閉じる


はじめに

 

 

口述         石田ハツノ (文中、私と表現しています)

聞き取りと筆記   孫のyae-mon  ()内はyae-monの注釈

 

 

私(ハツノ)の近しきご先祖には、それはまれにしか見ない人徳者が居りました。
その第一の人は、私の祖父・梁吉でありました。
世の中には、自分のためだけに生きている多くの人と、 自分のことはさて置き、 人のために生きている少数の人が居るようです。
祖父は、後の部類の人であり、その難しい仕事を、 人一倍すぐれた知恵で実現していった人でした。
私にとって、このような人を先祖にもっていることがどれほど誇りになり、 どれほど勇気づけられたかわかりません。


祖父は、「はっちゃんよ。
人間は一代のうちにどんな事も有るだろうけれども、 その日の日暮しもできん貧乏人になったとしても、 心だけは落ちぶれるなよ」と言われたことがありました。


私の人生は、確かにその日暮しにも事欠く、どん底の一生になりましたが、 心だけはきれいなままで過ごしてきたことを、 今になって誇らしく思っています。
祖父は、あまり笑うことをしない威厳ある風貌の人でしたが、 こちらから何かを聞いたら、大概のことは教えてくれました。
従兄兄弟の誰もあえて聞こうとはしなかったから、 いま祖父のしてきた事について知っているのは、 自分だけになってしまいました。
祖父は、名を池田梁吉と申します。
以前、テレビのNHKでやっていた大河ドラマ 「西郷隆盛 (翔ぶが如く) 」に出てくる大久保利通 (鹿賀丈史) のような威厳のある風貌をしていました。
写真が割合普及していた頃だったのですが、祖父は写真を撮られると 魂を抜かれると信じていたので、一枚の写真も残っていません。
有るのは、妻のたけ祖母と伯父、伯母がともに映っているときのものだけ。
それで、大久保利通がテレビに映るつど、 いつしか娘時代の思い出に耽ってしまいました。
ドラマの筋は、そのつどわからなくなりましたが。

 


ご先祖のこと

 

私はむかし人間のためか、どうしても誇らしくなるのは、池田家の家柄です。
姫路城主であった池田輝正公の御曹子が、 福山城にご養子として迎えられたとき、 若様のお守役として随行したのが、 わが池田家の先祖であるといいます。
若様が備後藩福山城主となられてから、 この家は城代家老職を代々勤めて、 明治維新まで続きました。
輝正公と同じ姓であることは、 多分に本家分家の関係であったかも知れませんが、 時のご先祖の幾代かの名とともに、今は霧の中です。


私は、最近になってその場所を調べてみたところ、明治時代になって 鉄道が敷かれたことにより、城が駅に切り取られてしまったため、 城代家老の屋敷は今の福山駅の中ほどになることがわかりました。
城代家老は、明治には黒金屋という屋号を持つ商人となりました。
今でも登城する石段の先に、黒金御門という城門がありますが、 これは黒金屋が寄進したものといいます。
私は先祖のした功業を前に、しばらく佇んでいました。


池田梁吉のそのまた祖父は、その家柄の分家筋でありました。
明治維新以前に武士階級を嫌っていち早く平民となり、 備後は沼隈郡、千年村の庄屋となりました。
つい私の代まで、城を守ってきた者の子孫すべてに対して、 先祖代々の系図に調印させるようなこともありましたが、 実際に調印したのは祖父の代までだったようです。


次は池田梁吉のそのまた祖父にまつわる話です。
庄屋になっていくらか後の天保年間に大飢饉が起こり、 天保六年にその頂点を迎えました。
この飢饉は、天保の大飢饉として知られるもので、 金が有っても食べ物が手に入らず、 金の入った布袋を首に掛けたまま行き倒れる人が、巷に溢れたといいます。
このとき、農村部で裕福なのは米蔵に多くの米を貯えた庄屋だけで、 普通の百姓家が口にできるものはほとんどありませんでした。
このため、庄屋邸の焼き討ち事件が日本全土で起こったといいます。
だが、先代の祖父は、庄屋の一般に似合わず、 すでに飢饉が始まった頃から、千年村の百姓家の暮らしぶりをみて、 それに応じて蔵の貯えを村民に分け与えていました。
特にこの天保六年ばかりは、飢饉の度合いがきわめてひどかったので、 貯えをすべて取り崩し、米一俵、麦一俵を一家の割りで村中に配り、 「普段は、引き割り粥(米、麦、その他を臼で轢いて粉にして お粥にしたもの)を作り、祭りの時だけ米を食べて、 今年一年を何とか繋いでおくれ」とまで言い渡していました。
このため、千年村内での騒動はありませんでした。


