閉じる


<<最初から読む

6 / 7ページ

 三 ましらの神

 不入山《いらずやま》は標高一三三六メートルの山である。けれど、その山系は深く、深山幽谷と言われる原始の森で成っている。きめられたハイキングコースを外れれば簡単に遭難する。

 地図を持つアニキを先頭に翡翠さん、あたし、晶良ちゃんと続く。歩きなれない山道にあたしはすでにばて気味だ。けれど、マネージャとしての才覚を認めてもらうために一生懸命歩くしかない。

 約二時間。ようやく幽谷コースにたどり着いた。翡翠さんが前後に人がいないことを確かめ、不意に太い木の幹の後ろへ回った。道を外れた途端さらに山道が険しくなる。足元の悪い中を翡翠さんが見えない道をたどるように迷いなく進んでいく。ある程度進むと巨石に行き当たった。

「ここでちょっと休みましょう」

 翡翠さんの言葉を合図にあたしは地面にへたり込んだ。

「もうギブか? まだあるんだぞ」

 水筒をあおりながら、アニキがにやにやする。くたばれ、アニキ! 軽装の晶良ちゃんと翡翠さんは汗だくになりながらも、まだ体力はありそうだ。

「ま、まさか、晶良ちゃんに負けるなんて……」

 あたしは意外な真実に自信を喪失して、両手を地面に着いた。

「いや、僕は、あの、朱鸛(しゅこう)が体に融合してるから」

 晶良ちゃんが苦笑した。

「そうだった……」

「あら、陽向ちゃん、わたしは自前の体力よ」

 翡翠さんにまで言われて、あたしはがっかりした。これじゃあ、晶良ちゃんについて回って山を歩けないじゃん。

「まぁ、あれだ、おまえ、なにか運動すればいいんじゃね?」

「運動?」

「ジョギングとか、腹筋できるか?」

「ふ、腹筋……」

 あたしの脳裏に、体力テストで腹筋二回でギブアップした記憶がよみがえる。この中で最下位の体力はあたしみたいだ。強がりを言わず現実を考えるべきだったが、どうしても晶良ちゃんについて行きたい! これしきのことで音をあげるのは早い!。

「さて、時間短縮。いまから、韋駄天(いだてん)を召喚するわよ」

 翡翠さんが両手の指を複雑に組み、手印と呼ばれるものを作り、呪文を発した。何度か唱えると、あたしたちに向き直った。晶良ちゃんの時のように神気が具象化することはなかったが、急にあたしは自分の体が空気のように軽くなったと感じた。アニキもそれを感じているのか、軽やかなステップを踏んでる。

「さ、行くわよ。足元に気をつけてね。それと、陽向ちゃんは決して私から目を離さないでね」

「はいっ!」

 真っ先に翡翠さんが飛び出した。野生の鹿のように木の根や岩が阻む山道を跳ねるように駆け上がっていった。

 

 韋駄天の術がかかった両足は何十倍もの距離を数歩で消化していく。その時に見える景色はほとんど色でしかなく、形はほぼ見えない。物理的な何かを確実に無視してるはずなんだけど、樹木にぶつかるようなこともなく、あたしたちは不入山の奥深くへと分け入った。

 そのうちあたしの目に何かが見え始める。先頭を水色の何かがひらりひらりと移動していく。よくよく眼を凝らすと、いつか目にした水干姿の少年だった。まるで、猿のように木々をよけ、茂みを飛び越えて先を走る。

 翡翠さんの式神のひとり、センだ!

