閉じる


<<最初から読む

8 / 33ページ

 

栗原隆治の死亡原因は、心不全による心停止と判断され、病死として処理された。この病死に関しては一切の疑問は生じなかったが、彼が、覚せい剤取引にかかわっていた疑いがあったことから、沢富刑事は、任意の事情聴取として娘の栗原美緒と面会し、死亡発見時の様子を聞きだすことにした。2月20日()、沢富刑事は、美緒と午前11時にマック前原店の窓際の席で待ち合わせをした。

 

 

 

 美緒は、いつもは、土曜日に父親の面会に行っていたが、2月11日()は、建国記念日の祭日だったため、面会に行った。その日の午後2時ごろ、面会から帰るとき、浅黒い顔の刑事が病院のロビーで顔をしかめて婦長と話しているのを垣間見た。刑事とは、そのときのたった一度の面識だったが、マック入り口横のカウンターから窓際を一瞥して、浅黒い顔の男性があのときの刑事だと即座に分かった。

 

 

 

美緒は、オレンジジュースをカウンターで購入し、カップを右手に持って、窓からぼんやりと国道202を見つめている刑事に近づいた。「刑事さんですね、お待たせしました」刑事は、声の方向に振り向いた。刑事は、必死に作った笑顔で声をかけた。「あ、美緒さん、お待ちしていました。どうぞ」刑事は、即座に立ち上がり、自分の前の席の椅子を引いて、背が低くかわいい美緒に笑顔を送った。美緒も笑顔を返し、腰掛けた。

 


 

席に戻った刑事は、ちょっと間を置いて、話しかけた。「突然のことで、困惑されたでしょう。婦長に聞いたんですが、お父さんの病状は、安定してらっしゃったみたいです。それなのに。なんか、僕が行ったためにあんなことになったんじゃないかと思って、申し訳ないです。ごめんなさい」刑事は、できる限り下手に出て、刑事への警戒心を解くことにした。

 

 

 

 美緒は、刑事のへりくだった態度に面食ってしまった。「そんな~、刑事さんのせいじゃありません。父は、病気で亡くなったんです。心臓が弱っているって、先生がおっしゃっていました。刑事さん、そんなに気にしないでください」刑事は、さらにへりくだった態度で話し始めた。「そういっていただくと、気が楽になります。でも、本当に、病死であれば、問題なにのですが、ちょっと、気になる点があるもので」

 

 

 

 美緒は、刑事が言わんとすることがまったく分からなかった。単なる病死に過ぎないのに刑事が気になると言うことは、父に何か隠されたことがあるのではないかと勘ぐった。「父は、心不全による病死じゃないんですか?刑事さん」刑事は、ちょっと間をおいて話し始めた。「いや、病死には、間違いないはずです。主治医も、はっきりと心不全による心停止と言っています。ただ、美緒さんが第一発見者ですから、もし、よければ、その日のことを、できるだけ詳しく話していただけませんか?」

 


 

美緒は、あの日のことをできる限り具体的に思いだそうとした。「あの日は、バレンタインデーで、父にチョコレートを持っていきました。当然、食べさせるためでなく、いつも、バレンタインデーのときは、父にチョコレートをあげるんです。あ、そう~、3階でエレベーターを降りて、廊下の角を曲がった時、主治医と婦長さんに出くわしました。お二人は、びっくりされて、一瞬立ち止まられました。私も、ぶつかるかと思い立ち止まり、ちょこんと挨拶してすれ違いました。

 

 

 

それから、角から二つ目の父の病室のドアを2回ノックして入りました。病室には、誰もいませんでした。あ、でも、ほんのり甘い香水の匂いがしました。婦長の香水の匂いじゃないかと思いました。確か~、部屋に入った時刻は、確か、7時ちょっと過ぎだったと思います。そして、父親の寝顔を見て、部屋の隅においてある丸椅子をベッドの横に持ってきて、腰掛けました」

 

 

 

 美緒は、あのときのことを必死に思い出していた。刑事は、真剣な眼差しで、メモ帳に一言も漏らさず記入していた。「なるほど、できれば、もう少しゆっくり、話してもらっていいですか?それと、面会には、いつも、何曜日に、行かれてましたか?」美緒は、目をキョロキョロさせて話し始めた。「いつも、土曜日です。日曜日に行ったのは、初めてです。その日は、バレンタインデーと日曜日が、偶然、重なっただけです」

 


 

刑事は、話を促した。「そうですか。それでは、病室に入られてからの話をしてください」美緒は、人差し指を右ほほに当て、首をかしげながら話し始めた。「丸椅子に腰掛けて、そして、ショルダーバッグからウイスキーチョコを取り出しました。父は、糖尿病だったので、チョコレートは、いつも、ちょっとかじる程度でした。チョコを手に持って、父に声をかけました。大好きなウイスキーチョコ、もって来たよ、って」

 

 

 

 刑事は、目を輝かせて、話に聞き入っていた。「よくわかります。この調子で、頼みます」美緒は、傾げた顔をひょいと持ち上げて、上目づかいで話し始めた。「声をかけると、たまには、まぶたをちょっと開けることはあるんですが、その日は、無表情でした。チョコを枕の右横に置きました。ぐっすり、寝ているみたいでした。いつものことなんですけど、面会にやってきたときは、父の体を拭いてあげるんです。浴衣を開いて、タオルで肩のほうから、胸、お腹、股間、脚と拭いていきました」

 

 

 

 刑事は、小刻みにうなずいた。「なるほど。体を拭かれて、突然、胸騒ぎが起きて、緊急ボタンを押されたのですね」美緒は、大きくうなずいた。「そうです。何か、いつもと皮膚の感触が違っていました。それで、ほほを父の口元に当てたんです。まったく、鼻息の感触が無かったんです。もしかして、と思い、緊急ボタンを押しました」刑事は、メモ帳をじっと見つめ、質問した。

 


 

「そうですか。最初に病室に飛び込んできたのは、誰でしたか?」美緒は、一度うなずき答えた。「主治医です。後を追うように、すぐに、婦長がやってきました」刑事は、腕組みをして、窓から国道を流れる車を眺めた。振り向くと、さらに尋ねた。「美緒さんは、お父さんの体を拭いているときに、何か、ちょっとしたことでもいいんですが、気になるようなことは、なかったですか?どんな、ささいなことでもいいんです。どうです?」

 

 

 

 美緒は、しばらく黙っていた。ちょっと気になったことがあったが、口に出して言うのが恥ずかしくて、言い出せなかった。刑事は、紅潮した顔から、何かを思い出したに違いないと直感した。「美緒さん、何か、気になることが、あったんじゃないですか?何でもいいんです、話してください」美緒は、うつむいて黙っていたが、思い切って話すことにした。顔を紅潮させた美緒は、恥ずかしそうに話し始めた。「あります。いつもと、あの時だけは、ちょっと違いました」

 

 

 

 刑事は、固唾を呑んでじっと美緒の顔を見つめた。そして、大きく目を見開き尋ねた。「思い切って話してください。その、違ったことを」美緒は、一度うなずき、話し始めた。「あの、それが、あそこの先から白いものが出ていました。それで、ウェットティッシュでふき取りました」美緒の顔は真っ赤になっていた。刑事は、眉間にしわを寄せ、質問した。「きっと、それは精液だと思います。そうだとすれば、浴衣にもついていたでしょう」

 



読者登録

サーファーヒカルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について