twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 小林 道憲
価格 無料
タグ 芸術祝祭文明人形浄瑠璃歌舞伎神楽高砂能舞台橋懸り実盛土蜘蛛黒塚文楽悪霊退治助六道行曽根崎心中祇園祭バリ島劇場国家ギアツボッティチェルリミケランジェロディズニーランドピカソパウル・クレーコスモロジーアリストテレス世阿弥
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

6 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 11ページ (Web閲覧)
12ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
わが国の能楽も,猿楽に起源をもつように,神事として成立し,祝祭から起きてきた。能楽の様式は,祝祭なくして成立しなかった。祝祭のもつコスモロジーが,能の世界を大きくしている。一般に,芸術は祝祭から発生した。芸術作品は祝祭空間に取り囲まれ,その祝祭空間はより大きなコスモロジーに支えられていた。祝祭は,都市を形成し文明を形成していく機能をもっている。祝祭に伴う芸術も,また,都市や文明を形成し維持していく役割を果たしている。現代では,オリンピックや万博,商業活動に組み込まれた巨大な遊園施設や百貨店のイベントなど,祝祭が,巨大な産業技術文明に組み込まれている。そこには祝祭空間を包む大きなコスモロジーがなく,そこから生まれる芸術作品も,それが成立する周囲の余剰の世界を失っている。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