「ご主人様!」

 センが叫んだ。

「もうそろそろよ」

 翡翠さんの声がした。とたん、周囲の形がよみがえる。色も次第に明確になり、濃淡も鮮やかに見えてきた。気付けば、足取りも重たく感じ、あたしは足元の木の根に躓きかけた。

「おっと」

 いつの間にか隣に立っていたあにきが、すかさずあたしの体を支える。

「あ、ありがと……」

 あたしは顔を上げた。

 深い緑の葉が茂る、天と地に大きな枝を傘のように張り、ねじれた幹が複雑に絡まり合った、恐ろしく樹齢を経た樹木が目の前にそびえていた。周りに木々はない。風もないのに古木の枝葉はさやさやと葉擦《はず》れ、太い幹から地面の根にかけてギシギシと揺れる。それ以上に、異様なものが古木を侵していた。

 巨大な蜘蛛の巣に見えた。細くゆらゆらとした糸が色濃い葉や枝にまとわりつき、まんべんなく槐の木を包んでいる。

「カイ……」

 翡翠さんがつぶやいた。

 あたしも古木の姿を目にした時、背筋に寒いものが走った。

「こ、これは……」

 身を守るために晶良ちゃんがあたしたちに結界を張り、すかさず両手で手印を結んだ。

 翡翠さんが青い顔をしてセンに命じる。

「糸を霧散して!」

 センが命ぜられるままに小太刀を振り、糸を払った。けど、白い糸はびくともしない。

 はらはらと散る白い糸をアニキが手に取る。糸、と思えたものは何かの獣の毛のようだった。それはまるで鋼のように固く、下手をすると肌を傷つけそうなほど鋭かった。

「晶良、糸じゃないぞ。獣か何かの毛だ」

「獣?」

「なぜ、獣の毛がカイにまとわりついてるの?」

 翡翠さんが眉をしかめた。その毛は白狐・青嵐の柔毛《にこげ》に比べかなり剛毛だった。毛自体も短く親指の長さもない。このくらいの長さで白い体毛を持つ生き物など見当もつかなかった。

 あたしたちの気配を察知したかのように、毛がますます古木を締め付けるようにはびこりだした。ぎぎぎという、木の幹がきしむ音が辺りに響く。このまま放っておけばいずれ古木はへし折れてしまうかもしれない。

「カイ、カイ! 返事をしなさい!」

 翡翠さんが必死に叫んだ。その声が届いたのか、古木が白緑色に明滅した。古木の中に潜むカイの姿がぼんやりと宙に浮かび上がった。でも、カイは翡翠の呼びかけが聞こえないのか眠ったままだ。次第に樹木を取り巻く気配があやしくなってくる。やっぱり、ただの毛ではなかった。現に翡翠さんの式神であるセンでは歯がたたない。

 晶良ちゃんも結界を張りながら、青嵐を呼び出した。

「主様、ここに」

 金色の輝きを放ち、綺羅を纏った白狐の青嵐が現れた。

「木を取り巻く毛を取り除けるか?」

「ふむ。これはやっかいな……。試して進ぜよう」

 青嵐がふわりと宙に浮き、打衣《うちきぬ》から銀色に照り輝く、鉄でできた扇子を取り出した。鉄扇の先は鋭く研ぎ澄まされ、触れた物を容易く小間切れにしてしまいそうだ。

 鉄扇が閃光を放ちながら、古木を囲う白い毛をなぎ払った。けど、鋭い刃が白い毛に当たるごとに威力が感じられなくなっていく。反対に鉄扇に触れた部分の毛がますます強固にはびこっていった。

「くっ。主様、口惜しゅうござりまするが、わらわの鉄扇では歯が立ちませぬ」

 ざわざわと古木を締め付ける白い毛がざわめきだす。それとともに古木が苦しげにきしんだ。とたんに空気が変わる。質感を伴う真綿のように感じられる。

 凄まじい閉塞感に、アニキとあたしは思わず膝をついた。大きくあえぐが、息が続かない。さらに、空気が石のように重くなり、アニキもあたしも地面に突っ伏してしまった。

 かろうじて起きていられるのは式神に守られた翡翠さんと晶良ちゃんだけであった。それでもかなりつらいのか、肩で息をしている。

 晶良ちゃんはうつぶせに倒れ込んだあたしたちと、かろうじて立っている翡翠さんを見た。晶良ちゃんですら、顔が上気し赤くなっている。

 重く、息苦しいはずの空気だけど、おどろおどろしいものはなかった。むしろ、空気は異様なほど澄んでる。この空気には覚えがある……。研ぎ澄まされた清澄な気が辺り一帯を覆い、あまりの清らかさに肺が痛くなってくる。背筋にびりびりと雷電が走るような怖れを感じさせる空気なんて、めったに味わうことがない。

