる


http://p.booklog.jp/book/105162


著者 : いたざわしじま
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/shijimaita/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/105162

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/105162



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

いたざわしじまさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について