閉じる


<<最初から読む

8 / 23ページ

年齢とともに耳に問題が出るのをどう防ぐか



老人性難聴というのがあります。

耳鳴りは夜静かなとき、耳に神経を集中させると聞こえることがあります。

しかし、日常いつでも耳元でセミが鳴いているような音や、常に雑音が入っているような場合は、病的であると言えます。

老人性の耳鳴り・難聴に効果のある栄養素

◆魚に含まれる成分で、EPA、DHA など。

EPAは血液をサラサラにする効果、DHAは脳自体の健康を維持・促進する働きがあります。

 

 

◆イチョウ葉

イチョウ葉に含まれるギンコライドが血管を拡張し、脳や耳の血行を良くする働きがあります。 ヨーロッパでは耳鳴りの症状緩和が確認されています。

 

◆ビタミンB12

耳鳴り患者の半数近くはビタミンB12が不足しているという報告があります。

 

◆マグネシウム

マグネシウム濃度が下がると、内耳に伸びる細い血管が収縮すると言われています。 耳鳴りの原因の1つに騒音による耳の血管収縮があるため、マグネシウムは重要と考えられています。

お勧めのサプリメント

下記の商品はファーマネックス(ニュースキン社)の製品なんですが、楽天、アマゾンでも扱ってました。

★バイオギンコ(アマゾンで売られてます)

これがオススメの理由

血液循環促進に効果の高いイチョウ葉エキスが原料となっています。

この有効成分ギンコライドは、血管を広げ、脳や耳への血行を良くし、耳鳴りや難聴を改善する効果があります。

この製品に使われている「ギンコライドB」はギンコライドの中でも特に働きが強いものです。

内耳の老化による血行不良が原因の耳鳴りや難聴に大きな効果を発揮するようです。

 

★マリンオメガ(楽天で売られてました)

これがオススメの理由

カタクチイワシやサバなどの青魚から摂取した精製魚油が主成分です。

EPA、DHAなどのオメガ3系脂肪酸が豊富に配合されたサプリメントです。

EPA、DHAには血管を拡張して血液を固まりにくくする働きがあり、 脳や耳への血行を促進する効果があります。

その他の重要事項

また、どのサプリメントを利用するにしても、身体へ供給している栄養のバランスがとれている、というのは必要条件になってきます。

もし、バランス無視した食生活を送られているならば、まず栄養バランスをとることが先決です。

これこそ、サプリメント頼みになるでしょう。

また、空きっ腹での利用は避けてください。

パンとかご飯とかバナナとか軽いものでいいので、何かをお腹に入れてから利用しましょう。

ビタミンなどは、空きっ腹に入れると素通りしてしまう可能性が非常に高いですので。

栄養バランスをとるためのサプリメント

◆ライフパック(楽天で扱ってました)

これがオススメの理由

人間が1日に摂取する必要のある栄養素というのは、本来ならば相当の種類・量に及びます。

しかし、現実的には全てを摂取するのはほぼ不可能というのが現実です。

そこで、サプリメントで栄養補助となるのですが、これもまたピンキリで色んなモノが存在します。

上記のライフパックに配合されている栄養素は書きだすのが面倒くさいほど沢山配合されています(^_^;

 

タンパク質、脂質、炭水化物、カルシウム、ビタミン各種、ナトリウム、鉄分、ナイアシン、葉酸、醸造酵母、緑茶葉抽出物、柑橘系果物抽出物、ブドウ種子抽出物、アセロラ・チェリー抽出物、カリウム

 

などなど豊富に含まれています。

これを摂取しているのならば、あとはエネルギーだけ考えればそれで十分みたいな製品です。

 

★gooヘルスケアもご覧になると、理解が深まるかと思います。

老人性難聴に関するURLはこちら

 

http://health.goo.ne.jp/medical/10B40300

 

 


イチョウ葉エキスで老後は万全

イチョウ葉エキスの効果

効果の一覧を以下に示します。

 

