閉じる


運命の岐路(わかれみち)

―現か夢か定かにはあらねど、彼(か)の桜、桜下で微睡みて見る夢は

 すべて真となるといふ。即ち、其の者の願いを叶えるものなり。彼の桜をいつの世からか名付けて

 霞み桜といふ。―

 

 

 運命の岐路(わかれみち)

 

 その日、久々に一味に頭目からの招集がかかった。さして広くはない荒れ寺の堂内は十数人はいる仲閒たちが一同に会せば、それだけではや身じろぎするのも難しくなる。
 その場に満ちた静寂にはどこか高揚感さえ孕んでいる。期待に満ちた一同の眼を一人一人、しっかりと見つめ返しながら、小柄な男が朗々と響き渡る声で沈黙を破った。
「皆、久方ぶりだったな」
 対して、皆は頷くばかりで、余計な声を発する者は一人としていない。
「前(さき)のお勤めから数えて丸々二年という月日が経った。そろそろ次の仕事に掛かる潮時ではなかろうかと思い、今日は皆にこうして集まって貰ったというわけだ」
 男は年の頃は五十ほど、見るからに痩せて身の丈も低く、身体つきだけすれば、けして威圧感などない。だが、その鋭い光を放つ双眸や隙のない身のこなし、聞く者に有無を言わさぬような低い声、すべてが支配者だけが持つ雰囲気を兼ね備えている。
「お頭」
「お頭」
 一味の中から感に堪えたような声が洩れた。
「あっしはこの二年という日々がもどかしくてなりませんでしたぜ。たかだか奉行所の詮議が厳しくなったからといって、泣く子も黙る〝般若の喜助〟一味が借りてきた猫のようになりを潜めちまったんじゃア、お頭の名が廃るっていうもんだ」
 声を発したのは、最前列にいた初老の男だった。〝お頭〟と呼ばれた小柄な男とほぼ同年配に見える。その男に〝お頭〟が鋭い一瞥をくれた。
「そういうわけにはゆかねえ」
 視線だけで射殺せそうな眼を向けられ、男が息を呑んだ。〝お頭〟はその男からさっと眼を背け、また一同を見渡す。
「俺は手下の者二十一人の生命を預かってる身だ。狩られると判りきっている危ねえ勝負にうかうかと出られるはずがねえ」
 もっともなひと言に、男も押し黙り軽く頭を下げた。
「申し訳ねえ。どうも久々のお勤めだと聞いて、気が逸って口が滑っちまったようで」
 〝お頭〟がフッと笑み、その細い眼を和ませた。
「いや、徳市の言葉は一味の大方の者が考えてきたことには違えねえ。だからこそ、俺もここいらで奉行所に〝般若〟の一味はいまだに健在だってことを示してやりたいと思ったのよ」
「やりやしょう、お頭」
 後方から比較的若い声が上がり、それに呼応するかのように〝お頭〟が頷く。先ほどの徳市が腕組みをして問いかけた。
「で、お頭。二年ぶりにお頭が眼を付けた先はどこですかい?」
 〝お頭〟がすぐ脇に控える若い男に目顔で合図した。
 〝般若の喜助〟一味はかれこれもう二十年余り前から江戸ばかりか、その周辺から果ては上方まで名を知られた大盗賊の一味である。押し込みに入れば女は犯し放題、一家は主人から果ては奉公人まで皆殺しという悪質非道な盗っ人一味が多い中、喜助一味はまだマシな方だといえた。
 盗みに入るときは頭領の喜助は人相を知られないように般若面を被っているため、いつしか、この名で呼ばれるようになった。
 一応、一味の掟としては〝殺さず犯さず〟を建前にしてはいるものの、実際に盗みに入れば綺麗事だけでは済まない場合も少なくはなかった。押し込みに入った時点ですべての者に目隠し猿轡をするが、顔を見られてしまった者はやむなく口封じのために殺すこともあった。
 決起に逸った若い連中が眉目の良いお店(たな)のお嬢さまを数人がかりで手籠めにしたこともある。頭の喜助がその顛末を知ったのは事後、さんざん蹂躙された娘が舌をかみ切って果てた後のことだった。もちろん、数人の若い者たちはそれ相応の〝仕置き〟を受けることにはなったが―。
 どれだけ気を付けていても、そういったことが数度に一度はある。盗賊稼業といえども、二十人もの大所帯を率いてゆくのはそれなりに気を遣うことだった。
 この喜助一味にはさしもの江戸町奉行所も手を焼いてきた。何しろ厳重な包囲網を見事なまでの鮮やかさでかいくぐり、次々と押し込みを成功させてゆくのだ。しかも、江戸はむろん、府外にまで行動範囲は渡っている。
 奉行所が躍起になればなるほど、喜助一味は嘲笑うかのような巧みさで出現し、眼を付けたお店(たな)からビタ銭一文残さず盗み出して、まんまと逃げた。その神出鬼没ぶりのために、罠を仕掛けることもできず、ただ喜助一味が次々と鮮やかな手並みで盗みを働いてゆくのをおめおめと見ているしかない。