 重苦しく変化した空気に包まれた大樹の葉陰がわさわさと揺れる。白い毛の生えた頭が現れた。金色の大きな眼が歓迎せざる来訪者を睨んでいる。大樹の葉陰から現れたのは、大きな枝ぶりとほぼ同じ巨大な白い猿だった。金色に炯々と光を放つ眼から、清澄な空気に反して、とてつもなく禍々しい気を放っている。

「せ、青嵐」

「主さま……。これは……、大猿、年ふりしましら《・・・》でございます」

「ましら……?」

「猩猩《しょうじょう》、狒狒《ひひ》、いろいろな名前がございますが、猿の年ふりて神になりたもうたものではありますまいか。いまだ神ではないわらわや朱鸛では歯が立たぬわけも、これで得心できまする」

「相手は神なのか……」

 それを聞き、翡翠さんの顔色が変わる。

「なぜ、神が私のカイに取り憑くの」

 それに対して青嵐が眉をひそめて言った。

「カイは千年生きながらえた妖樹。この不入山の中で一番に力がござりまする。そこに目を付けられたのかも知れませぬ」

 

 神さまから式神を取り戻すのは至難の業なのかな……? このまま諦めるしかないの? 晶良ちゃんが巨大な槐の古木を見上げた。


 四 神との取引

「我が行こう」

 それまで晶良ちゃんを護る側に立っていた朱鸛《しゅこう》が前に出た。手に持った大太刀が紅蓮の炎に包まれる。ざわりと古木を包む毛が騒ぐ。朱鸛の振るう太刀筋が一閃の残像とともに空気を断ち割る。びしびしと白い毛が飛び散った。

 咆哮が響く。獣の苦しげな叫びが重苦しい空気を震わせ、一瞬緊張が解けた。

 アニキとあたしが息をつく。

「どういうこと?」

 翡翠さんがいぶかしむようにつぶやいた。

「我は火。青嵐は土。あれは金。ましらの姿はまやかしだ」

「どういう意味が……?」

 朱鸛の謎かけに晶良ちゃんが目を丸くして訊ねた。

「五行……」

 翡翠さんがつぶやく。

「わたしの式神はすべて木。金剋木《きんこくもく》。金は木に剋《か》つ。なぜ猿の姿を?」

「そういうことか……」

 青嵐が晶良ちゃんに寄り添い、空中に文字を書いた。青い光が宙に文字を浮かび上がらせた。

 申

「猿は申(さる)と申しまする。さらに申は申すに通じまする」

 そこまで言われても、あたしたちには式神の言いたいことがわからない。あたしたちの代わりに晶良ちゃんが訊ねた。

「申すって……?」

「善悪を……。この古きまつろわぬ神は物事の善悪を申しまする。物事を予言するのでございます」

 白い毛の大猿はのそりと古木の梢を這っていく。白猿が雄叫《おたけ》びをあげる。その雄叫びに理解できる言葉が混じる。

 ――申すぞ、申すぞ……!

 あたしたちに予言を言うために、ましらが奇声を上げる。

「もし、よくないことを言ったらどうなるの」

 あたしは地面に伏したまま青嵐に訊ねた。

「それはそのまま実現する。予言じゃからの」

「……予言」

「死ぬと申せば、死ぬ。苦しむと申せば、苦しむ。そのままじゃ」

「さ、最悪……」

 あたしの顔から血の気が引いていく。

「晶良、火に弱いなら朱鸛がなんとかしてくれないのか」

 あたしと同じように地面に伏したアニキがうめいた。

「なんとかって……。相手は神ですよ? 神殺しはこちらの歩が悪いです」

「善悪……。申す……」

 先ほどから翡翠さんが思案気につぶやいている。

「不入山は土佐藩領……。まつろわぬ神……、そうか……」

 何かひらめいた顔つきで翡翠さんが顔を上げた。

「一言主(ひとことぬし)よ」

 あたしたちが翡翠さんを見やった。

「一言主?」

「天皇と戦って負けてしまったせいで土佐に流され落ちた神。この山は一言主を封じた山だったのよ」

「それがどうして……」

 晶良ちゃんの問いに翡翠さんは眉をしかめる。

「それはわからない」

 ――余は申すぞ……!