(1)認知症を予防します。

(2)加齢に伴う脳機能の低下を防ぎます。

(3)老化促進の「活性酸素」を抑制します。

(4)脳卒中や心筋梗塞を予防します。

(5)アトピーや花粉症を緩和します。

(6)耳鳴りや難聴を改善します。

(7)冷え性や頻尿を緩和します。

(8)高血圧の予防に役立ちます。

(9)血糖値やコレステロール値の正常化に役立ちます。

(10)細胞へのエネルギー補給を正常に保ちます。

(11)発毛や育毛に役立ちます。

 

このイチョウ葉エキスから作られた製品が多々ありますが、 ドイツではイチョウ葉エキスから作られたものが すでに医薬品として使われています。  

 

日本ではそういう医薬品はないので、サプリメントという 形式で入手するようになりますが、ただ気を付けてください。

ご存知の通り、本物と偽物が横行するのがサプリメントの世界。

本物を証明できる資料がある製品か口コミだけのチャランポランな製品なのかをしっかり判別して購入してください。

 

サプリメントは日本では正式な結果証明資料があまり存在しません。

かなり稀にありますが、大企業が作ったものでさえ

 

・こういう栄養素が入っています。

 

という程度です。

治るという情報を出す時は、薬事登録する方向に動かないと いけないので、企業は別問題を抱えてしまうので 結局、第三者がその証明資料を作るしかありません。

だから日本ではあまり出てこないのですが・・・ 。

アメリカは裁判社会なので、第三者が作る組織が別に存在します。

それがあるからまた信頼できる製品となって、世界に出回ります。

イチョウ葉のエキス、すごい効果があるのは確かなようです。 証明資料が存在します。

イチョウ葉エキスのサプリメント

 ★エグゼクティブ・チョイス ビタミン&ミネラルデイリーパック ★

 

このイチョウ葉に関してはあちこちのメーカーから販売されています。

ただ、安い製品はそれなりの効果しか発揮しません。

でも高いから優秀なのか?と言えばそうとも限りません。

結果証明の資料があるかどうかによります。 まず日本で手に入るものをリンクしておきます。

 

【楽天市場】で手に入ります。

★イチョウ葉エキスのサプリメントSHOP★

がイチョウ葉エキスだけを集めたページで、集約させておきました。

この他に、私が一番信頼しているメーカーの製品を最後に 書いておきます。

 

ファーマネックスの

バイオギンコ

ティグリーン

プライム ケア

 

の3つです。 バイオギンコは、アルツハイマー型認知症に効果があります。

そして、 ティグリーンは、神経細胞の損傷を防ぎ認知症を予防します。

3つ目のプライムケアは、強力なアンチエイジング効果を持っています。

最後に、厚生労働省のイチョウ葉に関しての見解がありますので そちらも併せてお読みになった上で、上記のサプリメントを ご利用ください。

 

体にいいからとなんでもかんでも摂取してると大事になる場合があります。

厚生労働省のイチョウ葉に関しての記事  

 


制汗剤もクスリも不要 “久保田式多汗症改善7日プログラム”!

極度の汗っかきを治すには

多汗症を治す 「久保田式多汗症改善7日プログラム」

 

 汗というのは暑いから出るとは限りません。 緊張している時にも出たりします。 こればかりは、当人でないとその辛さは分かりません。  

 

・「緊張すると大量の汗が出てるので非常に困っている…」

・「手汗がひどく相手と手が握れない、書類が濡れてしまう…」

・「暑くないのに靴の中が蒸れてしょうがない、臭いがする…」

・「まわりに臭いと思われている気がする…」

・「白い服やシャツがすぐに黄ばんでしまいはずかしい…」

・「長時間座っていた部分が濡れてしまう…」  

 

久保田式多汗症改善7日プログラムってご存知でしょうか。

「ビジネス最前線 2011年度版」にも掲載されたことのある プログラムです。  

 

・色んな市販のグッズを使ってみたけど、私には効かない。

・比較にならないほど、人一倍の大汗をかく

・汗が原因の臭いがかなりひどい  

 

