閉じる


<<最初から読む

1 / 5ページ

試し読みできます

もくじ

メガ股関節ゆるめ

 

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

●「メガ股関節ゆるめ」のワンポイント

 

●股関節ゆるめの方法


試し読みできます

のうがき

メガ股関節ゆるめ

 

 

【のうがき】

 

●これまで健康法を追求してきて、身体が疲れて血流が悪くなると必ず股関節の血流も悪くなっている。

逆に股関節の血流を促せば全身の血流も良くなることが判っていた。

つまり股関節の血流を改善すれば多くの症状が改善していく。

 

また、人類で最大の股関節は敏感に身体の血流の良し悪しに反応するのである。

ストレスだって股関節は敏感に感じ取り、血流が悪化する。それが自律神経不調と共に腰に、胃腸に、…と悪影響を与える。

 

股関節血流が悪くなったと言って、腰痛や股関節痛を感じる人もいるが、特に股関節周辺に違和感を覚えない人も多い。だが、人は確実に股関節の血流悪化を進めて年を重ねている。

椅子に座っていて立ち上がろうとするとお尻が椅子から離れにくい。

股関節で血流が止められていて脚への血流が悪くなっていて、脚に力が入りにくいので立ち上がるのに、一呼吸あるいは一踏ん張り必要になる。

 

股関節の血流が悪くなると他にもイッパイ症状が出てくる。

脚力減退もそうだが、膝が悪くなるのも股関節の血流悪化が大きな原因である。

 

腰痛はやはり股関節で血流が止められているので、腰の血流が悪くなり痛みが出てくるのが大半だ。

脊椎管狭窄症や椎間板ヘルニアが生じるのもやはり血流が悪いからである。

そんなのもテニスボール等で股関節ゆるめをやれば殆どが良くなってしまう。

長年股関節で血流が止められていて腰部の血流が悪いままの状態が続いていたんだ。だから腰がいつもおもわしくなかったはず。

血流改善しないで放置するから、そんな病になってしまうのである。

 

首こり肩こりだって股関節の血流が大きく左右している。

股関節の血流悪化を改善すれば、大半が良くなってしまう。

ムチ打ち症だって良くなってしまう。

なかなか良くならないムチ打ち症は、やはり血流が悪いから治りきらないのである。

股関節で劇的即効で良くなってしまうのも珍しくない。

 

また、高齢化社会を迎えている日本政府は認知症患者が激増することに戦々恐々としている。

運動が大事、頭を使うことも大事であると、歩きながら頭を使う計算をして…、なんて方法で脳に血流を促すことを推奨している。

それも良い方法だが、股関節で血流が止められていたら全身の血流は勿論のこと、脳への血流は常に悪い状態である。

脳への血流が良くないと脳は委縮して小さくなっていき認知症が現れてくる。

 

積極的に脳の血流を促す、全身の血流を促してやることが大切なのである。

「股関節ゆるめ」をして全身の血流を促せば全身の力が出やすくなる。

不思議だね、血流を促せば筋肉は良く働きパワフルになる。(マッサージで血流を良くしてもパワーは出ないと思うが)

全身の血流改善で全身にパワーが出ると、脳への血流も改善されると想像できるが。

 

「股関節ゆるめ」するだけで脳の血流が改善しているの?を知るためには。

頭部の血流改善がある程度の目安になるはず。

股関節ゆるめをすれば、目がスッキリする。それに鼻の奥に鼻汁がスッと流れ込むなどの感覚がある。

他にも歯茎の痛いのが消えたりもする。

これらは頭部の血流が良くなり、身体を健全な状態に移行させてくれているのである。

 

全身の血流改善から脳の血流改善に働きかける、股関節血流が脳血流に直接働きかける、このダブル効果が脳の健全性を強く導いてくれると考えている。

 

認知症の人に股関節ゆるめをしてあげると、脳が快活になり、身体も快適になり、とても喜んでくれる。

笑顔が戻ってくるのである。

 

パーキンソンの人は、身体が力強くなり脳も快活になり、身体と脳にダブル効果が存分に出ている。

男性のパーキンソンの患者さんは二週間ほどで(自分でも股関節ゆるめを実践)、会話が全く普通に出来るようになってしまった。

無表情の怖い顔だと言われていたが、明るい笑顔で表情豊かになり、皆から変わったね、と言われるようにもなった。

この言葉は患者さんの大きな自信にもつながっている。

 

