閉じる


<<最初から読む

26 / 42ページ

何か、いるかな?

またとある日、今日は雨だった。

ウ「雨は嫌。」

ウサギはココアをひとくち飲んではテーブルに突っ伏し、ひとくち飲んでは突っ伏しを繰り返していた。

ウ「雨でも何かいるのかな?」

急に好奇心が湧いたウサギは、不意に立ち上がり、家のドアをバーンと開けて、雨の中をタカタカと走り出した。

 

 

 


雨でもピューッ。

いつもの時間、いつもの山道。雨で少し滑りやすくなっていたがウサギは上手に走っていた。いつもの山の頂上。何かは座っていなかった。ウサギは、とりあえず近くに落ちていた枝を踏んでみた。

バキッ!

何かは現れない。

 

 


しょぼん。

ウ「何かも雨は嫌いなのかな・・・。」

ウサギは雨の中で、なんとなく何かを待っていた。強い雨ではなかったが、ウサギは上から下まで雨で濡れてしまっていた。

ウ「お腹減った・・・。」

走る元気もなく、とぼとぼと山の頂上を去ろうとするウサギ。前方不注意で本日二度目の枝を踏む。

バキッ!

何か「やあ!」

ウ「!?」

 



今日もいるかい?

びっくりして振り返ると傘をさした何かが立っていた。

ウ「あ・・・。」

何か「ふふ・・今日は雨だから座って食べられないけど、おにぎりいるかい?」

黙ってうなずくウサギ。何かはゆっくり布袋からおにぎりを出して、ウサギに優しく渡した。

何か「今日はオカカを入れてみたんだ。おうちで食べてね。」

ウサギはまた黙ってうなずき、雨で濡れてしまわないように両手で大事におにぎりを抱える。

 


 


はい・・・傘。

何か「はい。」

何かがウサギに傘をわたそうとする。

ウサギは傘を初めて見るが、なんとなくそれは雨を避けるための物で、なんとなく、それをウサギに渡してしまったら、何かが雨に濡れてしまうことがわかった。

ウ「濡れちゃうよ。」

何か「家にもう一本あるし、すぐそこだから。」

何かはわりと強引にウサギに傘を渡す。

何か「じゃあ、またね。」

タカタカと走り去ろうとする何か。

 




読者登録

ジェニュイン黒田さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について