ところが、沼隈郡の各所で発生した焼き討ちは、 千年村にも及んできました。
竹槍や筵を手にした徒党が、まっしぐらに 梁吉の祖父の屋敷目掛けてやってきたのです。
ところが、尋常ではないことが起きたものです。
焼き討ちのあることをいち早く知った村の衆が、竹槍などを手にして 庄屋邸を背に取り巻いて、やってきた徒党を逆に説得したのです。
こうして事件は何事もなく済んだのでした。
沼隈郡十六ケ村のうち、焼き討ちを免れたのは 二ケ村だけだったといいます。


事はそればかりではありません。
村の衆は、それからというもの毎年のように総出で、 先代の広い田の田植え、稲刈りなどの農作業を手伝ってくれ、 その恩返しは梁吉の代に至る明治以降にまで及んだのです。
世代が替わっても、恩義を忘れず行なわれていた 総出の手伝いを見て心苦しく思った梁吉祖父は、 「わずか数年の、それも当たり前のことでした恩に、 何十年も報いてくれているのでは申し訳ない」と言って、広い田畑を売り、 かわりに七山と七艚の黒船(3,4人乗りの帆船。当時はそのように呼んでいたようである)を買い、 それをもとに海運事業を始めました。


私の父、神原国助は、若い頃からこのときの一艚の船に乗り、 船長として台湾の高尾やキールンから朝鮮の釜山まで、 石材を運搬しました。
(電子本・「幽霊船」はこのときにあった実話です)

その後、尾道と大阪の間を行き来するようになり、私が十五才頃には、 船乗り二人が徴兵に取られたために、父とともに海に出て仕事をしました。
私は船室甲板の掃除、炊事、食料や水の買い出し、 船乗りのする帆かけ、舵取りまで一通りをこなしました。


さて、池田梁吉のもとに嫁にきたのが、たけ祖母です。
この人は、三原藩の槍一筋の家柄の娘で、 かつては「たけや姫」と呼ばれていました。
お嫁にきた当初、台所の女中さんが 「若奥様、今夜は何のおかずにしましょうか」と聞くと、 「よきにはからいなさい」と答えられたので、 近所でも評判になったといいます。
お姫様だったので、炊事を一切しなかったのだそうです。
私には、常に上品で優しいお祖母様だったと思い出されます。
正月二日には、色紙の短冊に歌を書き、 欄間の額の中に、もみじに鹿の刺繍などを施されました。


私は、この梁吉夫妻に、生まれてから五才になる頃まで育てられました。
というのは、私が生まれてすぐに、父の国助が腸チフスに罹り、 再発を繰り返して、数年に及ぶ隔離生活を余儀なくされたからです。
私が兄弟、従兄のだれよりも可愛がられたのは、おしめの取り替えから ご飯の世話までしてもらった機縁によるところが大きいようです。
私は、その祖父と祖母に手を引かれて、近くのお寺にしばしば 説法を聞きにいきました。
この時の周りの景色の思い出や、 よくわからなかったにせよ、仏様の話などを聞いてきた美しい思い出が 三つ子の心として残り、その後のおおかたの難渋に満ちた人生を、 愚れたり投げやりになったりしないで過ごせたように思います。

(電子本・「たつえおばあさん」は、はつの祖母から聞いた仏様の話を基にしています)

 


幼児時代

 

父国助と母ユキは、結婚したのですが、一年も経たないうちに離婚して、母は実家である千年村大越に帰ってきて、私を生みました。
私の誕生日は、いま戸籍上では明治三十六年の 八月二十二日となっていますが、 本当は旧暦の五月二十二日だと聞かされました。
しかも、最初は、伯父の直吉の三女として届けられていました。
当時は運勢学上の問題とか、早死にを案じてのゆえに、 出生日の後送りがよくなされたらしいのですが、 私の場合は夫婦間のごたごたが最大の原因だったでしょうし、 また母からすれば、私はそう大事な人間ではなかったからかも知れません。
その後、まわりのとりなしで、父母は復縁しました。
その経緯は私もよくわかりませんが、父の国助がその頃腸チフスに罹り、 再発を繰り返して、都合二年の隔離を含む入院生活を送った際に、 母は付き添っていたと聞きます。
そうしたことのため、私は祖父母に、 生まれてから五つになるまで育てられました。
この時のことは、幸せだったせいかよく憶えていません。


