閉じる


これでも現役ポスト


上野にある下町風俗資料館の前を、時々通りかかるのですが、先日、館の前にある丸ポストが使えるようになっているのに気が付きました。以前は、確か資料として展示してあり、「郵便物は入れられません」というような注意書きがあり、差し出し口もふさがれていました。いつの間に現役復帰したのか?
調べてみると、下町風俗資料館のサイトに、以下のような記述がありました。
『資料館の前に、展示資料として古い型の郵便ポストが、平成4年(1992)から設置されています。これは「一号丸型」という、23区内では6基だけ使用されているものです。この展示品のポストが、平成22年3月14日から利用できるようになりました!』
なんと、2年も前に復帰していたのです。何度も前を通りかかりながら見逃していました。


そして、そんな事より「23区内では6基だけ使用されているもの」というのが気になりました。
都下の小平市には37基の丸ポストがあり、「丸いポストのまち」として積極的にアピールしているのは知っていましたが、23区内だとたった6基しかないのか。それなら、全部見て回れるんじゃないだろうか?
調べてみると、6基の丸ポストは以下の場所にあると分かりました。

1)東急東横店簡易郵便局─渋谷区渋谷2-24-1(西舘10階) 
2)池袋西武簡易郵便局─豊島区南池袋1-28-1(本店7階) 
3)西友荻窪郵便局─杉並区上荻1-9-1(荻窪店7階) 
4)江戸東京博物館(前)─墨田区横網1-4-1
5)下町風俗資料館(前)─台東区上野公園2-1
6)柴又帝釈天(表参道)─葛飾区柴又7-10
6基はおおまかに2つに分けられます。
1、2、3はデパートの中の簡易郵便局にある。4、5、6は屋外である。
1、2、3に関しては、明らかに、元々あったわけではなく、ランドマークとか珍しい展示物的な目的も込みで設置されたものでしょう。
5も最初の下町風俗資料館サイトの記述通り、最初は展示物として設置されたものと思われます。
4も場所柄、展示物兼実用のものとして設置されたくさいです。
6だけは、なんとなく元々あったっぽい。
殆どが、古いものがそのまま残っているわけではないのが残念な気もしますが、せっかくなので、見て回る事にしました。
とはいえ、ただ見て回るのも何なので、そのポストからハガキを出す事にしました。
普通のハガキではなんだか物足りないので、こんなものを作りました。


オリジナル「一号丸型」郵便差出箱切手です。これを貼ったハガキ出すのなら、なんとなくやる気が出ます。
ちなみに、この50円切手はネットで注文でき、10枚を作るのに1400円かかりました。切手は500円、制作費400円、送料500円。送料高過ぎじゃないかと思うので、再考して欲しいところです。


順番にハガキを出しに行ってみましょう。
一応、基本としては、ハガキとポストのツーショットと、ハガキを入れる瞬間を撮る事にしました


1)東急東横店簡易郵便局─渋谷区渋谷2-24-1(西舘10階) 
ありました。



読者登録

いたざわしじまさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について