閉じる


<<最初から読む

40 / 42ページ

38.心の掃除

物や身体が、ほうっておけばどんどん汚れていってしまうのと 同様に心もやはり汚れが

溜まっていく。洗わずにいたら 身体に垢がたまっていく様に、愛に反した思いを持てば、

知らず知らずの内に心にも垢がついていく。だから時々心も掃除をする必要があると思う。

 

誰かを憎らしく思ったり何かに怒ったりしているとき、人はものすごい マイナスのエネル

ギーを使っている。そんな時、心はとても疲れている。だからそんな疲れた心を癒し、綺麗

にするには良いもの・美しいものを見たり触れたりして、心を感動させること。映画・音楽・

美術・本などなんでも良い。いいものに触れて心が洗われたようだ、というのはそういう

ことだ。だから美しいものを美しいと、感じられる感性を持つこと。世の中にはキレイな

ものをキレイだと、素直に見られない人もいる。そして、どんなに美しく着飾っても心の

汚れは、表に出てくるものだ。私の友人には美人で心優しい人もいる。そんな時私は

“天は二物をちゃんと与えている”と思い、嬉しくなる。

 

私たちは日常の生活で様ざまなことがらに触れ、色々な事を考える けれど、聖人君主

ではないから、常に愛だけを持ってなんて不可能だ。 無意識のうちに、悪い感情を抱い

ていることも多々あるはずだけれど、 たまにそんな自分を振り返って、心の掃除をする

のも必要なことではないだろうか?


「エピローグ」

こちらでの生活をブログに書くことが日常の一部となっていて、それをきちんとした形で

残しておきたいという想いからEbook制作が始まった。そしてそれをシリーズ化していく

のが冒頭でも書いたように、私のライフワークとなりつつある。

 

今回は第二弾でこの後やはり日常生活から感じたことや事件を綴った「第三弾」そして

大好きなダンスのことにからめて男と女のよもやま話「男と女のダンス模様」大好きな

ドラマと映画のレビュー「YaYaの面白映画ドラマレビュー」、その他に主に私が過去に

関わった心病んでいる人々との出会いを綴った「心の病いつれづれ」を続けて発行予定

である。というわけで今回の第二弾は無料でお届けいたします。少しでも多くの方に楽

しんで読んで いただいた上で、続くシリーズをお買上げいただけたら、こんな幸せなこと

はありません。

 


著者及びデータ

幸多 魅瑠

1950年代東京杉並に生まれる。2001年東京からダイレクトにスペインアンダルシアの

小都市を訪れ第2の故郷と決める。指圧マッサージとレイキヒーリングを仕事としながら、

他に「スペインでダンスレッスン」Dance三昧in Spainの企画とアテンドもしている。

2014年10月より海辺のホテルで一人暮らし中。

 

Data

スペインYaYaの面白エッセイ

発行日 2015年10月20日 第2刷発行

著者 幸多 魅瑠(こうだ・みる)

発行者 高野 明子

発行所 Dance三昧in Spain

ブログ「FelizYaYaのスペイン便り」(http://ameblo.jp/feliza55)

Facebook「ダンス三昧 in Spain」(https://www.facebook.com/akiko.takano.3576)

「スペインでダンスレッスン」(http://www.dancezanmaispain.com)

 


この本の内容は以上です。


読者登録

幸多 魅瑠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について