閉じる


<<最初から読む

16 / 42ページ

あの何かはこわくない・・・。

ウサギは家に帰り、いつものようにマグカップでココアを飲んでいた。

ウ「よくわからないけど、あの何かはこわくない・・・。」

ウサギはよくわからない不思議なワクワク感を感じていて、なんだか今日は気持ちよく眠れるような気がしていた。

 

 


見つかった!

ウサギは今日も歩いていた。たぶんウサギは初めて前の日と同じくらいの時間に前の日と同じ道を歩いていた。

ウ「何かいるかな。」

ウサギが歩いていくと、山の頂上の道の先に、昨日遭遇した何かがまた座っていた。

ウサギは何かと接触するために、今日も丁度良い大きさの枝が落ちてないかと一生懸命探した。

ところがなかなか枝が見つからなかったので、ウサギの方が先に何かに見つかってしまった。

何か「やあ!」

 

 


おにぎりもらった。

ウサギはスタスタと歩き、何かの隣のちょっと離れたところに座る。

ウ「今日もおにぎりですか?」

何か「今日もおにぎりだねぇ。」

ウ「おにぎりはなんですか?」

何か「おにぎりは・・・なんというか・・食べ物だね。」

ウ「食べ物・・・。」

何か「ふたつ持っているんだ。ひとつあげるよ。」

ウサギはとてもとてもびっくりしてしまったが、優しく差し出されたおにぎりを手に取ると、なぜか幸せな気持ちになった。

 

 

 


す・・・すっぱ!

何かはさっきよりほんの少しだけ、ウサギの近くに座り、おいしそうに幸せそうに自分のおにぎりをほおばっていた。

ウサギはそんな何かを横目で見ながら、意を決して、パクリとおにぎりをほおばる。

ウ「・・・。」

思ったよりもおにぎりは地味な味だった。だけど、どこか優しくて元気が出るような味だった。

ウ「す・・・すっぱ!」

何か「あ、ごめん。うめぼしだめだったかい?」

 

 

 


ありがとう。またね。

ウ「ココア、ココアー!」

ウサギはうめぼしのすっぱさにどうしても甘いものがほしくなって、おにぎりを大事に抱えて走り出す。

ちょっと走ったところでピタッと止まり、何かの方に振り返る。

ウ「ありがとう。」

何か「ありがとう。またね。」

ウサギは涙を流しながらニッコリしたあと、また一目散に走り出した。

何か「ともだちになれるかな・・・。」

何かは小さくつぶやき、走り去るウサギの背中を見送り、ひらひらと手を振った。

 

 



読者登録

ジェニュイン黒田さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について