閉じる


試し読みできます

気づき

 

「 さっきねぇ、"乳田"が電話よこしてさ・・」

「 何か言ってたけ?」

「 うん、それがね・・」

「 どした?」

「 あのね、"乳田"が言うにはね、突然後ろからど突かれたって事なんだけど・・」

" ズコッ!"

ちょうどリビングに座るかどうか、それはまさしく、

( なんでそうなるのっ!)

優しくツンツンして囁いたつもりの事が、そんな風に"葵"に伝わったと知れば、

「 それで? 感じが悪いとでも言ってたかい?」

「 そこまでは言って無かったけど、いきなりでびっくりしたみたい・・」

「 そうかぁ・・」

「 "リー(小鳥)"ちゃんも悪気があった訳じゃ無いと思うってフォローしといたけど・・」

悪気も何も、優しくツンツンしただけだった。
 
しかし、よくよく考えてみれば、思い当たる事は他にもある。

"葵"とひとつの布団で眠る事が常にもなれば、それはいわゆる男と女、凸が凹に納まろうとするのは必然で、とにかく"小鳥"は少ない経験を駆使して必死に夜の"葵"を這いずり回る訳だが、

「 いっ、いい・・ いたたた、ねぇ、イタイってば・・」

"葵"は時々こんな声を上げる事がある。

となると、やはり"小鳥"の力は自分が思っているよりも相手には強く伝わってしまう事になる。

( 気を付けなくちゃな・・)

"葵"との暮らしの出来事が手伝って、"小鳥"はもっと優しく、そしてもっと丁寧になろうと前向きに転じていた。
 
 

試し読みできます

人間交差点

 

そんな出来事からしばらくすると、

「 "ワカメ"ちゃん、ラストまでボーイ二人体制はウチもえらいから、開店準備はこのまま続けて貰って、お客さんの様子でアガリって事でお願いしたいんだけど・・」

"ママ"から告げられたのは"レンジ"が復帰する事。昼間の仕事に余裕が出来たらしい。

出勤が減らされるよりはマシな"小鳥"は、その条件を快く受けた。

"レンジ"は、調理や洗い物で袖をまくるのが面倒なのか、それとも汚れが付着する事を気にしてか、厨房ではシャツを脱いでタンクトップ姿になる。

「 あのお客さんは若い頃ヤバかったから気を付けろし・・」

「 俺っちもこう見えて昔は・・」

右肩には龍のタトゥーが刻まれていて、それを見せ付けているかは定かではないが、語る内容はその気を強く思わせる。

「 マジっすかぁ~」

「 それはヤバイっすねぇ~」

「 へぇ~」

それに対して"小鳥"は、低姿勢に合わせるのだが、そんな状態が余りにも続き過ぎるとさすがに疲れを覚える。

" カランコロン・・ "

店の扉にぶら下るベルが鳴り、"小鳥"は逃げる様に厨房を出た。

「 いらっしゃいませ~」

男が二人入って来る。

一人は銀色の袴姿で右手に扇子を持ち、その後ろから続いたもう一人はパンチパーマで、どちらも人相は極めて悪い。

おしぼりをテーブルにセットし、お通しを用意する為に厨房へと戻る。

すると、

「 あ、あれ・・ "ウズラ"さんだよ・・」

緊張した感じの"レンジ"の口から聞こえた意外な名前。

( アレが噂の・・)

"小鳥"の好奇心は急激に高まる事になった。
 
 

試し読みできます

奥付


 
  著者 : k.kaminari
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/gethope/profile

 
k.kの小説はコチラから ↓ ↓ ↓
人生とは  1巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/59409/read
人生とは   2巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/61178/read
人生とは   3巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/62939/read
人生とは   4巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/65155/read
人生とは   5巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/69837/read
人生とは   6巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/89048/read
人生とは   7巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/89857/read
人生とは   8巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/90325/read
人生とは   9巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/90887/read
人生とは  10巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/91632/read
人生とは  11巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/92426/read
人生とは  12巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/92972/read
人生とは  13巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/93002/read
人生とは  14巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/98096/read
人生とは  15巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100291/read
人生とは  16巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100351/read
人生とは  17巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100381/read
人生とは  18巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100486/read
人生とは  19巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100543/read
人生とは  20巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100846/read
人生とは  21巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113873/read
人生とは  22巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113916/read
人生とは  23巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114010/read
人生とは  24巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114116/read
人生とは  25巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114440/read
人生とは  26巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114593/read
人生とは  27巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114768/read
人生とは  28巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/115021/read
人生とは  29巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/115115/read
人生とは  30巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/121727/read
 
人生とは   1章 ⇔ http://p.booklog.jp/book/112348/read
人生とは   2章 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113331/read
人生とは   3章 ⇔ 
 
 
k.kの詩作品はコチラから ↓ ↓ ↓
歩道         ⇔ http://p.booklog.jp/book/100563/read
コンシステンシー  ⇔ http://p.booklog.jp/book/100598/read
孤独のしるべ      ⇔ http://p.booklog.jp/book/100766/read
イーストヘッド      ⇔ http://p.booklog.jp/book/110530/read
voice              ⇔ http://p.booklog.jp/book/110668/read
カミナリ興し       ⇔ http://p.booklog.jp/book/112008/read
 
 

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/59409

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/59409



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格10円(税込)
人生とは 18巻 』 を購入した方は 50円(税込)

読者登録

k.kさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について