そんな人は是非、これを試してみてください。

 

感謝のお礼が沢山やってくるこの久保田式を試せば あなたの人生に大きな影響が出てくるかもしれません。

 

これは人によって効果の現れ方は当然、体質の問題があるので 同じではないのですが、女性ならず男も同じ悩みの中に足の汗の問題がありますが、それも治る方がいます。

 

多汗症って体に老廃物が溜まっているのが原因だったりしますが それをどう処理するか、このノウハウで多汗症を直せます。

 

若い内はこの多汗症、すごい気になる筈です。

 

なんと言っても匂いの問題があります。

 

これまで何をやってもダメだった人が、この久保田式を実戦してからは ウソのように治ったという報告が本当に続出しています。  

 

この商品はPDFによるダウンロード版と冊子版の2種類がありますので お好きな方を選べます。

 

久保田式多汗症改善7日プログラムの詳細と購入はこちらから

 

この多汗症を治そうと医療機関に行けばかなりの料金になるそうです。

それが、この久保田さんのやり方だと、24800円で治すノウハウが 手に入ります。

 

今なら数量限定で、半額の14800円で手に入ります。

しかも、90日間は返金保障がついていますので、安心して取り組んでください。

もうじき元の値段に戻すそうです。 今がチャンスです。  

 

この手のことは病院へ行けば治る、と思っているあなた。

考えが少々甘い。

 

多汗症専門医に言われた内容は…   相談に行った結果こんなことを言われてます。

専門医です。多汗症の。

 

「手術で部分的に汗をおさえることは可能です。 ですが、違う場所の汗が増えますがよろしいですか?」

 医者にもクスリにも世話にならないで治せるチャンスです!  

 

 


ガンという病気の予防

少し前の話で、樹木希林さんが、

「私は全身ガンだらけ・・・」という発表していましたね。

 

 

それを受けて、ガンについてまとめてみました。

かなり長い文面です。時間がある時に読んでください。  

 

最近はガンによる死亡率が高くなっているといます。

高齢化が死亡率増加の要因とも報告されていますが、

ガンに罹る人は確実に増えています。

 

ただ最近はガン=死亡、というのは減少してます。

発見が遅いと死亡に繋がりますが。

予防のためにもガン検診は、一定の歳を過ぎたら(35才以上) 毎年ガン検診を受けておいた方がいいでしょう。

 

検査代金は健康保険を効かせても「○万円」の桁です。

しかし、命を守るためです。その費用はしっかり作りましょう。

 

■さて予防ですが

 

活性酸素や過酸化脂質がその要因とも言われています。

活性酸素は、人間が生きていれば空気を吸う以上は避けられません。

 

過酸化脂質は、はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって 酸化されたものの総称です。

 

■活性酸素は、

 

抗酸化物質で予防できます。

濃いめのお茶(カテキン)などがその一つです。

SOD様活性もそのひとつです。  

 

私もガンになってからは濃いめのお茶ばかりを飲んでいます。

その他に、ファーマネックスの最強のサプリメントとフォーデイズの すごい効き目のサプリメント。

これらを愛用してきました。  

 

そして、過酸化脂質。

これは何をやっても自分のこの身体は増える一方ですが、 それを無理やり抑えるために、高いけどファーマネックスの 専用のサプリメントで抑えています(コレスティンという製品)。

 

他でも出してますが、高い効き目を考えてファーマネックスにしました。

(高い効き目 = 吸収率 と捉えてください)

 

■過酸化脂質

 

コレステロールとか中性脂肪は、EPA・DHAがその予防をしてくれますが、 EPA・DHAというのは魚を食することで予防が出来るようですが、そんな毎日は 中々摂れるものではないですね。

 

医者がくれる薬も摂っていますが、半分まじめに、半分いい加減に(笑)。

早い話が、医者の薬に頼りきると、身体がボロボロになっていくので、自然治癒力を上げるために、サプリメント処方を中心にやっています。

 

 