 喜助が標的に選んだのはすべて江戸でも名の知れた錚々たる大店ばかりだった。
 ところが、数年前から、さしもの喜助一味にも強敵が現れた。北町奉行として新たに赴任した北山源五泰典という男がなかなかの傑物だったのである。北町奉行を数年務める前は勘定奉行も歴任したという源五はこの時、三十代の壮年で、英邁の聞こえの高い人物だった。しかも知略に富むばかりか、剛胆なもののふとしても有名な男だ。
 源五は南町と結託して用意周到な包囲網を江戸の随所にしいた。喜助一味同様、名を馳せた盗っ人一味が次々と源五にお縄にされ、獄門に送られた。その有様を重く見た喜助は二年前、今日のように手下一同を集め、
―しばらくお勤めは休む。各々、繋ぎがあるまでは身を潜めて暮らせ。
 と命を下したのだ。
 その時、ここにいた仲閒は総勢二十六人。二年の間に病を得て亡くなった者、これまでの盗っ人稼業から足を洗い堅気に戻った者もいる。怖じ気づいたのか連絡も寄越さず蓄電した者もいた。
 地方で暮らしているため江戸に出てくるのに時間がかかり、今日、間に合わない者は数に含めて占めて二十一人が二年ぶりに集まった。
 喜助は一味を抜けたいと願い出た者にはそれなりの温情を示してやった。引き止めることもなければ、口封じのために殺すこともない。幾ばくかの餞別と共に
―達者で暮らすんだぞ。もう二度と、盗っ人なんかになるんじゃない。
 そのひと言で足抜けを許してやった。
 今回、喜助が二年ぶりに招集をかけたのは、北山源五が病に伏したという報を得たからだ。病に取り憑かれた源五は早々に老中まで辞職願いを出しているというが、源五の奉行としての器を惜しんだ老中がいまだに辞職届を受け容れず、保留にしているそうだ。
 確かに、源五は数々の名の知れた大盗っ人をお縄にしてきた。あれだけの男は敵ながらあっぱれ、なかなか出るものではない。老中が源五を慰留しているのも判らぬ話ではない。
 が、所詮は盗賊と町奉行、敵同士だ。憎き源五が病とやらの中にと、喜助は二年ぶりについに沈黙を破り各地に散らばった手下どもに招集をかけたのであった。
「久々のお勤めだと思やア、血が沸き立ちまさぁ。お頭、それで、お頭が見込んだお店はどこですかい?」
 徳市が少し焦れた口調で再度訊ねるのに、喜助から目顔で促された若い男が静かに応えた。
「押し込み先は中町の呉服太物問屋美濃屋」
 徳市がホウと溜息をついた。
「美濃屋か、そいつたはまた大物だな」
 美濃屋といえば、かつては江戸城大奥出入りの御用商人を務めたこともある老舗にして大店である。その暮らしは下手な田舎大名などよりよほど豪勢だと専らの評判になるほどであった。
 若い男の後を引き取るように、喜助が続けた。
「今回は結衣(ゆい)を引き込みとして美濃屋に入れる」
 そのひと言に、あちこちからどよめきが洩れた。徳市がそれらの声を代弁するかのように言う。
「だが、お頭。お結衣坊はこれが初めての仕事だぜ? 美濃屋といえば相当の大店だ、初めての引き込みを入れて大丈夫なのかい?」
 美濃屋ほどの大身ともなれば当然ながら奉行所も警戒しているのではと暗に告げたのだが、喜助は不敵な笑みを浮かべた。
「何の、結衣は儂の娘として物心つく前から盗っ人の仕事を見て育った娘だ。たとえ引き込みを務めるのは初めてでも、その点はぬかりなくやる。案ずるな、徳市」
「まあ、お頭がそう言いなさるなら」
 徳市はそれでもまだ不満げな表情だ。そして、その頭領喜助の片腕たる徳市の言い分は手下たちの気持ちを反映しているようでもあった。残りの手下たちは年格好はまちまちだが、皆、あからさまに不満や落胆を浮かべている。
「まあ、皆の不安な気持ちも判るが、今回は結衣の初仕事をとくと見てやってくれ。何しろ儂が手塩にかけて仕込んだ娘だ」
 喜助の宥めるような科白に、徳市が肩を竦めた。
「お頭、それにしてもよくお結衣坊に引き込みをさせる気になったな。これまでは、あの娘は一切盗賊稼業に拘わらせる気はないと言い切っていなさったじゃねえか」
 その指摘に、喜助は言い訳めいたことはいわず、ただ静かに笑ってるだけだ。
「あれがどうでも、おとっつぁんの役に立ちたいとせっつくものでな。あれを今回の引き込みにすると決めてからは、色々と引き込みのいろはをたたき込んでやったさ」