他にも、いろんな症状の患者さんへの効果があるが、詳細はブログに書いているので興味ある方は参考にして下さい。

http://sokukenhou.com/myBloggie/

 

●更に進化した「メガ股関節ゆるめ」

これまで多くの方々に「股関節ゆるめ」を指導してきたが、まだ私の中では不完全であった。

不完全だから「トリプルアタック」も考えだしていた。

「トリプルアタック」は症状を治してくれたり、身体を軟らかくしたり(最強の柔軟度を実現)、パワーを強く導き出してくれスポーツ選手には面白い。

この方法はこれで良いのだが、私はまだ満足しなかった。

 

あくまでも「股関節ゆるめ」のやり方を改善したら、もっと高い効果が出るはずだと考えるようになった。

テレビで紹介されるそんな類の方法を観ても、ユーチューブに投稿されているそんな類の動画を観ても、

ある一定の技術レベルで止まっていた。

 

考えて試行錯誤しながら自分の身体で実験していく。

ハードなトレーニングをすると、股関節のある部位に老廃物が溜まる。

トレーニング前には老廃物を完ぺき?に取り去ったのだが、ハードなトレーニングをやると直ぐに老廃物がそこに溜まるのである。

他の人にも試してみて…、そんなことをやりながら効果の高い「メガ股関節ゆるめ」が練られていった。

 

●「メガ股関節ゆるめ」は、股関節のあるワンポイント部位をボール等で刺激すると、とても暖まり血流が良くなる部位が判った。

基本的には

☆椅子に座る方法

☆寝てやる方法

 

椅子に座る方法は車に乗っていても出来るので、時間を有効に使える。

寝てやる方法は、就寝時にも出来るので、これも時間を有効に使える。

ワンポイントだけだから、とてもイージーに取り組める。

 

デイサービスのお年寄りの方達にもやってもらった。

86歳の世古の婆ちゃんは座って2~3分で太ももが暖かくなってきた。5分間座ってもらったが、脚や身体がとても軽くなっていた。腰ももちろんラクであった。

脳梗塞の後遺症があるK氏81歳は、3分間実践してもらったが、位置が悪かったようで効かなかった。

ちょっと位置を変えて3分すると、効果があり、スタスタと歩きやすくなった。

 

これらの方法は自分で出来る方法であり、意欲があればいつでも自分で実践していける。

通常の股関節ゆるめをして股関節全体の血流を促せば更に効果的なのは当然だが。

 

「メガ股関節ゆるめ」は、最初からやり過ぎると痛めてしまう可能性があるので徐々に慣らしていくことが大切なのは言うまでもない。

私も帰路、車で一時間近くやっていた。

やり過ぎると腰が痛くなるので、途中で休憩を入れながらの実践である。

家に帰ってお風呂に入ろうとパンツを脱ぐとお尻が暖かいを通り越し熱いのである。これには私も驚いた。

 

お尻が熱いと、太ももやお腹も暖かい、健全な胃腸の働きもしてくれる。お尻の暖かさは心身の健康及び元気にはとても大切なのである。

冷たいお尻をしていたら、心身共にイッパイ症状が出てきてもおかしくない。

 

●寝てやる方法も、身体がとても暖まる。

寝ているときにお尻が冷たいのも身体が冷えている証拠。

炬燵や電気毛布は外から暖めるので、健康にはどうかな?

それよりも身体の中から血流で暖めるのが本来の姿。

お尻が暖まれば自然と足先まで暖かくなる。

だから眠りやすい、熟睡出来るのも大きな利点だ。

 

●普段から血流の良い身体にしておくことが大切

仕事にしても、遊びにしても元気が無ければ駄目である。

血流が悪いと顔色も冴えないし覇気がなくなる。

椅子にちょっと腰かけた時にでも、実践すると暖まるので元気が出る。

 

●「メガ股関節ゆるめ」は柔軟性はあまり得られないのでは?と考えていたが、そうでもないようだ。

トリプルアタックの全身の柔軟性には及ばないかもしれないが、股関節そのものが軟らかくなる。

股関節の血流が良くなるので脚が軽くなる、股関節自体が軟らかくなるのである。

陸上の短距離走選手をはじめスピードを競う競技には凄い威力を発する。とにかく脚が直ぐに軽くなってしまうからね。

蹴りもやりやすくなり、脚を自由に操れるようにもなる。そして蹴りのパワーもアップする。

脚への血流が良い状態になるからパワーも出るのである。(病身の身体でもやれば歩行がラクになるのだから、パワーは確実に出ている)