医者の薬を摂ってないワケではありません。

半分摂ってます。半分は捨てます。 これは正直な話です。

クスリ全てが悪い、というわけではありません。

化学薬品が身体に入ることが 不自然というだけの話しです。

 

クスリとサプリの両方で治療を進めるのが最善 だと思います。

改善、あるいは治った、と医者から言ってもらえたらOKですね。

 

血液検査は定期的にやっておくことをお勧めします。

血液検査で色々なことが 判断できます。栄養の過不足やらETC。。。

 

##############################

 

活性酸素は抗酸化物質で、という話しをしましたが、 抗酸化物質とは何か

それはビタミンです。

 

ビタミンC,Eなどがそれにあたります。

 

他にも抗酸化物質の 成分はありますが、聞きなれない成分なので、とりあえずここでは省略します。

 

そのビタミンの摂取の仕方にまた問題があります。

摂取の仕方は 空きっ腹に摂取しない。 これだけです。

 

できたら酵素を含んだものを 先に食して、その後に摂取するのが理想です。

 

◆ガンに効く自然界に存在する成分

 

(a)カテキン

(b)霊芝

(c)プロポリス

(d)アラビノガラクタン(セイヨウカラマツ)

(e)高麗人参

(f)カロチノイド

 

となっています。

 

この他に人間には元々備わっているはずの核酸もその一つですが この核酸はがん細胞を抑える役割を持っています。

 

(a)のカテキン

これは皆さんご存知の名前です。

 

 

・濃い目のお茶には少し多めに含まれています。私は濃い目のお茶ばかりを 愛飲しています。 効果は、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、 抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異、抗癌、抗菌、抗う蝕、抗アレルギー作用 などがあります。ただ、海外で肝臓障害が報告されたこともあるので、摂取には 摂り過ぎに注意が必要ですね。

 

(b)霊芝

 

・これについては様々な問題報告もあって、はっきりガンに効果あり、とは言えないが 実験動物での有用性は確認されています。 霊芝は日本では「サルノコシカケ科マンネンタケ」と呼ばれてるようです。 ガンを霊芝が破壊するのではなく、人間が元々持っている機能を高めて、キラー細胞の力で ガンを破壊する、という働きになります。

 

(c)プロポリス

 

・滅多に聞くことのない言葉ですよね。 これは、ミツバチが野外から採取した植物の樹脂などを練り合わせ、営巣空間の内面を 内張りしたり隙間を埋めるのに使う物質です。主にセイヨウミツバチしか集めないようです。 しかし、このセイヨウミツバチの問題はあらゆる方面で問題が続出してますね。 プロポリスは健康食品として欧米などでは古くから強壮剤として使われてきたシロモノですが。

 

(d)アラビノガラクタン(セイヨウカラマツ)

 

・聞くことのない成分ですねー。アラビノースとガラクトースが結合した、多糖類の良質な 水溶性食物繊維です。セイヨウカラマツに多く含まれているそうですが、日本産のカラマツにも 含まれています。しかしいずれにしてもサプリメントからでないと一般的には摂取は不可能な シロモノです。

 

(e)高麗人参

 

・オタネニンジンが正式名称で、チョウセンニンジン(朝鮮人参)、コウライニンジン(高麗人参)、 単に人参(人蔘)とか別名で呼ばれることのあるシロモノです。

 

(f)カロチノイド

 

・天然に存在する色素のことを言います。β-カロチンとかリコピンとかお馴染みのものなどに含まれる 色素のことですね。

 

ガンに効く? そう言われてもこんな成分普通の野菜からは摂れないんじゃないの? という不満が出そうです。

 

ガンになってしまうと、食事中心ではなんにしても治りません。と思います。 どこをどう調べても答えが出てきません。

食事ではなく、一番最初に「心の問題」が解決の糸口になるかもしれませんね。

最後に、核酸はガンの抑制になる、と書きましたので その商品を紹介してこの記事を終わらせます。

 

その商品とは、こちら

フォーデイズの核酸ドリンクです。

 

 


「癌(ガン)」予防のための栄養素とサプリメント

 癌(ガン)予防になる栄養素とは

 

まず、抗酸化力の強いものが前提となりますが、 それを一言で言ってしまうとビタミンCです。 しかし、これだけで予防できる訳ではありません。 難しい理屈はそれを専門とするサイトにお任せするとして、ここでは シンプルに説明をさせていただきます。 がん予防になる栄養素を列記します。

 

(1)ビタミンA、カロテン各種(α、β、γ,クリプトキサン)

(2)ビタミンC

(3)ビタミンE

(4)ファイトケミカル

(5)食物繊維

 

とありますが、野菜で言うとキャベツがダントツで抗酸化力が強いようです。

医者もビックリした、というほど驚きの結果がでています。

抗酸化力が強いということは老化対策にもなるということですので、 できるだけしっかり取ることをお薦めしますが、熱を加えると 栄養素が飛びますので、加熱しない調理をお薦めします。

 

加熱しても低温度か短時間で留めておきましょう。

ブロッコリーやアスパラガスも同じように効果の高い野菜として知られています。

ガン予防になる食材

日頃、取りやすい食材を選んでみました。

(1)にんにく

(2)キャベツ

(3)トマト

(4)レモン

(5)玉ねぎ

 

他に「抗酸化」ということでビタミンCを考えた場合、

(6)煎茶

(7)焼き海苔

 

なども加えたいですね。

サプリメント

サプリメントというのは、摂り方を間違えると単にオシッコになるだけの働きしかしてくれません。

確実に消化吸収して血となり肉となってもらわないと役立たずです。

栄養素でビタミンが絡むものは、空きっ腹に入れると消化吸収されることなくストレートに通過してしまいます。

 

ビタミンCは熱と水に弱い栄養素です。

これが含まれる食材は手を加えるほどに肝心のビタミンCが減っていきます。

なので、できるだけ生食材で食べられる調理を心掛けてください。

 

ビタミンCは「ビタミンE」と一緒にとりましょう。

ビタミンC+ビタミンE ⇒ ドロドロ血を解消します。

ガンを予防します。

 

さて、サプリメントですが、少々高価でも高い働きを持ったものを拾い出しました。

私も愛用したサプリメントです。

NU SKIN ニュースキン ティグリーン

NU SKIN ニュースキン ティグリーン
価格:2,473円(税込、送料別)

このサプリメントは、1カプセル中に160mgのカテキンが含まれている抗菌・抗毒作用の強い製品です。

1ボトルで30カプセルが入っています。

他に、ファーマネックス社の「ジースリー(g3)ジュース」というのがありますが、これは抗酸化力が桁外れに強く、胃弱な人が飲むと下痢を起こす可能性があります。

しかし、発がん率を通常の1/3に抑えられるという結果レポートを関西の大学が発表しています。

がん治療に効果のある核酸成分とは?

核酸というのは、人間の体内で生成されるもので外から摂取するものではありません。

しかし、歳とともに減少していくのは避けて通れない事実です。

 

核酸というのは、遺伝子に異常が見つかったらそれを修復する働きをします。

本来、人間の体内に存在するものなのですが、確かな原因は分かりませんが、 それが減りだしているのが現実です。

 

この「核酸」という言葉は一度や二度は聞いたことがあるかと思いますが、 そんな簡単に体内に消化吸収してくれません。

 

それを吸収しやすく、水溶性で作られたのが フォーデイズの「核酸ドリンク」です。

治る、治らないという表現はここでは避けさせていただきます。

 

完治した人もいれば、しなかった人もいます。

ここらは環境も条件も違います。

またクスリでもないので、確実に治るモノとも違います。

効果が高い、という製品です。

 

藁をもすがる人には、お薦めしたい製品です。

私は、胃がん、大腸がんと続いたカラダですが、色々試した結果として この核酸ドリンクを飲みだした後に、がん細胞が消えました。

 

これは私がそういう条件を整えていたからだとも言えます。

サプリメントは各自の責任にてお飲みください。

 

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~



読者登録

村上@アイフォテックさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について