twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 その他 作者 喜早天海
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

44 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 41ページ (Web閲覧)
57ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
日本の統治下で、日本人として育った
台湾人の楊 素秋さん。

台湾がかつて日本の植民地であったことも
忘れられつつある昨今。

台湾においてどのような教育を日本が行って
いたかを知ることで、凛とした日本人の姿が
浮かび上がってくるかもしれません。

「楊 素秋さんの証言」

私は修身の時間がとても好きでした。


一週間に一回の授業でしたけど、先生が本を読んでくれたり、
紙芝居を見せてくれたりして、偉人伝に基づく訓話を
たくさんしてもらいました。

例えば、楠木正成、二宮金次郎、宮本武蔵、吉田松陰、明治天皇、
野口英世、乃木希典と挙げればきりがないくらい。


これらの人物が艱難辛苦を乗り越えて立派な人に
なったという話を聞くたびに、感動してファイトが
湧いてきました。


それからよく覚えているのが、ある時担任の先生が
黒板いっぱいに大きな字で「公」と書いて、
そのすぐそばに「私」という字を
小さく書かれたんです。

何を説明しようとしたのか、お分かりになりますか?


──「私」というのを なるべく小さくして、
  「公」のために生きなさいということでしょうか。


そうです。これがすなわち修身であると。

私事は小さくするのが国民の誉れであり、
それが国家と国民のあるべき精神だ
と教えていただいたんですよ。


それからもう一つ挙げるとすれば「教育勅語」ですね。

この中には「人間とは何ぞや」
「人間の果たすべき責任とは何であるか」
についての教えが説かれているでしょう。

人間の道理と学ぶべきことを これほどまでに凝縮したものを、
後にも先にも私は見たことがありません。

(上記文章は雑誌『到知』2016年3月号より引用しました)


楊さんたち日本語族の人たちが称賛する「修身」とはどんな教科書を
用いていたのを紹介していきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