閉じる


<<最初から読む

22 / 42ページ

そこに枝あるよ。

何かがウサギにどう声をかけようか迷っていたら、

ウ「大きい枝そこにあるよ。」

ウサギは親切に教えてくれた。

何か「ふふっ。」

何かは少し笑って、

バキッ!

大きめの枝を踏み抜いた。

ウ「やあっ!」

何か「ふふっ。こんにちは。」

何かはウサギのすぐ隣に腰かけた。

 

 


じゃーん!

何かはゆっくりと布袋からおにぎりを出す。

何か「今日もおにぎりふたつ持ってるんだ。一緒に食べよう。」

ウ「じゃーん!」

肩にかけている水筒をすごい勢いで見せるウサギ。たまらず何かはひっくり返りそうになる。

何か「なんだい?」

ウ「ココア!」

ウサギの目はキラキラと輝いている。

 

 


ごくごくココア。

何か「ココア・・・。」

ウ「知ってる?ココア。うんと甘いやつ。」

ウサギの目の輝きは増すばかり。

何か「うん・・・。本で読んだことはあるけど、飲んだことはないな。」

ウサギは持ってきたマグカップにそーっとココアを注ぐ。

ウ「あい!」

ウサギこぼさないように、でも元気よくマグカップを何かに渡す。

何か「ありがとう。」

何かはひとくちココアを飲む。

何か「甘いねぇ。」

ウ「うふふふ。甘いねぇ。」

何かはとにかくキラキラしているウサギを見ながら、ココアの甘さに幸せな気持ちになっていった。

 


おにぎりむぐむぐ。

何か「今日は2つともシャケにしてきたんだ。」

ウ「シャケ・・・。」

何か「うん、おいしいよ。」

何かは優しくウサギにおにぎりを渡す。

ウサギは躊躇なくおりぎりをパクリとほおばる。相変わらず、地味だけど、どこか優しくて元気の出る味だった。

ウ「ふむむ。」

ウサギの2口目はおにぎりの中のシャケに到達した。シャケの塩気はお米の優しい甘みを引き立て、ウサギに十分な旨味を与えてくれた。

ウ「おいしいね。」

何か「おいしいね。」

二羽はゆっくりとおにぎりを味わって、幸せな時間を過ごした。

何か「もう行くね。」

ウ「うん・・・ありがとう。」

何か「ありがとうね。」

何かはウサギに向かって小さく手を振って山を下りて行った。



何か、いるかな?

またとある日、今日は雨だった。

ウ「雨は嫌。」

ウサギはココアをひとくち飲んではテーブルに突っ伏し、ひとくち飲んでは突っ伏しを繰り返していた。

ウ「雨でも何かいるのかな?」

急に好奇心が湧いたウサギは、不意に立ち上がり、家のドアをバーンと開けて、雨の中をタカタカと走り出した。

 

 

 



読者登録

ジェニュイン黒田さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について