父が退院すると、私は祖父の手元を離れ、 一つ離れた浦崎村高尾の実家に帰りました。
私は、知る由もないことですが、すでに二才になる章という弟があり、 母は自分の体が弱かったので、おぶって守りをするよう命じました。
そんなに弟と背丈が違うわけでもないので弟の足が地をすり、 あまりの重さに私の脚もふらつきましたが、一生懸命に頑張りました。
転けて泣かそうものなら、母は怒鳴りつけたあげく、 ひどく叩きなさったからです。
弟の子守は、毎日朝から日が暮れるまで続きました。
そのためか、私の背は人並みに伸びなかったようです。


また、早朝には牛追いの仕事がありました。
家で耕作用の牛を一頭飼っていて、 それに食事させるのが、朝起きなりからの仕事でした。
どれほどの背丈もないわずか五、六才の頃のこと、 裏山に追っていく途中で、牛は立ち止まって勝手に道草を食べるので、それを前に進めるために、 手綱で自分の頭よりも高いところにある牛のお尻を叩いていきました。
山と山の間の谷にある草地で牛に食べさせている間、 私は木登りをしました。
松の木に登ると、枝の上に鳥の糞などを土にして知らない草が咲き、 たくさんの米粒ほどの実をつけていました。
牛は草を食べて満足でも、まだ私は朝飯前で空腹だったため、 取って食べてみると、不思議な美味しい味がしたので、 たくさん食べたのを憶えています。

 


浦崎の小学校時代

 

明治四十三年の春、私は浦崎村の尋常小学校に入学しました。
それは、辛い子守の仕事から解放されることであり、 子供ならではの自由を満喫できた幸せな時期でした。
小学一、二年の頃、明治天皇のご病気平癒のため、毎日のように 学校から1キロほど離れた住吉神社に、二列の隊列をつくり詣でました。
天皇様には申し訳ないですが、何が良い悪いの 区別もつかぬ時期だったので、たいへん楽しいことでした。
学校とは何と良いものかと思ったことでしょう。


休みの日になると、私はしばしば二里離れた梁吉祖父の住む 千年村大越に行きました。
祖父の畑や裏山で取れる季節に応じた野菜や果物、 木の実などを取らせてもらっていましたが、 あるとき、それらの取れる時期を聞いてくるように、使い走りを母から言い付かることがありました。
道すがらの道脇に小さいが早い水の流れがあって、 その土手を蟻の行列が長い列を作っていました。
ふと足を止め、それをぼおっと見ているうちに、 自分が何の使いをしているのか忘れてしまったのです。
大越に着いたら、祖母が林檎や上菓子を出してもてなしてくれました。
そして、いろんな話をして楽しいときを過ごしましたが、 いざ何の用事で来たか思い出そうとすると、蟻の行列が思い浮かぶだけで、 とうとうそのまま大越をあとにしてしまいました。

家に帰り、母に首尾を報告する段になり、 「私は何を聞いてきたらよかったんでしょう」と覚悟を決めて言うと、 母は「何のためにいっとったんだ」と怒鳴るや、 台所から割り木を持ってきて背中を散々叩きました。
それ以来、使い走りの用件を忘れた試しはありません。


また、この頃、梁吉祖父の父である保助大祖父が、よく遊んでくれました。
保助大祖父もまた、先代の人徳を引き継いだ人でした。
私が帰るときになると、私を母の家の見えるところまで 送ってくれるのがしばしばでした。
あるときなど、私は大祖父と歩いているうちに眠たくなって、 道端にしゃがみこんで寝てしまいます。


大祖父は、「おお、眠うなったか。わしがおぶって行ってやろう」と、 私をおぶって、いつものところまで来ると、

「はっちゃんや。さあ着いたで、ここからは自分で帰りなさい」 と起こしてくれました。
大越は本当に居心地が良かった。
帰りがけに雨が降ったりすると、 梁吉祖父は翌朝帰るように言ってくれました。
それが時には、二日後になることもありましたが、こうしたときにも 祖父が母あての伝言を家人に持たせますと、母は何も怒りませんでした。
母も祖父を誇りにしていたから、決して逆らわなかったのです。
今の方なら、どうして祖父に母のきつい仕打ちを打ち明けて、 諌めてもらわないのかと言われるかも知れません。
でも、その家に居るものが、その家の恥を世間に曝すというようなことは、 その当時どこにも例がありませんでしたし、 また母とはそういう厳しいものだとも思っておりました。