 最後にそう言う喜助の顔は奉行所の役人も身構えるという凄腕の盗っ人というよりは、娘が可愛くてならない父親のものだ。徳市が頷いた。
「まあ、お結衣坊にはあっしからもそれとなく教えてやりまさぁ。お勤めは引き込みが上手くやるかどうかで大方は決まってくる」
「ああ、それは心強い。よろしく頼むよ」
 喜助のそのひと言で、二年ぶりの顔合わせは締めくくられた。
 
 暑い。結衣はただ座っているだけでも、うなじを流れ落ちる汗に知らず眉をしかめた。
 その時、気まぐれな風が庭をさっと吹き抜けた。初夏というには遅すぎる季節の生温(なまぬる)い風だ。風が軒につり下げた風鈴と釣りしのぶをかすかに揺らし、ついでに庭の紫陽花も揺らしてゆく。
 風は母親が慈愛をこめて赤児をあやすかのようにゆったりと静かに紫陽花を撫でて通り過ぎた。
 結衣は母親の顔を見たことがない。―というよりも、母親というものがどんなものなのかも知らない。結衣の父は喜助といい、表向きは江戸の町外れで小さな仏具屋「大仏や」を営んでいる。表向きというのは喜助の本業が仏具屋ではないからだ。
 あろうことか、喜助は「般若の喜助」という二つ名を持つ盗っ人であり、その一味は公方さまのお膝元だけでなく関東周辺から上方までに名を馳せる盗っ人集団だ。
 今は水無月下旬とて、初夏にはまだ殆ど色づいてさえいなかった紫陽花はほぼ真っ青に染め上がっている。
 ここ数日、江戸は梅雨の最中の陰気な曇り空が続いている。周囲の景色すべてが鈍色に塗り込められたかのような中、海色に染まった紫陽花がやけに眩しく眼を射るようだ。
 結衣は喜助の実の娘ではなかった。喜助自身は詳しいことは語りたがらなかったけれど、喜助の長年の友でもあり相談役でもある徳市がひそかに教えてくれたことだ。
 もちろん、喜助の実子ではないというのは結衣も喜助から教えられて知っていた。ただ、自分の実親というものがどんな人であったか知りたいという願いは物心ついてから片時も離れず、徳市ならば知っているのではとしつこくせがんだ。
 徳市は最初は頑として応えなかったが、結衣があまりにも拝み倒すものだから、
―俺がお結衣坊に教えたと知ったら、お頭に殺されちまうぜ。
 と、言いつつも内緒で教えてくれた。
