twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,800円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 ビジネス , 学習・研究 作者 Media-publish
価格 1,800円(税込)
タグ ラジオトークパーソナリティコミュニケーションビジネスメディア番組テレビ司会者
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
85ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ラジオ・パーソナリティ講座
コミュニケーションの構造と実践スキル

音声メディアであるラジオは、テレビ以前の一般メディアとして定着したが、テレビ到来以後も、深夜番組や野球中継、歌謡ヒット曲番組など特定の分野においては一定の地位を得てきた。しかし、その地位もいま危うい状況に来ている。「ラジオ離れ」が加速度的に進んでいる。現在、ラジオ番組の内容が、職場や学校、家庭の共通話題になることは殆どないし、芸人の深夜トーク番組の内容が時折、インターネットサイトに上げられ批判の対象にされる程度だ。
さらに加速する「ラジオ離れ」。現在ラジオ業界で強調しているのは「災害の時に役に立つ」というアピールだが、「災害を待つ」という悲しいビジネスモデルがある。ラジオの番組の質は低下する一方、「テレビは見たくない」「何かを聞いていたいからただつけておく」という、積極的な態度ではないものの「音声メディア」へのニーズはある。満足できるような気骨のあるトーク番組を編成することで、失ったリスナーへの信頼を取り戻さなければならない。影響力は格段に薄れたとは言え、ラジオの「スタジオ」「トーク番組」などからは、一般社会でも必要とされるコミュニケーションシーンに向けて得るものが多い。ラジオの現場の裏話や、そこから学べるコミュニケーションスキルについてご紹介する。

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる