閉じる


試し読みできます

もくじ

原田式 就寝時の足先の冷え解消、座っている時の足先冷えも…

 

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●方 法


試し読みできます

のうがき

原田式 就寝時の足先の冷え解消、座っている時の足先冷えも…

 

 

【のうがき】

 

 

●就寝時に寝床に入ったが足先が足裏が冷たくて眠られない、と言う人は多い。

「足が冷たい」と副交感神経が働かないので、眠りにくいのである。

足が暖かくなると自然に副交感神経も高まり、眠りやすくなる。

副交感神経が高まると自然治癒力や免疫力も増し、筋肉や関節をゆるめたり、悪い細胞をやっつけたり、悪い菌やウイルスもやっつけて身体を正常な状態に近づけてくれる。

眠ることはとても大切な健康法なのである。(寝てばかりはダメなのは勿論のこと)

 

 

●椅子に座って仕事をしたり、テレビを見たりして過ごす時間も現代人は多い。

座っていると、足先が冷たくて仕方がないという人も多い。ストレスフルなことをしていれば足は更に冷たくなる。

便秘、下痢、腹部膨満感などの腸の不調や肩こり、腰痛、膝痛、疲れ目などの不具合の原因にもなる。

「足が冷たい」は、全身の血流が悪いことを教えてくれている黄色信号なんだが。

だから自分の弱い箇所に不具合が生じやすくなってしまう。

それが腸であったり、腰であったり、肩や膝など、あるいは目であったりして、それらに不具合が生じるのである。

 

血流が悪い状態だから疲れやすい、しんどい、元気が無い、機嫌が悪いなどとなってしまう。

すると弱者に苦言を言ったり、いじめたり、なんてことも生じやすいのでは?

 

 

●「足が冷たい」のはどこかで血流が止められているからなんだが、それを解消すれば血流は改善され足の冷たさも改善される。

例えば、足指をしっかり揉めば、足先の血流が良くなり、足は暖かくなる。だが、足指をしっかり揉むのはとても面倒だ。それに良い状態が持続している時間が短い。

 

 

●もっと根本的に血流を止めている箇所があるはずだと考えていた。

最近、ハンディーマッサージャーで撫ぜて180度開脚や速く走れる、痛み等の症状改善などが面白いと実践しているうちに、ある部位を撫ぜると、それらの効果が大きいことが判ってきた。

短時間で身体が暖まるし(寒い時期なのに、汗がしたたり落ちる場合もあった)足裏も暖まる、足指が曲がりやすくなり足指の力が良く入る、などの効果を指摘されるようになっていた。

これは明らかに足指までの血流が良くなっていることを示していた。

 

 

●ある部位は血流アップに大きな能力を持っている。

だが、疲れやストレスなどで委縮、硬直し血流アップの能力を失っていると考えるようになった。

就寝時に、それを改善すべく寝方をすると、足が数分で暖まる、とても早い暖まりかただった。

 

これを椅子に座っている時にも応用すると、やはり足は暖まり、原稿書きや運転時にも多用するようになった。

お陰で、膝の痛みや目の疲れも非常にラクになっている。

 

 

●寝ている時、座っている時に出来るという事は立っている時にも実践できる療法である。

元々は立っている時に実践していたんだが、大した効果は判らなかった。

だが、最近は膝の調子、目の調子が改善するのが判るので、方法を改善して立っている時にも多用している。

足脚が重いと感じた時も、立っていても直ぐに実践できて解消出来るから助かる。

このように、こまめに出来るのもとても有難い。不調を感じたら直ぐに改善してしまう。重い症状に至らなぬ前に治癒してしまうのである。

 

私の場合は、ハンディマッサージャーやボールで股関節ゆるめ等も実践しているので、膝や目も調子良くなっているのでは?とも考えるが。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について