 結衣は過ぎる日、喜助が押し込みに入った先の商家の主人夫婦の娘であったという。徳市の話によれば、結衣は江戸の生まれではないということになる。生まれは大坂のそこそこ羽振りの良かった乾物問屋の娘だった。
 そこの主人夫婦はまだ若く、そのときも昂ぶった若い衆が色白で美貌の内儀に乱暴を働いてしまった。良人である主人は女房が眼前で陵辱されるのを見かね抵抗するものだから、とうに殺されていた。
 その側でまだ生後半年ほどの赤ン坊が泣き喚いていた。数人がかりで内儀を輪姦した後、彼らは赤児を殺そうとした。そこで喜助が事態に気づき駆けつけたが時は遅かった。
 彼が駆けつけた時、若い衆の一人が今にも匕首(あいくち)を赤児に向かって振り上げようとしているところで、その傍らにはさんざん弄ばれた末、殺された内儀が骸(むくろ)となって転がっていた。
―止めなっ。
 喜助は鋭い声を投げ、匕首を持った若い手下の横面を張り倒した。
―何で、こんなに酷ぇことをした?
 内儀を犯すだけならまだしも、殺すとは許し難い所業だった。喜助は無様に転がった手下を続け様に殴った。
―お前ら、何てことをしやがる。
 続けて駆けつけた徳市が荒い息を吐きながら、怯える他の若い手下三人を次々に殴った。
―行け、貴様らのような屑を配下に置いておく気はねえ。どこに行くなり好きにしろ。
 〝お頭〟、〝お頭〟と若い者たちは次々に哀れっぽい声を出したが、徳市が凄んだ。
―手前ら、生命を取られねえだけまだありがてえと思え。お頭の気が変わらねえ中にとっとと出ていくんだ。
 その剣幕に、四人は這々の体で逃げていった。喜助はいまだ泣いている頑是無い赤児をそっと拾い上げた。尋常ならぬその場の空気を悟ったかのように、赤ン坊は顔を真っ赤にして泣いている。
―済まねえな、お前をててなし子、母なし子にしちまった。
 喜助が赤ん坊の頭(つむり)を怖々とした手で撫でた。それが、結衣と喜助が父娘の縁(えにし)を結んだ馴れ初めであったという。
 喜助はその時、女房を持っているわけでもなく、子を育てたこともなかった。そんな男が罪滅ぼしからか、不器用な手つきで赤児の襁褓(むつき)を替え、薄粥を食べさせ、赤児を育て始めた。いつしか赤児から両親を奪った罪滅ぼしから始まった繋がりは真実の親子にも勝るとも劣らないものになった。


