twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー , 学園・青春・友情 作者 サーファーヒカル
価格 無料
タグ 心不全年の差植物人間人体実験隠蔽工作覚せい剤取引
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 33ページ (Web閲覧)
34ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
沢富刑事シリーズ④美緒の父親栗原隆治が、クモ膜下出血で倒れ、植物人間となった。主治医は、美緒の生活費と治療費を病院が負担することを条件に、彼を長期間にわたり人体実験することの承諾を得た。そのころ、覚せい剤所持で逮捕されていたYの供述から、栗原が、覚せい剤の取引にかかわっていたのではないかとの疑いが起きた。そこで、沢富刑事は、N総合病院に出向いた。面会を拒絶され、やむなく引き返したが、三日後に栗原は病死した。栗原の心不全による病死には、何一つ問題はなかったが、美緒の供述の中に、不自然な点が一つだけ発見された。栗原は、たんなる病死なのか?それと、主治医による殺害なのか?

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる