twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 ftomo215
価格 300円(税込)
タグ 伝記
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

6 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
140ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 20世紀初頭、北原白秋と並び称された近代詩人・三木露風の人と作品について論じる。
 彼が人生の半ばに著した自伝『我が歩める道』の表題が示しているように、彼の詩人としての歩みは、道の追及にあった。この道は単に経路を意味するばかりでなく、求道という精神的遍歴の道程をも意味していた。詩壇を捨てトラピスト修道院に赴き、キリスト者としての道を選んだのも、彼にしては逃避ではなく必然の結果であった。彼にとって如何に生きるべきかという倫理的な問題意識は、生涯を通して脳裏を離れることはなかった。それはつまり誠の道を詩作の上に具現する営みとして彼を鼓舞し続けた。
 晩年にはおびただしい俳句や短歌を制作しているが、白秋とは異なり結社を運営することもなく、あくまでも余技の域を超えるものではなかった。あくまでも彼は詩作を己が天命と悟り、精進を続けた稀有な詩人であった。
 本書を通して以上のような露風の詩作品の背後に秘められた、ハイデッガーいうところの「詩の場所」としての世界観を少しでも解明できたとすれば、筆者のせめてもの喜びである。

 

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

もっとみる