 結衣は今年、十六になった。押し込みに入った当時の若い衆が劣情を抑えられなかったほど美貌であった母親に似て、雪膚の肌理(きめ)が細かい匂い立つような美少女になった。喜助はこの一人娘を溺愛していると言って良い。
―結衣には盗っ人稼業には一切拘わらせねえ。
 と、宣言し、現に言葉通り、愛娘には盗っ人仕事のことは殆ど語ったこともない。それでも、門前の小僧何とやらで、結衣は成長するにつれて自然に盗賊稼業がどんなものかを大方は知ることとなった。
 結衣に喜助への恨みはなかった。徳市から自分が喜助に引き取られることになった経緯を聞いても、不思議と憎しみの心は湧かなかった。徳市の話では、喜助が結衣の両親殺しに直接関わっているわけではない。
 むしろ、母親に続いて殺されそうになった自分を救ってくれたことに恩さえ感じていた。喜助がいなければ、自分は手籠めにされた母親の後を追っていたろう。結衣という名も他ならぬ喜助が付けてくれたものだし、結衣自身もたいそう気に入っている。
 元々は生みの親がつけた別の名があったことは確かだけれど、その名を知りたいとも名乗りたいとも願ったことは一度もなかった。
 今も昔も結衣の父はこの世にたった一人、喜助だけだ。紫陽花を見ながら、とりとめもない物想いに耽っていたときだった。
「ここにいたのか」
 低い声にいざなわれるように、結衣は振り向いた。
「嘉助兄さん」
 嘉助は徳市に続く一味での実力者だ。喜助一味には頭領はむろん喜助と決まっているが、副頭領というのは存在しない。決まってはいないが、暗黙の中に〝副頭領〟格だと手下たちが認めている者が二人いる。一人が喜助の若い時分からの盟友であり、懐刀である徳市、今一人が七つのときに喜助に拾われた嘉助である。
 嘉助は行き倒れていた旅の巡礼女の側で泣いていたところ、徳市が見つけて連れ帰ってきた。どうやら、その行き倒れていた女は嘉助の母親だったようである。嘉助は喜助にとっては間違いなく息子同然でもあるのだが、何故か、喜助は嘉助を養子とはしなかった。どれだけ可愛がっても、結衣のように娘だとは名乗らせず、あくまでも手下の一人として扱った。
 喜助のその意図は直に判った。嘉助は拾ってきたときから聡い子どもで、喜助を歓ばせた。喜助はこの将来見込みのある子どもを娘に婿として娶せ一味を継がせようと目論んでいたのだ。
 結衣は十三になった年、嘉助ともども喜助に呼ばれて、この話を聞かされた。
―お前はどう思う?
 話の終わり、喜助に訊かれ、結衣は正直に首を振った。
―私はまだ判らない。嘉助兄ちゃんのこと、ずっと兄ちゃんだと思ってたし。
 裏腹に嘉助は男にしてはやや白い頬を紅潮させ、喜助を真っすぐに見上げて頷いた。
―俺は願ってもねえ話だと思ってます。
 もし結衣と一味を自分に託して貰えるなら、自分にできるだけのことはしたいとも述べた。更に、
―結衣が俺のことをまだ兄としてしか見られねえというなら、俺は男として受け容れて貰えるようになるまで待ちます。
 とも、告げた。
―二人ともまだ若い。この話はお前らがもうちっとこの話を具体的に考えられるようになった数年先まで置いておこう。
 喜助はあっさりと言い、二度とその話を蒸し返すことはなく日は過ぎた。
 嘉助は約束を律儀に守り続けている。二人の関係は嘉助が十九、結衣が十六になった今も兄と妹のような状態から何ら変わらない。
 そう、結衣にとって嘉助は〝頼りになって優しい兄ちゃ〟だった。嘉助が七つで家で暮らすようになってから、ずっと見守り続けてくれた兄だった。その認識は三年前に嘉助が独り立ちした今も変わらない。
 現在、嘉助は近くの裏店で一人住まいしている。それは結衣との間に祝言の話が出た時、嘉助の方から〝俺なりにけじめをつけたい〟と申し出たことだ。
「お頭は何を考えてるんだ?」
 嘉助は結衣の側に来て座り、胡座をかいた。二人の間の距離は微妙に空いている。そう、三年前、喜助が祝言の話を持ち出して以来、嘉助は結衣に対して一定の距離を保って接するようになった。
 結衣はそれが淋しくてならない。結衣には嘉助はいつまでも頼もしい大好きな兄だったのに、嘉助は祝言話からこっち、結衣の眼をまともに見ることさえなくなった。大好きな兄が急に遠い存在になったようで、もどかしい。
 以前はこうやって並ぶときは、すぐ隣に座っていたのに。