サッカーや空手選手などにも喜ばれる。2~3分もやれば、もう脚が軽い、パワーが出る、股関節が柔らかく変わってしまうから面白い。

拳法道場の大人から子供たちにやってもらった、直ぐに開脚が良くなり、蹴りが強く蹴りやすくなっていた。

スポーツ選手にとっては勝つために、記録を出すためにも不可欠な要素である。

 

●腸の働きを強める作用が大きい方法

この方法は多くの効果があるはず。

私が気にいっているのは、腸の働きが強まることである。

腸は健康の要である。

出ないで不要なモノを貯めていたのでは肝臓など内臓に負担をかけてしまう。

だから疲れやすくもなる。

身体に様々な形で不要なモノが現れてくるのである。

 

お腹の調子がおかしいと思ったときに、この方法やるとを腸が良い状態に変わっていってくれる。

寝てやっても良いし、座ってやっても良い。

お腹が張る時にも、便が出そうで出ないとき、下痢をしそうな時にも良い。

出るものはしっかり出してくれる。

出ないで、そのまま快適なお腹になることもある。

 

薬に頼ってお腹を調整すれば腸内の細菌を死滅させてしまうこともあるようだ。

そうでなく、人間が本来備えている免疫力を高める。血流を良くする、暖める、そして副交感神経を高めて免疫力を高めてお腹の調子を整える方法なのである。

 

お腹が強くなれば、日本人に増え続けている大腸癌の心配も激減する。

大腸癌の多い前兆症状としては、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が残る感じ、便が細い、お腹が張る、腹痛などがある。

下痢、便秘、便が残る感じ、便が細い、お腹が張る、腹痛なんてのは誰もが体調不良の時には経験する症状だ。

それは大腸の働きが弱っているから、そのような症状が現れる、そんな時は血流が悪いから症状が出ていると考えなければいけない。

薬でごまかすしか方法が無い人はどうかな?

 

前兆症状が出ているんだから、それを治しておくことが大切なのである。身体はちゃんと黄色信号を出しているのである。大腸が弱っていますよ、免疫力も弱っていますよ、メンテナンスが必要ですよ、血流を促してください、と教えてくれている。

大したもんだよ人間の体は。

そんな状況を放置するから癌が蝕んでくるんだ。

 

何度も書くことになるが、大腸が弱っているときは大腸だけが血流が悪くなっているのではなく、全身の血流が悪くなっていると考えなければならない。それが股関節にも表れている。

 

血流アップをして大腸の働きを正常に戻してあげるのが大切なのである。

「メガ股関節ゆるめ」は、大腸の働きを整える能力は凄く高いんだよ。

 

大腸癌以外の癌も冷えの病である。

血流が悪くなり、冷えて免疫力が衰えるから癌になるのである。

そう考えると血流、暖めることはとても大切だ。

 

●冷え性解消

冷えは万病の元と言われている。

そんな冷える身体も、暖かくなる。

まずはお尻や足、腰、そして身体全体に暖まってくる。

やれば即効で暖まる。肩のコリが取れてしまうことも珍しくない。

ただ座るだけ或はただ寝るだけで。

 

足にも老廃物が溜まって冷えやすいのだが、足の老廃物は血流が悪いから溜まるのである。

血流の悪い大きな原因は最大の関節である股関節の血流が悪いために、そこで止められて流れにくくなってしまっている。

股関節を改善することで、足も暖まりやすくなる。

もちろんこれも股関節全体をゆるめることで効果は倍増する。

 

●効果が高いトリプルアタックが出来ない状況ってあるよね。そんな時でも「メガ股関節ゆるめ」はカンタンに取り組める。

 

●この書籍で紹介するワンポイントは股関節の中でも最初に老廃物が溜まりやすい部位だと感じている。

 

●肉体の疲れも精神的な疲れも股関節に老廃物を貯めてしまっている。このワンポイントにも貯めている。だから血流が止められ、足脚が冷える、身体が冷えるんだ。

 

●この方法、長く暖かくしておける状態を維持できるから、心身の疲れを早く取り去ることが出来る。

温泉療養で、暖めて心身をリフレッシュするのは誰もが知っているが、「メガ股関節ゆるめ」はいつでも手軽にそんな状況を作り出せ心身を甦らせることが出来る。 

 精神的に落ち込んだり、鬱状態になったときにも実践してもらいたい療法である。

もちろん肉体的疲れも暖めることで早く取り去れる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について