 


藤江の小学校時代

 

大正元年、私が小学三年の時に、父の仕事の都合で隣村の藤江村前の浜に家を建てて移りました。
父は、今度は藤江のハトから尾道通いの渡海をやりだしたのです。
船の名前はハト丸といい、毎朝大勢の人を乗せて尾道へ出航します。
私は、家から五百米ほどある藤江村小学校に転入しました。
母は、前の年に生まれた弟、忠の産後の日立ちが悪く、 ひどい喘息の病になって、春の木の芽立ち、 秋の草枯れどきには何ヵ月間も何もできませんでした。
そこで、私が炊事、洗濯、食べごしらえをしました。


また、弟の忠は乳飲み子ゆえ仕方ないとしても、 章の面倒は私の責任となり、学校に連れていくこととなりました。
私は二人が並んで座る長椅子長机の、 隣の子との間に弟の章を置いて勉強しました。
そんなことをしていたのは私だけでしたが、 級友のだれもからかったり不平を言うものはなく、 先生がたも普通と変わらぬ授業をして下さいました。
中でも校長先生は、弟と私をよく授業の合間に やさしくいたわって下さいました。


大正天皇の御大典に、日本全国が賑わったころのことです。
天皇の御神影が小学校に配布になり、講堂の宝安殿に安置されました。
それを祝して祭りが催され、小学校の運動場で、大勢の人が集まり、 磯節の踊りの輪ができたのです。
私もこの時、紫のちりめんで頬冠りして踊っていました。
ところが、突然私の振り上げた両手を そのまま掴んで放さない人がいたのです。
振りほどこうと思っても、私の力ではどうしようもなく、 ふと見ると、それは校長先生でした。
しばらくそんな状態が続いたので、周りの人は気付いて見ます。
恥ずかしいことでした。
後になって思うと、校長先生はいろんな方法で私の存在を 引き立たせようとしていたことがわかります。
私が家庭の事情で苦労をしていることが解っておられたからでしょう。


私は運動神経だけは達者でした。
運動会の走りでは、たいがい一等賞をとり、 賞品として鉛筆一ダースや半紙一束(百枚)をもらいました。
実力もあるにはありましたが、裏話がないわけでもなく、 運動場を一周する競争では、いつでもいちばん内側に並びました。
この仕掛けを見破った藤本トラさんや神谷さんやらが、 「神原さんはいつも内側からスタートして、ずるいです」と 校長先生に噛み付いたのでしたが、そのつど先生は 「いちばん小さいんじゃで、辛抱したれ」と不平分子をかわして下さいました。
私は、運動会の賞品もそうでしたが、祖父からお年玉として半紙を一束 頂いたりもしました。
でも、それらすべて母に取り上げられてしまい、 そのくせ書き方の時間のある日には、 半紙一枚しか都合してもらえなかったのです。
他の子等は、書き直しがきくよう何枚も予備を持ってきていたのですが。


授業では、一つの手本が課題として出されました。
時間内に手本にできるだけ近い上手な作品を提出すればよかったので、 一枚で足りるといえば足りるのですが、 まだ小さな子供にとって、難しいことではなかったでしょうか。
このため図らずも、私には手本どおりに間違わず書く癖がつき、 常に書き方では一番の成績となったのです。
学芸会でも、書き方の模範生の発表の場があり、 講堂のいちばん前の教壇の前に座って、 硯と半紙を前にして筆を取って、実地に書いて見せました。
何が幸いするかわからないものです。
誇らしいことでした。


ただ、授業中に使う鉛筆だけは困りました。
小さくちびて2センチぐらいになっても、かぶせを接いで使わされました。
間違って芯を折って帰ったりしたら、どんなことになったか。
私は学級委員長などにはならなかったけれど、 いろんな事で先生方には印象深かったのでしょう。
学芸会では、主役を演じることが多く、とくに木曽義仲の育ての親、 斉藤実盛役は私にとって忘れられない思い出です。
小さい頃はとかくいろんな脱線や失敗をしたものですが、 とくに印象深かったことを二つ挙げましょう。

 



読者登録

奥人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について