 喜助が表向き営んでいる仏具屋「大仏や」は小体な店だ。表店ではあるけれど、構えも店内も狭く、人が数人も入れば一杯になるほど。狭い店内に喜助の几帳面な性格を示すかのように整然と様々な仏具が並んでいる。
 見かけどおり家の中も狭く、どちらかといえば京の町家のように縦長い作りになっていて、庭はここ一つ、坪庭と呼ばれるような狭い庭があるきりだ。それでも喜助はここに四季の様々な草木花を植え、丹精してきた。
「それは、どういう意味?」
 結衣は嘉助に物問いたげなまなざしを向ける。昨夜、二年ぶりに喜助一味の手下が町外れの荒れ寺に集まったことは徳市から聞いて知っている。そこはいつも一味が集まる場所として使っている塒(ねぐら)だった。
 結衣の視線を受けた刹那、真面目一方の嘉助の頬にかすかに血が上ったのに結衣は気付かない。嘉助は狼狽えたように眼を伏せ、それから小さく首を振った。
「今度のお勤めはお前が引き込みの役を務めると聞いた」
 結衣は頷いた。
「ええ、そのとおりよ。それがどうしたの?」
 嘉助の声がやや高くなる。
「だが、お前。お頭はこれまで結衣には裏の稼業のことには一切拘わらせねえと言いなすっていたのに」
 嘉助は建前上は、大仏やの使用人、手代ということになっている。徳市は番頭だ。手下の中で大黒やの奉公人となっているのはこの二人だけで、後はそれぞれ表向きの生業(なりわい)を持って普段はその仕事に従事している。
 喜助がいかに二人を信頼しているかが判るというものである。常々、喜助は結衣だけは堅気のまま生涯をまっとうさせたいと口癖のように言い続けてきた。嘉助にしてみれば、三年前、結衣と一味を託すと言われたのは即ち、結衣を女房とし「大仏や」の婿養子となることだと思い込んだのも無理はない。
 むろん、その裏には「般若」の一味を率いる跡目となることも含まれていただろうが、それは女房となる結衣とは一切切り離して考えることだと―少なくともこれまでの喜助のふるまいからはそう判断すべきだった。
 喜助は結衣を引き取ってからこれまで、一度たりとも「般若」と拘わらせたことはおろか、盗みの話も極力避けてきたのだ。一人の父親として愛娘には堅気の生涯をまっとうさせたい、その心根は至極真っ当に思えた。
 いかに名を馳せようと、盗っ人は所詮盗っ人、ひとたびお縄になれば獄門は免れない。喜助が掌中の玉と愛でる結衣にそんな酷い道を歩ませるはずはなかった。
 一味の誰もが―徳市でさえ―結衣は生涯、喜助の裏の稼業とは一切関わりなく過ごしてゆくものだと信じ込んでいた矢先の出来事だった。
 結衣はゆるりと振り向いた。
「兄さんは私が美濃屋へ引き込みに入ることを言っているのね」
 嘉助はかすかに頷いた。
「当たり前じゃないか。これまで一度も引き込みなんぞしたことのないお前がよりにもよって美濃屋ほどの大身代に入るだなんて、俺には無茶だとしか思えない」
 結衣は嘉助を真正面から見た。
「兄さんは私が何もできない素人娘だと思っている?」
 嘉助が眉根を寄せた。ほどほどに整った容姿の彼は物静かな質ではあるが、なかなからに若い娘にはモテる。
「当たり前だろう。結衣は事実、そのとおり、お頭のお勤めとは無縁に過ごしてきた。いや、俺はそれで良かったとむしろ思っているんだぜ、流石はお頭だ、先々のことまでちゃんと考えてなさると俺は安心していたんだがよ」
「私がおとっつぁんに頼んだのよ」
 結衣の言葉に、嘉助が一瞬、息を呑んだ。
「昨夜、お頭もそんなことを言いなすっていたが、あれは真実だったのかい?」
「当たり前でしょ。おとっつぁんが嘘を言うはずがないわ」
 嘉助は額に手をやり唸った。
「そういう問題ではないよ。しかし、何でお頭が結衣の我が儘をあっさり許したのかも皆目合点がゆかねえな」
 そこで、結衣の声もまなざしも尖る。
「失礼ね。私が単なる我が儘で引き込みになりたいだなんて言い出すと思ってるのね、兄さんは。私を見くびらないでちょうだい。これでも般若の喜助の娘よ」
 嘉助が苦笑した。
「いや、それは俺が言い過ぎた。でもよ、結衣。考えてもみな。お前は確かにお頭の娘には違えねえが、生まれてこの方十六年もの間、盗っ人稼業とは一切無縁で育ってきた。それがお頭の願いでもあったはずだ。つまり、お前は盗みに関してはまったくの素人ということだ、そんなお前がいきなり美濃屋を相手にするほどの大仕事に加わるなんざ、正気の沙汰とも思えねえ」
「つまり、私が引き込み役では役不足ということなのね?」



読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について