◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 ftomo215
価格 300円(税込)
タグ 伝記
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
140ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 20世紀初頭、北原白秋と並び称された近代詩人・三木露風の人と作品について論じる。
 彼が人生の半ばに著した自伝『我が歩める道』の表題が示しているように、彼の詩人としての歩みは、道の追及にあった。この道は単に経路を意味するばかりでなく、求道という精神的遍歴の道程をも意味していた。詩壇を捨てトラピスト修道院に赴き、キリスト者としての道を選んだのも、彼にしては逃避ではなく必然の結果であった。彼にとって如何に生きるべきかという倫理的な問題意識は、生涯を通して脳裏を離れることはなかった。それはつまり誠の道を詩作の上に具現する営みとして彼を鼓舞し続けた。
 晩年にはおびただしい俳句や短歌を制作しているが、白秋とは異なり結社を運営することもなく、あくまでも余技の域を超えるものではなかった。あくまでも彼は詩作を己が天命と悟り、精進を続けた稀有な詩人であった。
 本書を通して以上のような露風の詩作品の背後に秘められた、ハイデッガーいうところの「詩の場所」としての世界観を少しでも解明できたとすれば、筆者のせめてもの喜びである。

 

コメント一覧

三木露風の全生涯と後年の詩までを論じた、初めての評伝です。近年、稀に見るほどに生真面目に研究を積み重ねてまとめられています。その著者の熱意が、読む者に新鮮な思いをさせてくれます。
野羊 : 2016-08-14 20:06:57

facebook コメント一覧