閉じる


<<最初から読む

9 / 17ページ

無意味に据える夢と目標

 

人生に意味はない。
毎日に意味はない。
考えれば考えるほど
その想いが強くなってくる。
長く考えてしまうほど
深く考えてしまうほど
その想いが強くなってくる。


人生の
無意味さから少しでも逃げるために
毎日の
無意味さと正面から向き合うために
人はを探して描く。
人は目標を持って進む。


人生は無意味だとしても
毎日は無意味だとしても
を探し描くことを通じて
目標を持ち進むことを通じて
人生に 自分なりの意味を宿すことはできる。
毎日に 自分なりの意味を宿すことはできる。


人生に意味はない。
毎日に意味はない。
考えれば考えるほど
長く考えてしまうほど
深く考えてしまうほど
その想いが
強くなってくるからこそ
の輪郭をはっきりとさせる。
目標の濃度をたかめていく。



人生に欠かせない
スパイスやエッセンス
となり得る。


目標
人生に欠かせない
メロディーやストーリーと
なり得る。


人生にどれだけの意味を
毎日にどれだけの意味を
自分なりの意味を宿せるかどうか。


を探して 
を描くことを通じて
喜々として 自分なりの人生の意味を。


目標持って 
目標に進むことを通じて
嬉々として 自分なりの毎日の意味を。

 


 

< 参考 >

『 半径5メートルの野望 』

2015/1/9  講談社

 


  

【 初出 】
無意味に据える夢と目標
2015年09月07日   
http://positivepoetrypossible.blog.jp/archives/42229137.html  

 


変新だぜ

 

変えようぜ 
まだまだ遅くはない



変えようぜ
まだまだ腐っちゃいない



考えすぎることなく 
迷いすぎることなく
今を この今を 
もっとフラットに もっと柔軟に



生きようぜ 
まだまだ枯れちゃいない



生きようぜ 
まだまだ終わっちゃいない



君に向けて 
誰かに向けて 
自分自身に向けて
歌っている
描いている
作っている
奏でている 
今日も続けている



変えたくて 
とにかく変えたくて



変えたくて 
少しでも 
一つでも 変えたくて



ワイルドだぜ
野心がなくても



ワイルドだぜ
野生を忘れても



落ち込みすぎることなく 
振り返りすぎることなく
今を この今を 
もっとフラットに もっと柔軟に



生きようぜ 
変えようぜ
まだまだ遅くはない



変えようぜ
生きようぜ 
まだまだ消えちゃいない



日々、意識して変身だぜ
日々、無意識に変身だぜ



一瞬一瞬、意識の先で変新だぜ
一瞬一瞬、無意識の中で変新だぜ

 


 

< 参考 >

スギちゃん

http://www.sunmusic.org/profile/sugichan.html

 


 

初出 】
変新だぜ
2015年09月15日   
http://positivepoetrypossible.blog.jp/archives/42975262.html

 


未完成な 実存な 不完全な 延長

 

僕は まだ ここにいる
君は まだ ここにいる
皆は まだ ここにいる



ふと思い出す 当たり前のこと
ふと思い出す ごく当たり前のこと
ふと思い出す 当たり前ではないということ



捨てたもんじゃないと
まだまだ捨てたもんじゃないと



これだけで 
これだけのことで
ただ、思い出すだけのことで



流れていく一瞬一瞬で
精一杯 何かを刻み残したくて
精一杯 誰かを抱きしめたくて



ああでもない 
そうでもない
こうでもない 
冒険家の心はざわめく
発明家の心はざわめく
芸術家の心はざわめく



浸る感傷まで 
次なる観賞へ つなげていくサイクル

浸る感傷まで 
次なる感動へ つなげていくサイクル



最悪のすぐ近くに
最高があることを知っている



最低と思えることも 
最高になり得ることを覚えている



最狂のすぐ近くに
最強があることを知っている 



最凶と思えることも 
最強になり得ることを覚えている



不思議なくらい 
自然に 回って 巡って 繰り返していく



何もかもが敵になることだってある
何もかもが愛になることだってある



人生だから 未完成でなんぼ
社会だから 不完全でなんぼ


時間をくれよ 未来
俺にもう少し 時間をくれよ 未来



感性をくれよ 現在
俺にもう少し 感性をくれよ 現在



運命をくれよ 世界
俺にもう少し 運命をくれよ 世界



いつまでも 僕らは 
嘆き笑いながら そんな身勝手を 延長していく

どこまでも 僕らは 
泣き笑いながら そんな自由さを 延長していく



僕がいなくなっても
君がいなくなっても
誰がいなくなっても
世界は続いていく 
ちゃんと続いていく



少し さびしいけれど
少し むなしいけれど



だからこそと 
この人生を真剣に 
生きていこうとも想える



だからこそと 
この世界を真剣に 
愛していこうとも想える

 


 

< 参考 >
the telephones
「 Something Good 」
https://www.youtube.com/watch?v=K4KNS0xuLb0

 


  

【 初出 】
未完成な 実存な 不完全な 延長
2015年10月19日    
http://positivepoetrypossible.blog.jp/archives/45776468.html  

 


怖くて 恥ずかしくて 良い

 

怖くていい
恥ずかしくていい




怖くてもいい
恥ずかしくてもいい




怖がりながらでもいい
恥ずかしながらでもいい




怖がりのままでもいい
恥ずかしがりのままでもいい




怖がり屋のままでもいい
恥ずかしがり屋のままでもいい




怖くていい
怖くてもいい
怖がりながらでもいい
怖がりのままでもいい
怖がり屋のままでもいい




恥ずかしくていい
恥ずかしくてもいい
恥ずかしながらでもいい
恥ずかしがりのままでもいい
恥ずかしがり屋のままでもいい




怖くていい
怖いのは悪いことじゃない




恥ずかしくていい
恥ずかしいのは悪いことじゃない




怖くていい
怖くても良い




恥ずかしくていい
恥ずかしくても良い

 


 

【 初出 】        
怖くて 恥ずかしくて 良い
2015年11月12日
http://positivepoetrypossible.blog.jp/archives/47591496.html

 


延々とできる季節から 永遠にできない季節へ

 

延々と吸収できると
思い込めるうちは
若さを自覚しなくても
若さを体現していける少年。



永遠に吸収できないと
気づき始めてからは
限界が明確になくても
限界の尊さを実感していく男性。



誰にもある
誰にもあった
誰にもあるだろう
延々と
吸収できると
思い込める季節。



誰にもある
誰にもあった
誰にもあるだろう
永遠に
吸収できないと
気づき始める季節。

 

延々と放出できると
思い込めるうちは
蒼さを自覚しなくても
蒼さを表現していける少女。



永遠に放出できないと
気づき始めてからは
限界が明確になくても
限界の尊さを実感していく女性。



僕にもある
僕にもあった
僕にもあるだろう
延々と
放出できると
思い込める季節。



君にもある
君にもあった
君にもあるだろう
永遠に
放出できないと
気づき始める季節。

 

延々と吸収できると思い込める季節から
永遠に吸収できないと気づき始める季節へ。
永遠に
吸収できなくても構わないと想える季節へ。


延々と放出できると思い込める季節から
永遠に放出できないと気づき始める季節へ。
永遠に
放出できなくても構わないと想える季節へ。

 

僕にもある
僕にもあった
僕にもあるだろう



君にもある
君にもあった
君にもあるだろう



誰にもある
誰にもあった
誰にもあるだろう



永遠に吸収できなくても大丈夫と想える季節。
永遠に
放出できなくても大丈夫と想える季節。

 


  

【 初出 】
延々とできる季節から 永遠にできない季節へ
2015年12月06日
http://positivepoetrypossible.blog.jp/archives/49571675.html

 



読者登録

komasen333さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について