閉じる


試し読みできます

もくじ

膝痛はハンディーマッサージャーでこんなに簡単に治る!

 

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●方 法

 

 

●膝を治していくと、おまけで良くなる症状


試し読みできます

のうがき

膝痛はハンディーマッサージャーでこんなに簡単に治る!

 

 

【のうがき】

 

●膝痛の原因は血行不良 

膝の軟骨がすり減っているために膝痛が治らない、変形性膝関節症と名前が付けられて、治らないと諦めている人、水が溜まるからと注射器で抜いてもらっている人、多くの人々が膝の痛みや症状で苦しんでいる。

痛み止めの注射、グルコサミンにヒアルロン酸と膝に良いと言われるモノはドンドン挿入するが、良くならないで、挙句の果ては人工関節を入れることに。

 

人工関節で歩けるようになれば良いが、返って酷くなった人も珍しくない。医師が病院が責任を取ってくれるならば、まだ救われるが、そんな手厚い保証は無い。

 

そもそも膝が痛くなる原因が、骨と骨がぶつかっているために痛みが生じるのだ、なんて考えが世間一般に浸透してしまっている。

医師を始め、健康食品や医薬品を販売する会社までが膝痛の原因は軟骨の擦り減り、骨と骨とがぶつかるためだと言い放ってしまっている。

すると、一般の人達も「そうなんだ!」と思い込んでしまうのはしかたがない。

だから、軟骨が出来なければ、骨と骨の間が広がらなければ治らないんだ!との概念が強く脳裏に叩き込まれてしまっている。

 

私も当初はその考えを信じていた。私自身の右膝もガクガクしたり、力が入らなかったり、階段で痛みが出たりしていた。

これは軟骨が無くなっているためだと、思い込んでしまっていた。

 

ある療法で膝を瞬間的に引っ張って痛みを解消する、なんてのもやってくれたりした。骨と骨の間を広げようとしてくれたんだろうか。

でも、そんなのでは治らない。

 

私はあくまで血流が悪いからだと信じるようになっていた。

それは、足指を揉むだけでも膝痛は楽になる。

足指に溜まった老廃物を取り去り、血流を促すだけである。

「股関節ゆるめ」だけでも膝が良くなってしまった患者さんを幾人も見てきた。

リファカラットでも良くなる人々もいた。

…。

ウォーキングだけでも良くなってしまった知人もいる。

 

そのような経験が、血流を上手く促せば治るんだ!と信じるようになった。

 

●たかが膝痛だけれど、膝が曲がらない、痛いがために椅子に座ったままで歩けなくなると、思うがままの生活が出来なくなり、寝たきりにもなる。

そんな人々も沢山見てきた。

一流と言われる整形外科医が治療しても治せないで、寝たきりになり亡くなってしまう。

とても悲しいし、残念である。

 

それは、進んでいると言われる西洋医学の限界なのである。

膝が悪くなる原因が間違っているから、腹立たしい結果になってしまうのである。

 

膝が痛くなってしまう確実な原因、それが判れば対処することは容易なのである。

 

●多くの人が持っている腰痛、坐骨神経痛は血流悪化の証拠(肩こりも)、だから膝痛も生じやすくなる。

椅子から立ち上がる時に、腰が、股関節が、太ももが、膝が、フクラハギが違和感を生じるのも血流悪化のサイン。

立ちっぱなしで脚等が違和感を覚える時もある。

 ハンディマッサージャーで撫でて取り去ればよい。

 

●運動での肉体的ストレス、生活の中での精神的なストレスを受けた時も撫でて血流を良くしておくことが痛みの無い膝のために大切。

 

●ハンディマッサージャーはソフトな振動の品物もあるが、強い振動の品が望ましい。

痛すぎるのも困るが、ゆるい振動では効かない場合が多い。

強弱を選べる品が使いやすい。

 

●運動して身体を動かす、筋トレして筋肉を大きくする、どちらも血流を促してくれる。

だから膝には良いとは断定できない。

それらをやり過ぎると疲労を生じて筋肉が硬くなり血流が悪くなる。

すると膝痛が出やすくなる。

 

例えば、膝周辺の筋肉は使わない上半身の筋トレなど肉体的ストレスでも、ハードに行えば下半身及び膝周辺の血流が悪くなり、膝痛を招きやすくなる。

 

また、精神的な強いストレスも血流を悪くするので膝痛を起こす原因になる。

 

肉体的及び精神的な強いストレスは膝痛を呼び起こす大きな原因なのである。

 

 

●膝が痛いからと、椅子に座りっぱなしの生活をしている人も少なくない。

股関節やお尻にも老廃物が溜まる、脚の筋肉を使わないので血流が悪くなる、だから益々膝が悪化していく。

立つ、動かす、歩くなど出来る範囲で血流を促すように努力する必要もある。

 

●この方法は、膝の痛みを始め、膝に力が入らない、膝周辺の部位や筋肉が痛い、膝が曲がらない、正座が出来ない、あぐらがかけない、階段が苦手等にも効果が高い。

 

●治す時は左右の片側に集中するほうが治りが早い。

両膝に痛みがある場合は、両側共撫でても効果はある。

 

●床に座れる場合は座る、ストレッチするなどして、痛みの出る箇所を探しながら関連筋肉を撫でていく。

いろんな座り方、或はストレッチをして痛む部位(筋肉)を撫でて血流を良くすることで痛みが改善する。

 

●膝が痛いからと安静にしているのは良くない。

動かせる範囲で動かして血流を良くすることが肝要。

脚だけでなく、体幹、腕は血流改善に大きく関与する。

いろんな角度、方向から動かすことが膝痛を良くするのに役立つ。

ジャズダンスや日本舞踊も良い、私の職業柄ではあるが拳法の突き、手刀打ち、肘打ちなど様々な技法も面白い。

車洗いやワックスがけ、お風呂洗い、お掃除も良い、とにかく膝に支障のなぃうに動かすことだ。

 

●ハードな筋トレはお勧めしない。

太ももを始め脚の筋肉を鍛えることもよくやる療法だが、ハードにやると筋肉を硬くしてしまい筋トレ後しばらくしてから後遺症が出やすくなる。(膝痛も出やすくなる)

体幹や腕の筋トレも同じだ。ハードにやると、やはり脚の筋肉に疲労が出て硬くなるからマイナスだ。

後遺症が出ても、うまく撫でてケアーすれば多少なりともマシにはなるが。

 

●疲労困憊も良くない

精神的、肉体的に疲れが酷いと、やはり血流が悪くなるので膝痛には良くない。

疲れた時は休養やハンディマッサージャーやストレッチで血流促進して全身の血流及び膝の血流を促しておくことが肝要である。

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について