 今にも一言主が予言を下してしまいそうな、おどろおどろしい気配が辺りを満たしていく。

「それでもこのままにしていてはいけない」

 翡翠さんが唇をかみしめる。

「あの、まつろわぬとか、落ちた神とかって、どういう意味なの?」

 あたしはおずおずと訊ねた。

「あがめられなくなった神は、いずれいつかはまがまがしくなってしまいます。邪神になったり魔物になったり……あの神ももうすぐその姿同様の大猿の妖怪になってしまうでしょう」

「お祀りされなくなると神様って落ちぶれるの?」

 晶良ちゃんの代わりに青嵐が答える。

「そうじゃ、陽向どの。神になりたければ、我々は自然の大いなる力だけでなく、ひとの信仰という力も必要なのじゃ」

 その言葉を聞いた時、あたしの胸のペンダントがじゃらりとなった気がした。あたしは胸に手をやり、それを見た。晶良ちゃんが自分にプレゼントしてくれた磐座(いわくら)のかけらだった。惜しい……。すごく惜しいけど、これが晶良ちゃんの助けになるなら……ッ!

「そしたら、また、祀られるようになれば変わるんじゃない?」

 あたしはかけらを見つめたまま言った。

「可能性はあります」

 でもどうやって、と晶良ちゃんの瞳が怪訝そうにあたしを見つめている。

「これ」

 あたしは胸のペンダントを取り、差し出した。ペンダントを差し出されて、晶良ちゃんが戸惑っている。でも、あたしの考えを翡翠さんが理解してくれた。

「磐座の神気を使うのね」

 ――余は申すぞ、この世は……!

「時間がない」

 アニキが叫んだ。晶良ちゃんが少しでも一言主の言葉を遅らせようと自分の力を解放した。白い光が晶良ちゃんの体から漏れ、白猿の体に当たる。不意を突かれ、言葉が止まった。

「一言主よ! 我々が神慰めする。この磐座に降りられよ! もう一度、崇め奉らん!」

 あたしのペンダントを頭上に掲げ、翡翠さんが声を限りに叫んだ。

 一言主が金色の炯眼を翡翠へ向け、轟くような声を放った。

 ――真(まこと)か!

「必ず、神慰めする。まずそこから離れ、この磐座に降りられよ!」

 晶良ちゃんが足元の地面に結界を敷く。結界の中の清浄な場にペンダントを置いた。

 ――真か、誠(まこと)か、信(まこと)か!

 真実と誠実さと信用を問う言葉が辺りを大音響で包む。あたしたちは思わず耳をふさいだ。恐ろしく大きな地鳴りが響き、巨大なましらの体が陽向の頭上に降ってきた。

「きゃあああ!」

 ――清き乙女に祀らせよ。余は一言主なり。

 あたしが叫んだと同時にましらの体はかき消えた。

 ふわりと雪が舞う。いや、白い毛が雪のように空中にとけながら、カイである槐の大樹から舞い落ち始めた。

 

 すっかり毛は舞い落ち、地面に敷き積もったが、雪のように跡形もなく消え去った。辺りに充満していた重く息苦しい清澄な空気は霧散して、鳥の鳴き声の聞こえる山の生気に満ちあふれた。梢が日を遮り、苔むした地面がひんやりと肌に当たる。あたしは慌てて立ち上がった。隣のアニキもため息を吐きながら腰を上げた。

