閉じる


<<最初から読む

4 / 7ページ

「昨夜ころんで壊(こわ)しちゃいました」
「お気の毒に。お体の具合はいかがですか」
「おでこの、ここのところをすりむきました」
「心の痛(いた)みのほうはいかがでしょう」

 好きな人にふられたと、泣きながらおこしいただいたのが最初。少しでも早く心の傷(きず)がいえるようにと、メガネをお選びしました。

「まだちょっと。忘(わす)れることが出来ません」
「でしたらさっそくお直ししますから」
 工具を手に、元通り直してさしあげました。

「そちらのお客様、何かお困(こま)りでしょうか」
 もじもじそわそわ、いくらたってもお呼(よ)びいただけないものですから。

「引っこみ思案(じあん)なんです。うまく自分を伝えられなくて……」
「なるほど。それではこちらへどうぞ」


 試しに、三本のメガネをご用意しました。

「最初に――これはいかがでしょう?」
「えーと。何も変わり無いようですが」
「では、こちらは?」
「景色がゆがんで、なんだか目が回りそう」
「それでは真ん中の、これに決めましょう」

 選んだメガネは、ニホマエニススメガネ。一歩でも三歩でもなく、二歩がお客様にはピッタリでした。今より勇気や自信もわいて、積極的にふるまうことが出来るでしょう。
「ただし、なれるまでドアに鼻をぶつけたり、前をゆく人のかかとをふんづけたりしないようご注意ください。それでは、お気をつけて」

 おや? マドから、路地の入口に人だかりを見つけました。


 あっ今、一番大きな男が、シュピリさんも大のお気に入りの<ちょうちん>に回しげりして……なんてひどい。二つにやぶけて、まるでちょうちんお化けです。
ちょっと待ってください。遠くもどこも見渡(みわた)せる、ウノメタカノメガネをかけますから。
 なんとまあ、一番大きな男は今朝来たマジメガネのお客さま。メガネはかけずにそのかわり、真っ赤な顔が鬼(おに)のようです。一、二、三、四、他に四人のお仲間がいて、全員こちらへやって来るではありませんか!
 どうあれおおよそさっしはつきます。物事がうまく行かない時でも八つ当たりをしてはいけません。こうなればこちらもだまってはいられない。すぐ外へ行き、力づくで――。


「店のシャッターを下ろしてきます」


 暴力(ぼうりょく)反対! やれやれこういう事もたまには有ります。恐(おそ)れ入りますが、ご用の方は明日またおこしください。
 (終わり)


奥付


不思議なメガネ屋


http://p.booklog.jp/book/102019


著者 : しびよ
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/sibiyo/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/102019

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/102019



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

しびよさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について