 あたしたちの目の前には、槐の古木と結界が張られた一種の神域に小さな磐座が鎮座していた。

 あたしはペンダントトップから磐座を外そうと、ペンダントに触れようとした。

「触ってはだめです!」

 晶良ちゃんがあたしを止めた。あたしは不思議に思って晶良ちゃんを見やった。

「もうその欠片は立派な神のおわす磐座なんです。易々と不浄な手で触れてはなりません」

 不浄なんだ、とあたしは自分の汚れた手を見つめた。けど、晶良ちゃんが言う不浄とは土で汚れているからじゃないんだろう。

「清き乙女か……」

 翡翠さんが呟き、じっとあたしを見つめた。ぶしつけに翡翠さんがあたしに聞いてきた。

「陽向ちゃん、処女よね?」

 翡翠さんの直球な言葉にあたしは顔を赤くして、アニキや晶良ちゃんを交互に見ると、慌てて首を激しく横に振った。

「な、な、なに言ってるんですかぁ! ちょ、なにもこんなとこで聞かなくても良いのに!!」

「でも重要なことだから」

 晶良ちゃんが納得したように言った。

「一言主を慰める役割を持つ巫女、ということですね。確かに陽向さんはうってつけですね。磐座を差し出した本人なわけだし」

「磐座の欠片をくれたのは、晶良ちゃんじゃない」

 巫女と聞いて、あたしは焦って矛先を晶良ちゃんに向けた。

「いえ、僕はほかにすることがあるから」

 晶良ちゃんが澄ました顔で答えた。あたしは救いを求めるように、アニキを横目で見つめた。

「よかったじゃないか。これで晶良の手助けができるな」

 にやにや笑うアニキのすねを、これでもかとあたしは蹴り上げた。

「いってぇ!」

「他人事だと思って! 巫女なんて、あたしにできるわけないよ!」

 翡翠さんが朗らかに笑いながら宥めた。

「大丈夫。私が手取り足取り教えてあげるから。それに、毎年神慰めにここに来られるわよ」

 それを聞いて、あたしはがっくりと肩を落とした。晶良ちゃんのサポートをしたい、その思いがこんな結果になるなんて予想していなかった。

「で、カイは?」

 アニキが翡翠さんに訊ねた。

「ちゃんと傍にいるわ。呼んでみる?」

 言うまもなく、翡翠さんの脇に白緑色の水干を着た少年が佇んでいた。あたしたちを見やると、礼儀正しくお辞儀をし、再び姿を消した。

「木を克する金が消えた……。これで、カイも元に戻ったわね」

 そういう翡翠さんの表情に心なしか、安堵の色が浮かんでいた。

 

 

 

 大岩の転がる河原の傍には、川底まで透けて見えるほど澄んだ水が蕩々と流れている。川にせり出すように岩がある真下は淵になっており、水があんまり透明だから空の色まで映して、水底が深い碧に見える。

 あたしは岩に腰掛け、足を冷たい清水につけ、晶良ちゃんやアニキ、翡翠さんの様子を眺めていた。

 今こうしていると、さっきまでのびりびりとした緊張感が嘘のようだった。ましてや、あたしが一言主の巫女になってしまうなど考えもしていなかったんだもん。

「年に一回は必ずここに来なくちゃね」

 物思いに耽るあたしのそばに、翡翠さんが来て言った。

「念願のマネージャーだな」

 某ネズミのイラストがプリントしてある海パンをはいたアニキが、にやにや笑いながら浅瀬に立って、あたしに目を向けている。

「大丈夫ですよ、その時はちゃんと僕も付いてきますから」

 陽向座っている場所近くの岩に腰掛け、薄い水色のパーカーにナイキの水着を着た晶良が慰めるように声を掛けてくる。

「慰めになんないよう」

 オレンジのパステルカラーのワンピースを着た陽向は泣き言を漏らした。

「清いなら私だって清い乙女なのに」

 などと、翡翠がつぶやいた。誰もその言葉に突っ込みを入れない。晶良の姉たちの年齢は、極秘事項なのだ、といつか晶良が蒼い顔をして漏らしたことがある。

 四人がいる場所は、四万十源流に近い。ざぁざぁという清流の音が辺りを満たしている。真夏の暑さが水しぶきに冷えて、肌に涼しい。他に人は見当たらない。ここに来るのにも韋駄天を使った。車もない。人の足ではよほどの者でないと辿り着くことのできない穴場だ。

 四人はひとしきり遊び、疲れた体を太陽に暖められた岩に押し付け、思い思いの場所で日向ぼっこをし始めた。

「ねぇ、翡翠さん、なんで神様はお猿の姿で出てきたの」

 ずっと疑問に思っていたことを、陽向は翡翠に訊ねた。年経たましらを一言主と見破ったのは、翡翠だ。

 翡翠がにっこりと笑う。

「吾は悪事も一言、善事も一言、言い放つ神。申す神。申すは申年の申と書くでしょ?」

 確かに、申は申年の申だ。では、なぜセンもカイも猿には勝てなかったのだろう。陽向は腕を組んで首をかしげた。

「う~ん……」

 その様子を見て、翡翠が優しく微笑む。

「それに、申は金気。五行の金に当たるの。五行は木土水火金木と五つの相があって、それぞれが力の均衡を保っていると考えられている。そのために、金は木に克つ。反対に火の属性を持つ朱鸛(しゅこう)は、金の属性を持ったましらに克つことになるの。樹木の精霊であるカイもセンも、金気を属性とする一言主に何もできなかったのよ」

「いまいちわかんないけど……」

 陽向は眉をしかめた。学校で習う勉強よりも小難しい。だいたい五行というのが分からない。それを言うと、追々勉強しましょう、と不吉なことを翡翠が告げた。

「それにまだあるわよ? 一言主は葛城氏が祀っていたの。葛城一言主神社っていうのが有名ね。葛城氏は製鉄にも関係してた。古墳時代、製鉄を手にした豪族は非常に力を持っていたのね。製鉄に使う鉄は金。金は金気をしめし、申ということになるの」

 そんなに強い豪族の神様なら、なんでこんなところにいたの?

「多分……」

 翡翠さんが緑深い山々を見渡した。

「続日本紀にはこう記されてる。一言主が雄略天皇と目見え、意気投合し交友を深めたが、ある時、雄略天皇の狩った獲物を一言主が盗ったため、天皇が怒り、土佐に流した。いわゆる流刑に処したの」

 あたしは驚いて目を大きくした。

「神様を流刑にしたの!?」

 翡翠さんが微苦笑した。

「まぁ、昔の伝説だから……。何かの揶揄と思うわ。史実としては確かに雄略天皇は一言主を神とする葛城氏と争い、勝利した。それまで天皇と比肩するとまで言われた葛城氏は衰退していったと言われてる。その神がなぜ不入山にいたかは不明だけど、土佐藩が不入山を枝一本、葉さえも持ち帰ることを許さないお留山としていたのは確かなの」

「そこに流刑されてからずっと一言主は封じられていたのかぁ……」

「崇められなくなり、忘れられてしまったまつろわぬ神は、いずれあやかしと変じてしまう……。その姿がましらだったのね」

「でも、磐座に収まって、毎年神慰めして神様として崇めたら、また神様になるの?」

 不入山に枝葉を伸ばし根付くカイの根元に鎮座した、一言主のことを考えながら、あたしは呟いた。

「ええ、何年かかるかは分からない。本当に長い月日、かの神は貶められていたから」

 でも、とあたしが唇を尖らせた。

「金で申。申だからお猿なんて、一言主ってダジャレが好きなんだね~」

 それを聞いて翡翠さんが苦笑った。

 

 あたしたちは日が暮れる前に不入山を下りた。

「不入山は土佐藩のお留山だったんだけど、実際の理由は神のいる山に立ちいらず、という意味で不入山と名付けたかもしれないわね」

 山を降りながら翡翠さんが感慨深げに漏らした。

 一言主は晶良ちゃんの張った結界の中に鎮座する磐座のかけらにこもり、穢れを浄化する祭祀に入った。あとは定期的に一族のもので神慰めの儀式を行い、穢れがなくなった時、晴れて遷座する。それまでは一族のものとともにあたしも巫女としてがんばらなくちゃいけない。

 確かに重要な役割を担うことができた。けど……。出来ることなら晶良ちゃんを直接助ける役目が欲しかったよ〜。

 なんだか釈然としないあたしなのであった。


この本の内容は以上です。


読者登録

粟生慧さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について